飲み会で仲良くなった先輩にかわいいと連呼され、気づけばきもちよくて頭おかしくなるくらい抱かれてました。

かわいいね、花森くん

kawaiine hanamorikun

かわいいね、花森くん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
45
評価数
13
平均
3.5 / 5
神率
23.1%
著者
しおからにがい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
笠倉出版社
レーベル
カルトコミックスequal collection
発売日
電子発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784773072433

あらすじ

大学でオタクライフを謳歌するためサブ研へ入った花森。
しかし、参加した新歓では話相手どころかグループにも入れずボッチ状態。
そこで唯一話せたのは遅れてやってきた先輩の美帆だけ。
以降、学校で会えばご飯を一緒に食べたりする仲に…!
そんなある日、彼の部屋へ遊びに行くことになった花森。
そこでなぜかかわいいと連呼する美帆。
いきなりキスをされ、気づけば自分のお尻に美帆のTI●COが…!!?
自分と仲良くしてくれる美帆に「好き」とは言ったけど……。
あれ??俺の好きってそういう「好き」だったっけ――??!

流され系ちょろカワ受×倫理観ガバガバ攻
相性バツグン!?
身体からはじまるサブカルDQNラブ!

表題作かわいいね、花森くん

美帆,20→21歳,大学生の先輩
花森,18→19歳,大学の後輩

同時収録作品偲ぶる想いが牙を向く

(仮)露口あさひ,高校2年生
(仮)篠目涼一,高校2年生

レビュー投稿数4

美帆さんが好み

倫理観ガバガバかな?流されてる方が緩いのでは?と思いながらも好みのストーリーです。
しおからにがいさんの書く攻めのビジュアルが好きで、美帆さんもドストライクです。
続編あって欲しいな。

同時収録の幼馴染も、拗らせ具合が良いですね。

1

かわいいとは

この本は表題作の"かわいいね、花森くん"と"偲る想いが牙を向く"が各3話ずつ入っています。
3話で終わってしまうので、全体的に物足りない所で終わってしまいますが、表題作のかわいいね、花森くんがツボにはまりました!

大学のサークル新歓で知り合った先輩と仲良くなったら、なぜかエロい事をする流れになって、だんだん好きになってきちゃうけど、先輩からは好きと言われないからこの関係ってセフレなのかな?と悩む。
でも先輩、エッチの最中ずっと花森くんかわいいね~と言い続けてるんですよ。
花森くんて普通に見たらそんなにかわいいかなあ?と思います。
先輩から見たら花森くんかわいくてしょうがないんだろうな、かわいいという言葉は好きだよって言っているようにしか思えません。
花森くんが手を繋ぎたがってた時も、先輩なら喜んで繋いでいたんじゃないかな。
趣味も違うのに楽しそうに話を聞いてあげて、明らかに溺愛しているのに信じてもらえない先輩かわいそうw

溺愛系の話が大好物なので刺さりました。

もうひとつの話は絵柄がかなり違いました。こんなに変わるんですね。
そして苦しい話で、読んでいて一緒に苦しくなりました。

1

かわいいは魔法の言葉

作者さんの初単行本。
表題作が好きな受けでした。
陰キャというより人見知りかな。基本言いたいこと言えるところ好きです。

大学サークルの新歓で出会った花森(受け)と美帆(攻め)。
身体から始まった恋物語。

花森・かわいいって言われるし何回もセックスしてるけど、好きとは言われてない=セフレだ
美帆・最初は興味本位セックス、趣味は合わないけどでも好きになっちゃった!可愛い!家にも泊めてくれた=付き合ってる
この解釈違いが面白かったです。
セックスしたこと後悔しています、俺が嫌って言ったらプロの人として下さいと言われて焦る美帆。
本気なのに遊びだと思われて焦る攻めって見ていてとてもにんまりしたくなります。

美帆はチンピラ設定で過去に何やらあった様子。
でもそこは未回収のまま終わりました。
焦点は花森と美帆の恋愛。
受け攻めの気持ちがはっきり見えたので良かったです。
美帆の友人が良きアドバイザーでした。

同時収録「偲ぶる思いが牙をむく」
こちらの方が若干ページ数多め。
擦れ違いだったり劣等感だったり高校生のお話し。
立場逆転物に近いです。
攻めはそう思ってないけど、受けが一人でドツボにハマってます。
当て馬に攻めのことが好きな女の子が登場。

なんだか読んでいて集中力が続かないというか疲れるな~と感じてしまいました。
あとがきをを読むと作者さん自身が描いていて心が疲れた、性に合わなかったのかもしれないと。
その気持ちが内容に出でしまっている印象でした。
作者は好き(楽しかった)だけど読者に受け入れてもらえるかなという心配は見かけますが、まさかその逆とは。
担当さんしっかりフォローしてくれたのかなと変に穿ってしまいます。
受けが感情を吐露するところが可愛く見えてなんだかホッとしました。

初出は偲ぶる~が先、花森くん~が後

修正(紙)
白短冊

2

同時収録の方が印象的

かわいいね、花森くんは、サラサラっと読み終わりました。流されやすい花森くんが美帆と付き合っているわけではないのに会うたびえっちしてセフレなのかなと疑問に思って正直に思いを伝えて両思いだとわかりハッピーエンドで、特に何も思いませんでした。

同時収録の偲る想いが牙をむくの方が読み応えがありました。
受けの涼一と攻めのあさひは幼なじみで昔は涼一の方がなんでもできていたのに成長していくにつれてあさひの方がなんでもできるようになり、一緒にいることでまわりに劣等感感じないの?とか言われて涼一が距離を置こうとするけど、あさひはずっと涼一のことが好きで告白してその後も少しギクシャクしますが、想いを伝えあって付き合えました。

評判が良かったので購入しましたが普通だと感じました。私の好みが違って花森くんのかわいさがよくわからなかったのが大きかったと思いました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う