オメガバースの寵愛レシピ

omegaverse no chouai recipe

オメガバースの寵愛レシピ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
26
評価数
8
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
義月粧子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
Ciel 
媒体
小説
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
カクテルキス文庫
発売日
電子発売日
価格
¥755(税抜)  
ISBN
9784866693187

あらすじ

発情期じゃなくても充分エロいね
「オレのが欲しいんだろ?」発情期が始まるころ味覚が絶好調になって、繊細な料理を生み出すことができるオメガの柊哉は、人気のトラットリア『ヴェーネレ』のシェフ。完璧に仕事をこなしていると、突然オーナーの孫・アルファの槇嶋が経営の勉強のためと仕事を手伝うことに!? カッコ良さに衝撃を受けるも、媚びたくないと強がる柊哉の心の壁を、槇嶋はやすやすと崩し、貪るように唇を重ね、押し倒してきて……。
イケメンアルファ御曹司×几帳面オメガシェフの溺愛ラブ

表題作オメガバースの寵愛レシピ

槇嶋凌,25歳,オーナーの孫でα
神野柊哉,28歳,人気のトラットリアシェフでΩ

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数2

溺愛では無いのですよ・・・。

タイトルに「寵愛」が入ってて、あらすじには「溺愛ラブ♡」とありますが、決して甘々ってお話では無いんですよね。
ご注意下さい。

いや、義月先生の書かれる攻めですが、何故か受けにだけやたら冷たかったり意地悪だったりと、たいがい酷い男でして。
対して受けは、プライドの高い美人。
わりと意地を張っちゃったりと不器用で甘え下手でもある為、相性としては最悪なんですよね。
なんか、ずーっとずーっと延々にってくらい、主役二人がスレ違ってるみたいな。
今回も、基本そのパターンでして。

えーと、オーナーの孫であるイケメンアルファの御曹司・槇嶋が、シェフでオメガである主人公・柊哉の働く店で、経営の勉強の為にと働く事になる。
人当たりも良く爽やか好青年である槇嶋ですけど、何故か柊哉に対してだけ、傲慢な素顔を見せるんですよね。
で、そんな槇嶋に対して反感を抱きつつも、同時に惹かれてしまう柊哉。
彼がヒートを起こした事をキッカケに、二人は身体の関係を持つようになりー・・・と言った感じになるんですけど。

これ、槇嶋ですけど、いつもの攻めと比べれば、だいぶ手ぬるい感じではあるのです。
最初こそ結構意地悪ですが、ストーリーが進むに連れ、その意地悪さは鳴りを潜めて行く。

えーと、主人公である柊哉がですね、すごく生真面目で努力家なんですよね。
ただ、上手く立ち回ったりと言う器用さを持ち合わせてない為、周囲から誤解されやすのです。
槇嶋ですが、そんな柊哉の本当の姿を、素直に認めてあげる。
また、甘く優しい言葉でロマンチックにベッドへと誘いと、二人はまるで恋人同士のような時間を過ごす。

しつこいけど、いつもの攻めと比べれば、だいぶ甘ったるい男なんですよ。
まぁ、周囲の反感を買って孤立する柊哉を特にフォローするわけでも無くと、やっぱり冷たいな!と感じる部分はあるんですけど。
しかもこれ、自分が原因の一端でもあるので、より酷くね?とは思うんですけど。

が、ここからが、義月作品最大の萌え処。
受けがたいがい辛い目にあっててと、読者を散々ヤキモキさせたあと、山場で一発逆転が来るんですよね。
や、義月先生の攻めですが、愛情表現が屈折してるだけで、実はかなりの執着系だったり束縛系だったりするんですよ。
今回も「こいつが何を考えてるか、イマイチ分からんな?」とか思いつつ読み進めると、オチで「きゃああああ!」と転がる事になる。
萌えと同時に、すごい爽快感なのです。
これが、義月作品の醍醐味なのです。

まぁそんな感じですので、全然理解出来ない姐さんもおられるとは思いますが、逆にこのパターンがクセになる方も多いんじゃないでしょうか。
かく言う私も、毎回攻めにギリギリしちゃうのに、終盤でのカタルシス欲しさに読んじゃうと言う。
皆さんも、ぜひハマってちょうだい!と。

繰り返しになりますが、攻めが結構冷たい部分があるんですよね。
あと、気になる所ですが、終盤がめっちゃ駆け足。
受けが巻き込まれたトラブルの解決とか、わりとサラッと書かれておしまい。
万人ウケはしない作品だと思うので、ご注意下さい。

最後になっちゃいましたが、イラスト超美しいです。
義月先生とCiel先生のタッグ、素晴らしいですよね。

11

受けのキャラ付けが好み

どん底から這い上がる努力家で、地味だけど稀有な才能の持ち主。
理性的で感情表現苦手目のクールビューティなのに、欲望には割と忠実…
って、なにそれ、絵に描いたような愛され受けだな、もちろん私も大好物。
に対して、攻めが空気。
最後の方で家柄をバックに受けのゴタゴタ解決したけど、それって攻め個人の力じゃなくない?家柄ひいてはお祖父ちゃんの権力じゃん。
むしろ、ご本人はあまり登場しなかったけど緒方シェフが気になって、気になって。
柊哉には緒方シェフとくっついて欲しかったくらい。
是非緒方シェフのスピンオフを!
最後に、これを言っちゃあなんだけど、オメガバースじゃなくても成立する気がします。調理学校も出てない野良の苦労人シェフ、ってだけでも充分柊哉の立場は設定可能だし、非オメガで苦労人なのにちょい淫乱とか、わりと萌えそう。

0

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う