スグルくんファイト!

sugurukun fight

スグルくんファイト!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
4
得点
82
評価数
26
平均
3.5 / 5
神率
30.8%
著者
しおからにがい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
電子発売日
ISBN
9784866535166

あらすじ

平凡な高校生の優がいつものように帰宅すると、姉の友人である紀幸とばたり遭遇!
大柄でイカつい紀幸を一目で苦手なタイプだと判断した優は、逃げるようにその場を後にするけど、
紀幸はなぜか優にしつこくちょっかいをかけてくるようになって…!?

表題作スグルくんファイト!

(仮)真崎紀幸,姉の友人でCD店店長
(仮)妻川優(スグル),高校生

レビュー投稿数4

不憫受け

スグルくんが、CDショップ店長の紀幸にじわじわ追い詰められて外堀を埋められていく様を見守る作品です。不憫受け好き、嗜虐趣味のある方、蛇タイプの攻めが好きな方は好みかも。普通の甘さをお求めだとかなり変化球です。

人と人とのやりとりがこういう風に進行することってあるかな?と疑問に満ち満ち溢れ現実感がなくて、自分はどうも話に乗れなかった。
紀幸は作品内でもやや変わった人扱いされてますが、スグルの紀幸に対する振る舞いも、姉の友人(あるいは彼氏未満)への態度として違和感が…バイト先の店長の頭殴るかね?

残り1割ぐらいで急速にラブ展開になり、その辺の2人は可愛かったのでどうも勿体無い。もっと序盤からまともな人と人のやりとりとラブ成分が感じられたらな〜
続刊は甘い本になるかしら。
実の所pixivでは楽しみに追いかけていた作品だったので不思議ではあるんです…"中立"付けたくはなかったが…

0

圧がすごい、時折りメチャ怖な攻め(?)最高!

数年前、某サイトでアマチュアで投稿されていたバージョンのを読んだことがありました。
そのとき、クソヤバい攻め最高だな!と興奮していたので、新刊としてSNSで見かけたとき、「もしや、あれか…!」と狂喜しました。

1話1話が短く、本編が20話で構成されているので、進展はゆっくりですがテンポよく読めます。

あと、のりゆきくんが耳にめっちゃピアス付けてるの好きです。
以下ネタバレ



のりゆきくんがスグルくんをいじるのが好きなのは、1話から既に垣間見えます。トイレの場所を聞いたのをきっかけにグイグイ詰めてきます。楽しんでますね笑
スグルくんが、のりゆきくんの顔を「バカそーなツラだな!!!」と思って見るシーンがありますが、後々の話、のりゆきくんはというと、俺みたいなタイプに絡まれるのが1番苦痛なんだろうなと出会いの時を回想していて、たしかに、よく見るとまあまあ交戦的な表情していて、どうやっていじめようか…とか考えていたのかなと思うと興奮しました。

のりゆきくん曰く、はじめの頃は「くそ生意気な目で舐めた態度」だったとスグルくんを評価していますが、リアルでのりゆきくんに出会ってしまったら、防衛反応として自分もそうなるな…という感じしかしませんでした笑
スグルくんの名前を知ったときの顔とか完全にいじりたい顔以上の表情してますもん。普通に怖い。
正直4話まで、なぶりたい気持ちがメインなのか…?と思えるくらいでした笑
ところどころ、完全に半殺し以上したことある人がする表情をしてます。萌えます。
一方で、デフォルメした顔や笑顔もそこそこあるので、のりゆきくんが怖さ一辺倒の印象にならないようにしてあり、コメディ要素も楽しめます。

のりゆきくんの性格について、なかなか謎な感じですが、自分のペースに相手を持っていくと安心するタイプな気がします。
もともとスグルくんとは共通点がない状態だったので、弄る関係でしか繋ぎ止められなかったのが、スグルくんが順応して懐くようになり、普通の関係にしようとしてデレだします。その変化に、のりゆきくんは自分の行動が幼稚だなぁと思ったり、対等な関係だと共通点ないから話弾まないのになという感じで、中盤動揺したのかな〜と思いました。
弄る関係に傾倒してしまったところに、
意外とコミュ力低い部分があったんだなぁと思いました。

まあ色々述べましたが、大雑把に言うと、フレンドリーだけどサドや鬼畜要素がある性格です。

そして、何を話せば…?といざ対等な友達の関係になろうとする時に、2人ともモヤモヤっとなりますが、結果的にはお互い友達以上に好きだということにひとまず落ち着きます。
そのことに、お互い恋愛対象としてはじめは見てなかったけど、好きの感情が大きくなってついにはその枠から飛び出て、恋愛の好きの枠へと移行した経過が感じられて、なんだかほんわかしました。

エッチなこと、キスまででしたが、終盤に近いところでお試しハグをしてたときに、のりゆきくんがすーっとスグルくんの首の後ろを撫でて、「ちっちゃいね…優くん…」というシーンがあったので、この2人のエッチはたぶんスグルくんに合わせた、ゆっくりじわじわの甘々になるんだろうなと勝手に妄想しました笑

0

??しかなかった

初買いの作者様です。
絵柄は好みが別れると思います。
個人的にはどちらでも無く。


大量ピアスの腹黒(?)攻×人見知り平凡受というカプです。

お話は人見知りが激しい優(受)はある日の学校帰りに姉の連れてきた友人の紀幸(攻)と自宅の廊下でばったり遭遇する。
一目で自分の苦手なタイプだと判断した優は逃げるようにその場を立ち去るが何故かそれ以降紀幸が絡んできて……という感じで始まります。

すみません。以下、辛口です。

最初から最後まで読みましたがずっと??しかありませんでした。
そもそも優の人見知りという設定も無理がある。
人見知りだからといって既読無視や言葉遣いも悪く自分の友人でもないのにアンタやお前呼びにそれってただの感じの悪い子供でしょう。と一切好感が持てず。
なのに自分が相手から構われなくなったら気になるとか自己中かよとウンザリ。
しかも優が紀幸を苦手意識している理由が意地悪だからって事らしいですが…いや全く紀幸意地悪でも何でも無い。
もっと意地の悪い事をしたり言ったりするのなら優が紀幸を嫌煙するのにも納得できたかもしれませんが全く意地悪という事が分からないレベルの出来事しか無いので優が嫌な子にしか見えないし何で優のことを紀幸が可愛いと言ってるのか理解できない。
しかも結構なボリュームがあるのに紀幸が告白するのも最後の方に少しだけ。
ただただ長々と優が紀幸の愚痴と言っているのを見させれている様に感じてしまいました。
読後はモヤモヤというよりも結局この話って何が描きたかったの?という疑問しか残りませんでした。
もう読み返すことは無いですね。
続くかもということですが個人的には続刊はもういいなという感想です。

3

好きな子はイジメたくなる?

しおからにがい先生の作品を読むのは2作目です。

姉の友人紀幸にうざ絡みされちゃう優(スグル)くんのお話です。

初対面なのに紀幸がガンガン距離を詰めてきて、人見知りの優は拒否するのですが、全然気にしないんです。陽キャ怖いw
見ているこちら側も怖くなる程の距離の詰め方。でも何がしたいのか分からないというか、優が近づいてくると逃げちゃうんです。

恋愛要素はゆ~っくり進みます。
優はグイグイ来てた紀幸が引くことによって少しずつ気持ちが変わっていくし、紀幸は拗らせてるので、愛情表現がイジりだったりするけど、優に指摘されて気持ちを自覚したりします。
Likeまではゆっくりなんですけど、そこから一足飛びでLoveに突き進む紀幸!
この人宇宙人かな?と思う程紀幸はよく分かりませんでした。

高校生の優が距離のおかしい紀幸に振り回されて絆されていくのを眺めているような話でした。

エロは無しです。ちょっとキスする位なので、それを期待していたらガッカリするかもしれません。

続き描きたいなみたいな完結してなさそうなあとがきがカバー下にありました。
恋愛としてはこれからな所だったので、続きも読めるといいなと思ってます。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う