狼王子とパン屋の花嫁 コミコミ特典SS小冊子 狼王子と花嫁の湯浴み

ookamiouji to panya no hanayome

狼王子とパン屋の花嫁 コミコミ特典SS小冊子 狼王子と花嫁の湯浴み
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

31

レビュー数
2
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
狼王子とパン屋の花嫁(コミコミ購入時のみ)
ページ数
12ページ

あらすじ

ノベルズ発売記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全12頁(内小説7頁)
結婚式から3ケ月後、アレクセイが久しぶりにミハルを堪能するお話です。

表題作狼王子とパン屋の花嫁 コミコミ特典SS小冊子 狼王子と花嫁の湯浴み

アレクセイ,狼獣人の末裔で狼耳と尻尾を持つ王太子
ミハル,アレクセイの妃で双子の母

レビュー投稿数2

2人の結婚式にて

本品は『狼王子とパン屋の花嫁』のコミコミ特典小冊子です。

イヴァン視点での2人の挙式の日のお話と
ミハル視点での挙式から3ケ月後のお話になります。

イヴァン視点のお話をかいつまんで。

イヴァンは大工の父を持ち、
5人兄弟の長男なので大工の家業を継ぐべきでしたが、
学校で剣の腕を認められて軍に推薦されて入隊、
その後、王太子自身に気に入られて
直属の部下の内の1人として引き立てられます。

イヴァンは町では華々しい出世頭であり
彼自身も国と王家のために働けることを
毎日誇らしく思っていました。

そんな中、イヴァンはアレクセイから
ミハルの店にパンを取りに行く事を頼まれた時に
「ミハルが元気かも見てくてくれ」と頼まれのが
少し不思議でした。

イヴァンは頼まれた通り
ミハルのパンを受取がてら様子を窺います。
何だか少し寂しそうに見えたと伝えると
アレクセイは一瞬どこかが痛んだような表情をします。

戸惑うイヴァンでしたが、
アレクセイの側近であるコンラートになぜか
頭をコツントされ、ため息をつかれてしまいます。

その後もイヴァンは
ミハルの様子見を続けますが・・・

A5判カラー表紙(カバー同イラスト)2段組12頁にて
2人の挙式の様子とその後が描かれています♪

王太子とミハルの気持ちに気付いたのは
もっとずっと後になってからだったのです (ӦvӦ。)

清々しく晴れた春の日、
軍の正装を纏ったイヴァンは浮き立った気持ちで
2人のこれまでを思い、これからの幸せを願う

・・・という第三者視点の本編裏事情的な小話でした。

コンラートは聡すぎですけど
イヴァンはちょっと鈍いのかな♪っていうのも
面白かったです。

後半はミハル視点で挙式後のお話で
こちらはサブタイトル通り
2人のお風呂でラブラブするお話です。

アレクセイがミハルを好きすぎる♡
2人にはもっと家族が増えそうな感じでした。

※他店舗特典(レビュー済)
フェア店特典はミハルの母のお墓参りのお話です。

1

紳士過ぎる

二段組でとてもボリュームがあります。

前半はアレクセイの部下のイヴァン視点の挙式当日の感慨深い思いが書かれていました。

アレクセイの部下達がどんなに2人を祝福していたかが分かったのと、イヴァンがアレクセイのミハルへの想いに気が付いた経緯が語られていてとても新鮮でした。

そして後半はミハル視点の挙式から3ヶ月後のお話でした。おめでたい事にイヴァンの婚約が決まったとアレクセイがミハルに話してました。
そしてイヴァンのパン屋でのミハルと客についての報告によって、嫉妬したアレクセイがミハルへの想いに確信したとありました。
何気にキューピットでしたね。

それからアレクセイはやはり紳士でした。
する時はミハルにお伺いを立てて無理強いする事も無く、この時点で片手くらいしかしてなかったようです。  

獣人は性欲が強いからと、ミハルの為を思って我慢してたようです。


色んな作品の獣人の王族のお話はたくさん読みましたが、こんな紳士で礼儀正しい攻めは初めてでした。

そんなアレクセイに無理しないでと、ミハルが健気に誘ってました。

本編でもミハルはアレクセイに入れられた途端にイクくらい感度が良いです。

それからとても気になるのがアレクセイの腹部に生えている狼の毛です。www
ミハルのアレが擦れて、いつもかなり感じてます。

イラストには無いので毎回妄想してしまいます。www

2