BL界屈指のストーリーテラーが贈る、 後悔と欲望が入り交じるミステリアスオメガバース 待望のドラマCD化!

リバース【BLCD】

reverse

リバース
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神60
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
318
評価数
67
平均
4.8 / 5
神率
89.6%
著者
媒体
CD
作品演出・監督
土生貴博
音楽
佐藤信二
脚本
トモダヤマ
原画・イラスト
麻生ミツ晃
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
KillscudCherry
収録時間
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4589444440147

あらすじ

小説家の円と警察官の吐木は、同じ施設で育った【同志】で【番】。
円はフェロモン分泌が異常で番以外の人間もそのフェロモンを感知してしまう上、
番関係を結んだことで遺伝子変化が起こり、一般の抑制剤も効かなくなっている──
そう、振る舞っている。
何も知らない吐木は円を支える為と出世を蹴り続け、
所轄への異動初日に担当することになったのは、Ωを狙ったレイプ事件。
そんな中、円は発情期に入り強烈なフェロモンを発しながら吐木を求める。
──まるでΩのように……

ドラマCDは、吐木が担当になった『Ω連続レイプ事件』を軸に、
吐木を支えきれないと苦悩する円の姿や、円がΩを演じた理由などの回想が
入り交じりながら物語が進みます。

表題作 リバース

吐木幸村 → 小野友樹

化野円 → 興津和幸

その他キャラ
漣[八代拓]/ 鷺沼四朗[熊谷健太郎]

レビュー投稿数8

重厚、聴くの辛い、でも買ってよかった

興津さん目当てで原作読む前に予約しました。その後原作を読んだわけですが、初めてオメガバースを読みました。オメガバースはどうしても頭に入ってこなくて、他のオメガバースを読もうとは思いませんがこの作品は鳥肌立ちました。CDは、聴いてて辛くて、集中して聞かないと物語に入っていけなくて、聞き終わった後疲れてもう何もできなくなりましたが、本当に買ってよかったです。興津さんの演技に引っ張ってもらって最後まで聞けた気がします。こういう演技の興津さんを聴いたことなかったし、最初、円のイメージと違って、え?と思ったのですが、円の痛々しさがじくじくと伝わる興津さんの演技は必聴。せつなく激しい喘え声にもう円やめてくれ、って胸が苦しくなりました。本編がどシリアスなだけあってアニメイトの特典CDは恥ずかしくて聴いてられないほどでした・・。小野さんに関しては吐木くんへの理解が進んだと言いますか、こんなどストレートな演技を聴いたことないから新鮮でした。小野さんはもちろん何してもお上手ですが、これまで聞いたことある役やアニメの役を見てもどうしても色気が漏れている気がしていたんですが、ここまで抑えた爽やかで優しい演技に新しい一面を見た気がします。ほんと買ってよかった!

17

重厚なストーリーと圧巻の演技

原作が大好きでドラマCD化を切望していた一人ですが、キャスト発表された際には歓喜しました。視聴では、興津さんの新たなアプローチにますます発売を楽しみにしていました。

本編を拝聴し、想像を遥かに超えた演技に圧倒されました。淡々と話す円ですが、興津さんの感情の乗せ方が秀逸で、原作への理解もさらに進んだように思います。
特に香水を選ぶ円の様子と、興津さんも刺さったと仰っていた終盤の一言に魅せられました。吐木を思い続けた円の心情がその声色だけで分かる、とても好きな場面です。
小野さんも素晴らしかったです。このお二人の掛け合いは安心安定で全て委ねられますね。

シナリオに関しては、原作は過去と現在そして吐木と円の描写が入り交じり物語が進むので、どのように展開されるのか楽しみでした。
ドラマCDでは吐木と円の新たな人生が幕開けるところまで、その後の生活の一面は原作で補完されます。βの少女の心を救うというストーリーも好きでしたが、吐木と円の二人の物語という観点において、上手く調整されドラマCDとして完成されていました。

是非、特典CDも聴いていただきたいです。ひたすらに甘い内容で、本編で使い果たしたエネルギーを満たしてくれます。

キャスト陣に紡がれる一言一言に感動し、どっぷりとリバースの世界に浸ることができました。この作品に出会えたことに感謝しています。

13

繰り返し繰り返し聴いていたい。

コミック発売当初、繰り返し繰り返し読んだお話が、大好きな声優お二人に演じていただける幸福、即予約して、首をなが~くしてお待ちしていました。

主軸のお二人以外の熊谷さん(大好きです!)、八代さん、多くの声優陣が、丁寧に演じていらっしゃいます。ストーリーもコミックそのままだと混乱してしまうと思われることが、きちんと回避されていて、聴いているだけで情景が浮かびます。そして、感情が流れ込んできます。

こういう多くの方が丁寧に作り込んだ作品に出合うと、本当に感動し、聴くことしかできない側の私は感謝しかできなくなります。繰り返し繰り返し聴いても、そのたびに新たに発見があり、感動してしまいます。

聴いていて作品の中にどっぷりとはまれます。一緒に苦悩し、最後は本当に幸せになれますし、考えさせられる作品です。ぜひ、多くの方に聴いていただきたい!

特典、フリトはニマニマしますよ。あま~~~い、甘い!とろけます。オメガバーズ苦手な方にこそ、聴いてもらいたい!そんな素敵な作品です。本当に、興津さん、小野さん、八代さん、熊谷さん、ありがとうございます!!!みなさん、大好きだ~~!!!!!!(すいません、叫びたくなりました)

最後に、ジャケットの中に、主人公ふたりの幸せなイラスト、あ~~~幸せ。
これが見られる幸せにも感謝しちゃいますよ。



12

切ないけど大切な毎日を積み重ねる物語

原作をBLアワード2021をきっかけに読んで、ドツボにはまり何度も読み返し、ドラマCDがあと数日で発売される事をしって慌てて予約しました。
原作はシーン回想がぽんぽんと挿入されているので独特の読後感に浸れるのですが、ドラマCD用に再編集されているので原作を読んでいても初見のような気持ちで楽しめました。
興津さんは攻め役しか聴いたことがなくて、どんなお声だろうとワクワクしながら聴いたのですが、ただただ、ただただエロかったです…。
色気が溢れて耳を通して熱が出てきそうです。演じている円くんの静かな声が耳馴染みがとてもよくて、うっとりします。なのにえっちの時は…………お察しください!
吐木くん役の小野友樹さんは、本当に、安定しています。どんな役をされていてもハマるのはそれだけ小野さんご自身がそれぞれのキャラを深く理解されているからだと思います。その中でもちゃらちゃらしていない明るくて男らしさあふれる吐木くんの声はとても誠実で、心に響きました。

作中、二人の幼少期の出会いが描かれるのですが、お声は別の女性声優さんがあてられています。そのお二方のお芝居も、心に突き刺さりました。CDブックレットには明記されていなかったのですが、幼少の頃の二人のエピソードは原作の中でもとても好きなシーンなので初めて聴いた時じわりと目が潤みました…
しかし…吐木くんの「   」繰り返しは胸がぎゅううっと締め付けられます。

オメガバースの世界で大多数をしめるβを主軸とした物語です。
シリアスなお話ですが、登場人物はみんな優しく、素敵な人ばかりなので安心して聴けます。「あの人」でさえもその苦悩に人間らしさを感じて愛しいと思いました。

興津さんと小野さん、お二人の甘く柔らかなお声にはヒーリング効果あるかも…!大好きだと思う作品を、大好きな方々のお声で、お芝居で堪能することができ、本当に幸せな気持ちです。

他の方も言及されていますが、アニメイトさんの特典CDは終始糖度150%の甘さで大変満足できます。本編後の二人をより深めたい方は是非手に入れてください…!

10

神キャストが本気で神作品を演じた結果やっぱり神だった

オメガバースや重い設定が本来苦手だけどキャストのために購入。
そして結果、原作にもどハマりしてしまいました。真っ直ぐな感じの2枚目の攻め小野さんと儚げだけど心の中でずっと吐木を想っていた美人を興津さんが演じれば相性抜群に決まってます。2人の演技があったからこそ、この話はオメガバースでないと成立たないと思えたし、興津さんのヒート?演技も聞けなかったと思います。その結果、少しずつオメガバースへの抵抗感も薄れました。
特典ミニドラマも何回リピしてるかわからないくらい聞いています。長い月日がかかって2人がラブラブになれた様子を撮りおろしで聞けて良かったです。

7

原作を補完するセリフが胸を締め付ける

繊細過ぎるガラス細工そのものを体現する円を興津さんが、ひたすらに円を愛し支える幸村を小野さんが演じています
個人的にお二方とも攻めのイメージが強かったのですが納得の演技でした
「α、β、Ωで上中下、歪んでる」
その歪みゆえに事件が引き起こされたと思うと非常に切ないです

アニメイト特典の撮りおろしミニドラマはひたすらに甘すぎる内容でフリートークはお腹抱えて笑い転げました
今後プレミアがつくのではと思うくらい充実した内容です
ブックレットの描きおろしイラストで幸せな気持ちになりました

4

興津さん目当てで購入しました

興津さんの感情が無を感じさせる演技が素晴らしいなと思いました。
気持ちが無いように見せるのが上手というか。淡々と読み上げられるセリフに息をのみました。
でも裏で抱えている気持ちは大きくて、本当はすごく健気で…。その辺りの表現がとても繊細に演じ分けられていてすごかったです。

小野さんは声から好きな気持ちが伝わってきて流石だなと思いました。
かっこよかったです。

原作未読で興津さん目当てで購入したのですがストーリーがすごくよかったのでCD聴き終わってすぐに原作を購入しました。
未読でもドハマリできました。

キャストトークはすごく面白くて…本編とのギャップが最高でした。興津さんのマイペースな雰囲気が好きです。

八代くんも好きなので真犯人か?!と疑ってしまいました。
脇役の方々の演技までとても良いCDでした。

0

原作読んでから聴くことをおススメ

原作既読です。
こちらのCDの評価がとても高かったので購入してみました。
CDを購入の際に原作も併せて購入しました。この作品は割と事件の真相に迫る部分と、吐木と円の関係にフォーカスした部分と色々時代も昔の2人と現代の2人だったり少々複雑なので、多分音声だけだと何が何だか分かりにくいと思います。

吐木を演じる小野さんと、円を演じる興津さん。お二人は他作品でも共演があるせいか、息ぴったり。円は興津さんのこれまで演じられたキャラの中でもかなり気持ちを表に出さない役なので大変そうですが、その辺はもう何が来ても大丈夫という安心感で、本当さすがです。

吐木も色々思うところはあるだろうけど、円のこと最優先で動くかっこいいところが素敵でした。過去には色々あったけれど、お互い支えあってきた関係性に萌えます。

事件の件で吐木とバディを組む漣役の八代さん。漣の持つ2面性の演じ分けが凄かったです。

ストーリーがミステリー仕立てなので内容は詳しく書けませんが、ボリュームたっぷりでも飽きない素晴らしい1枚でした。

4

emimimi

ご指摘いただきキャスト様のお名前間違えてるの気づきました。修正したいですが、編集できる期間過ぎてしまってるようで。
失礼いたしました。

clove

吐木とバディを組むのは鷺沼役の熊谷さんです

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

  • 買う