運命の双 発情するカラダ

運命の双 発情するカラダ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
50%
著者
池田ソウコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大都社
レーベル
Daito Comics BLシリーズ
発売日
電子発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784864953870

あらすじ

25歳までに運命の人を見つけないと発情してしまう抗えない血の継承――高校教師の和泉は色艶で老若男女問わず誘われる日々にうんざり。そこに赴任してきた新米教師の椎名はテンプレ爽やかイケメンで良いヤツなうえに程よい距離感を保つ男で落ち着く。このまま良い友に、と思ってきたのに椎名の目の前で突然発情してしまい!?自ら腰を擦り付け「触ってほしい」と頼み…優男×艶男、『発情』によって一度壊れた二人の関係は!?

表題作運命の双 発情するカラダ

椎名,新任の高校教師
和泉,25歳,高校教師

その他の収録作品

  • 繋がれた運命

レビュー投稿数1

発情、といえば

池田ソウコ先生の作品を拝読したのがおっぱいシリーズが初めてだったので、今作はそれとはまた感じの変わったシリアスなお話しで、1話を描かれたのが3年ほど前だということもあり、また違う雰囲気を感じました。

発情するカラダ…、発情、といえばどうしても私の腐脳はオメガバースを思い浮かべがちなんですが、こちらの『運命の双』は主人公の和泉の25歳までに人を愛することができないと発情してしまう、という和泉家の家系・血にまつわる身体上の変化のことなんですね。

その身体に翻弄され戸惑う和泉ですが、同僚の椎名は親身に和泉の体質の事を考えてくれて…

この椎名が一見爽やかでいい人そうに見えて、和泉にかなりな執着を向けているので、ねっとり策士系執着攻めとしてはなかなかの逸材だと思います。

終始シリアスながら、かなりテンポよく和泉の身体のことなどが明らかになり、(和泉の父親の件はちょっと急すぎる気もしましたが)因習で縛りつけられて救いのないお話しではないのでドロドロとした重苦しさなどは感じませんでした。

0

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う