新堂家の事情 グラビテーションN.G.

shindouke no jijou grabitation n g

新堂家の事情 グラビテーションN.G.
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
村上真紀 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックスSP
シリーズ
グラビテーション
発売日
電子発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784344835481

あらすじ

ゲイカップル由貴瑛里と新堂愁一は、ひょんなことから「息子」として、由貴のトラウマの原因・北沢有希の子供・リクを引き取ることに。中学生に成長したリクは、「母親が男」という事実に悩みを募らせていく…。さらに父親・由貴とは会話も出来ないギクシャクとした関係で…!? 人気サブキャラの子供達もリクの同級生として登場し、リクの悩みはさらに加速!!! 「グラビテーション」のネクストジェネレーションがついに語られる――!

レビュー投稿数1

書き下ろしは必読!

グラビテから久しぶりに読ませてもらいました。
りくとくん、大きくなって…っ(感無量

このテンションの高いラブコメ(コメディ要素の方が圧倒的)を読むのは、なかなかエネルギーがいりますね。
それでも、そんな中でチラチラ見えるラブ部分を摂取することに価値があると思います。このチラ見せ感がたまらないんですよね、グラビテからそうですけど。本質的な部分は揺らがない、だからこそ読者側が登場人物の絆に想いを馳せる方が楽しめるんだと思います。

本編はりくとくんの視点で学校や家庭のドタバタ話。グラビテらしいテンションで進んでいきます。学校の担任や、部活の先輩との日常は楽しそうでいいなー。
そうそう、幼馴染のマイク!!!Kの息子だなーと思うボディーガードっぷり、そしてKと女優である母親から受け継いだようなテンション、嫌いじゃない…。りくととマイク、それぞれお互いに大切だというのが、ちゃんとわかるんですよね、それを伝える事をきちんとしている男子高校生たち尊い。りくとが家庭環境で揶揄われるたびにマイクは味方だったんです。マイクがりくとの幼馴染で良かった…この2人の関係にもキュンとします。この先ラブになることはあるのかな…ならなくてもいいけど、なっても美味しい。

で、ここからですよ。
個人的に、グラビテファンには是非とも読んでいただきたい!!!!理由!!!!!!
りくとの両親!!!!いつまでも童顔でハイテンションアホな愁一や、由貴の化け物のように美しい御尊顔を見れるだけでも満足なんですけど!!!!!
何より!!!!書き下ろしですよ!!!!!りくとの両親、グラビテの由貴と愁一のイチャラブが見れます!!!グラビテ以上にイチャラブしてる(グラビテはそういう描写があまりないから当社比だけど)!!!!!
同人誌の方ではめちゃくちゃ濃いエロが堪能できるんですが、本編ではなかなかエロがない2人が、この数ページでイチャついてるんですよね!!エロではなくイチャつき!!!!!息子に見られたくない愁一と、息子に見られても平気な由貴…由貴ってば、愁一にスキンシップを拒まられることについて、理由である息子に相談するんかーい。愁一とイチャつきたい由貴が可愛い…。
そしてりくとと由貴の関係がたまらん…過去の確執のある人の息子を育ててきた由貴、りくとのことをとても大切に思ってるんだなって、それを素直に出せない不器用な由貴…わかるよ愛情表現ド下手だもんね知ってる…。
イチャつく両親に対して困ってるりくとに、由貴が「愛情のある家庭」の方がいいと言う…感慨深くて涙が出る…愁一が一生懸命に由貴に愛情を教えたことが、ここでちゃんと届いてたんだなってわかって、泣ける…。

この本は、グラビテを読んでから読んでいただきたい。グラビテ読まないとわかりにくいというのもある。
そしてそして、グラビテを読んだ方は、もう是非とも読んでほしい。書き下ろし最高!!!!

1

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う