となりのオメガ【単行本版】

tonari no omega

となりのオメガ【単行本版】
  • 電子単行本
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
メリノ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
macaronRINX
レーベル
電子発売日
ISBN

あらすじ

「お前みたいな淫乱なΩは俺の運命にふさわしくない!!」
名門α一族の大学生・加賀谷慎一郎は幼い頃から英才教育を受けΩとの接触を極力避けてきた。
しかしマンションの隣人・三栗は発情中に男を連れ込んではフェロモンをまき散らすビッチなΩ。
壁越しに漏れてくる三栗の喘ぎ声とフェロモン…
目先の快楽に溺れるΩを蔑む慎一郎だったがある夜なりゆきで三栗と身体を繋げてしまう。
発情中のΩとの獣じみたセックスのあと自己嫌悪から三栗に暴言を吐いてしまう慎一郎だったが―…
「俺と会った時、運命感じなかった?」
傲慢エリートα×一途なビッチΩ。
快楽を共有しながらも心はすれ違う二人。はたして―…

表題作となりのオメガ【単行本版】

加賀谷 慎一郎(α・大学生)
三栗(Ω・隣人)

レビュー投稿数1

物足りないけど、読んじゃうやつ。

これねぇ〜。とくに変わり種があるわけでも、捻りがあるわけでもない。
絵柄のバランスも悪い所もあるwww
普段は、情熱的で痛くて苦しいオメガバースが大好きなんだけど。。。
物足りないのに、読み返してしまう1冊。


堅物α加賀谷が大学生になり、引越した先の隣の住人がビッチなΩ三栗。
これが、運命の出会い。

加賀谷は、ガチガチのα家系で〜当然Ωなんて底辺としか思ってない堅物。
三栗も大学生で、ヒート中は複数の相手と関係を持つΩ。

そんな2人が出会い〜番になり〜ラブな日常を送るまでのストーリー。

堅物な加賀谷が、三栗との出会いで〜初めて人に対して好意を持ち、Ωへの偏見を無くす。
一方、三栗は過去のトラウマを乗り越えて、
加賀谷と番になり幸せ一杯〜ハッピーエンド!

いつも、あっと言う間に読み終えてしまう。

0

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う