龍神様と愛しのハニードロップ 発売記念ペーパー

ryujinsama to itoshi no honey drop

龍神様と愛しのハニードロップ 発売記念ペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

88

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
龍神様と愛しのハニードロップ(但フェア店購入時のみ)

商品説明

ノベルズ発売記念・フェア店限定配布書き下ろしペーパー
八千穂が新商品を考案するお話です。

レビュー投稿数1

蘇芳の好きな味とは

本品は『龍神様と愛しのハニードロップ』のフェア書店特典
ペーパーです。

本編後、八千穂が新商品を考案するお話です。

ある辰の日の夕方、
珍しく仕事を早く終えた蘇芳は
離れで人化した金魚たちと寛いでいました。

すると八千穂が大きな足音とてもにやって来て
クロと紅も目を丸くしますが
八千穂は謝るものの頬をゆるませたまま
すっと手にしたものを蘇芳たちに差し出します。

見て下さい。
うちの酒粕を練り込んだ酒粕雨です。
何度も試作を繰り返して、今日やっと完成したんです。

八千穂は声を上ずらせてパッケージを見せてきて・・・

B5版片面にて新商品の完成した八千穂のお話です。

乳白色の飴を1粒、蘇芳に渡します。
蘇芳は「たしかに蔵の酒の匂いがするな」と口にし、
紅とクロも飴を口に含むと八千穂も飴を袍張り、
キラキラな瞳で感想を求めます。

紅とクロは「甘くて美味しい」と言ってくれますが
蘇芳は「少し甘いな」と言いきって
ボリボリと噛み砕いてします。

そして八千穂が口の中で飴を転がすのを見て
「もう一度味見してやる」と八千穂の唇を塞ぐ

・・・というなんともラブラブなお話でした♡

しかも八千穂の口の中の飴を奪い去って
「さっきのより甘い」等と言いし放つのですよ。

どうやら蘇芳が感じたのは
かつて味わっていた八千穂の精気の甘さらしい
というのが何とも甘~いですから ヾ(≧▽≦)ノ

※他店舗特典(レビュー済)
アアマゾン特典は八千穂と金魚立との出会い、
コミコミ特典は周防のあるモノに絡めたお話です。

0