地を這う者に翼はいらぬ(1)

chiwohaumono ni tsubasawa iranu

地を這う者に翼はいらぬ(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
27
評価数
6
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
鳶田瀬ケビン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
秋田書店
レーベル
プリンセス・コミックスDX カチCOMI
発売日
電子発売日
ISBN
9784253154819

あらすじ

新人刑務官・リアムは配属先の刑務所で、
陵辱の限りを尽くされる囚人・ベルナルドと邂逅し、衝撃を受ける。
ベルナルドは少年時代に自らを救ってくれた警官だったのだ。
立場を違えたふたりの再会は何を呼ぶのか――。

表題作地を這う者に翼はいらぬ(1)

リアム・ロングウッド,新人刑務官
ベルナルド,囚人

同時収録作品地を這う者に翼はいらぬ(1)

看守
ベルナルド,囚人

同時収録作品地を這う者に翼はいらぬ(1)

リカオン,囚人の群れのリーダー
クリス,囚人

同時収録作品地を這う者に翼はいらぬ(1)

ルーカス,警察官
ベルナルド,警察官

レビュー投稿数2

刑務所看守×囚人

刑務所看守のリアムと囚人のベルナルド。
リアムとベルナルドには過去に関わりがあるのですが…、そこがお話しのキーポイント。

プリズンBL、ということで、個性の強い囚人たちの派閥があったり、看守との確執があったり…、鳶田瀬先生のしっかりとした画力も相まって、なんだかもうほんとに海外ドラマのような読み心地です。

ベルナルドがある理由から抵抗ができず、クズな看守とのモブレ描写があるので、苦手な方はご注意を。

リアムとベルナルドの過去がそれぞれにヘビーで様々な思惑、感情が絡み複雑です。
重く暗いものを背負い、地を這うような感覚にまで落ちてしまっているふたりはどうなってしまうのか。
リカオンの動きや、クリスとの関係も気になります。
ベルナルドには笑顔になってほしいです。

鳶田瀬先生の描かれる裸体はがっちりと迫力があって、特にベルナルドは表紙でもわかるように体毛もしっかりめに描かれていてボリューム感がすごかったです。

0

プリズンからどこへ行くのか。

某海外ドラマのタイトルを思い浮かべてしまうプリズンBLです。
新人刑務官のリアム×囚人のベルナルドというカップルで、2人はリアムが子供の頃に出会っています。
父の暴力に耐えかねたリアムが母と妹を守るため通報し、駆けつけたのが当時警察官だったベルナルド。
暴力的な父に支配されていたリアムにとって、優しく頼もしい大人の男性であるベルナルドは心に強く残ったようです。

そんな2人が看守と囚人として再会。お互いの立場や特殊な環境での様々な制約がある中、もがきながら惹かれ合っていきます。
2人の抱える過去に加え、刑務所内の派閥争い、ベルナルドに執着する看守と複雑な人間模様で、さらにベルナルドは殺したとされている相棒ルーカスとは恋人同士で、その渦中で別の女性に心を移し、彼女とその息子と家族になったという経緯があります。

ルーカスとの決別から死にも麻薬が絡む問題があり、まずは1巻目でありったけの設定が一気に明かされます。
あまりにも問題が多すぎて、特にベルナルドの設定は盛りすぎな印象も受けました。あんまり多いとそれぞれが薄まってしまうので…。

とにかく色んなことが明るみにはなったけど、それぞれまだ入り口という状態で、本格的に話が動くのはこれからかなと思うので、ベルナルドの罪の行方とともに今後に期待です。幸せになれー!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う