キライにならせてとなりのオオカミ

kirai ni narasete tonari no ookami

キライにならせてとなりのオオカミ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
48
評価数
16
平均
3.2 / 5
神率
12.5%
著者
汐にがり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
電子発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784832291522

あらすじ

「ばらさない代わりに、これから恋人ってことで」
◆不愛想な溺愛オオカミ×実は陰キャなこじらせ健気◆

本当は陰キャの大学生・響は、アキラと琉惺という
顔が良すぎて常に注目される友人がいる。
高校の時からがんばって取り繕いアキラへの恋心を募らせていたが、
彼から恋人ができたと聞かされる。
ショックで立ち去る響を追いかけたのは、寡黙な琉惺だった。
彼はアキラへの気持ちを秘密にする代わりに、
響に恋人になれと迫り──?
描き下ろしつき

表題作キライにならせてとなりのオオカミ

琉惺,大学生
響,大学生

その他の収録作品

  • その後の3人(描き下ろし)

レビュー投稿数2

キライにならせてなんて

憧れのアキラに近づきたくて、もっさり地味メガネだったのですが派手な髪色にして見た目を変え、背伸びして慣れない陽キャを高校生の時から演じている響。

アキラとその友達の琉惺とつるみながら大学生活を送る中、ある日決まった彼女を作らなかったアキラから本気の恋人ができたと報告をされショックを受け泣いてしまう響。
すると、ずっと響のことを好きだったという琉惺から恋人になってよと迫られ、びっくりして拒否ると「(俺は響を)好きにならせてみせるから、(響は俺を)嫌いにならせてみてよ」と言われて…。

努力が報われなかった時に見守ってくれる人がいたら…、がテーマだそうで、確かに心折れた時に寄り添ってくれる存在がいたらありがたいですよね…。さらに素の自分も知ってくれていたりして。

その琉惺がまたポーカーフェイスでそう見えないんですけど実はアツい溺愛執着系でエッチの時はがつがつに攻めるのに所々で響のことを甘やかす優しさをちらつかせてくるので、もう響は逃げられません(断言(笑))。
あんな風に想われたらキライになんてなれない。
というか、キライにならせてなんてくれない。
キスの時とかの琉惺の舌遣いがエロくてよかったです。

ただ、少し気になった点が…、あの3人の寝れるアイドルって呼び方もどうかと思うんですけど、断れない響はそれにのっちゃって女性とシてたのか…?はわからずじまい(キスはしてましたけど)で、乱パのような事をしちゃうようなアキラと琉惺もそれはどうなん?、とちょっとモヤってしまいました。

0

うーん。

表紙をみて絵が好みだなと思い購入しましたが少女漫画にありそうなストーリーとキャラ設定が好みではなかったです。

読んでいてアキラがなぜモテるのか理解できないし響がちょろいし無理して陽キャを演じている姿や分かりやすすぎる表情にイライラしてしまいました。
わかりやすすぎるのでアキラも響の好意に気づけよ!と思いました。でもアキラの恋人の性格や見た目をみると響とタイプが違ったので2人が付き合うことはないなと納得しました。

失恋や片思いやすれ違いが多くキャラたちも薄っぺらく、一冊まるごとイチャイチャラブラブな作品が好きな私には盛り上がりに欠けると感じました。

1

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う