My Ride, I Love You 下

My Ride, I Love You 下
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
Patrick Rangsimant 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
楔ケリ 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
発売日
電子発売日
ISBN
9784041112014

あらすじ

タイBLドラマ化決定!バイクタクシーと医者が織りなす恋の行方とは…?

ドラマ化も決定している話題のタイBL作品!研修医であるタワンは、先輩のポーと再会をし、晴れて恋人同士となる。ポーの家に行くためにバイクタクシーを拾うが、その運転手が年下のモークだった。ただのお客と運転手の関係に過ぎなかった二人だったが、お互いを理解し合ううちにいつしか大切な存在に。モークは医者であるタワンと自分が釣り合うのか悩むが……。

イラストは、楔ケリ先生が担当。上下巻それぞれを描きおろし、世界観を華麗に描きます。

翻訳:宇戸優美子

表題作My Ride, I Love You 下

ポー,歯科医
タワン,内科医

同時収録作品My Ride, I Love You 下

モーク,バイクタクシーの運転手(仮)
タワン,内科医(仮)

その他の収録作品

  • 筆者あとがき
  • 訳者あとがき

レビュー投稿数1

ドラマ化されたら見てみたい

『My Ride, I Love You』は上下巻の2巻完結もの。そして下巻も、上巻と同日発売になりました。続きものなので上巻が未読だと理解できません。上巻から読まれることをお勧めします。



さて。

上巻の序盤でポーと恋人になったタワンではありますが、ポーは完全なる脇役です。タワンの気持ちがモークにうつってしまったことで修羅場展開になるのかな?と思いつつ下巻へ突入しました。

上巻の序盤、タワン視点で描かれているからでしょうか、主役はタワンなんだと思っていました。が、今作品はモークの恋の成就のお話かと思われます。

モーク、という青年がとにかく可愛いです。
ワンコさながら、というのかタワンへの想いを募らせつつ、男同士の恋、というものを模索しながら、それでもタワン一筋なのが良い。ポーと一緒にいるタワンの姿に心を痛めながら、自分の想いを押し付けることなくさりげなくフォローし、時にタワンをサポートする姿に萌えが滾りました。

ポーという恋人がいるタワンとモークの恋の行方は如何に、という部分が下巻の軸かと思いますが、ああ、なるほど、そういうお話ですか―!というストーリー展開。タワンとモークの恋がどういう結末を迎えるのか、ぜひとも手に取って確認していただきたいです。個人的にはもっと修羅場で、ドロドロ展開だたら面白かったのにな、と思うのですが、そのハードさがないのが今作品の持ち味なのかも。

「恋愛」という軸は過不足なく、というか、もう文句なしのてんこ盛り具合に萌え盛りだくさんで、まさに恋のお話。上巻の巻末に作者であるPatrickさんのコメントが収録されていまして、Patrickさんは現役のお医者さんということが書かれていますが、だからでしょうか、医学部内や病院内のお話がリアルに描かれていて、そこも興味深く拝見しました。が、お仕事BLという部分はかなり省略されている感は否めない。

恋のお話、に特化されていて、そういうお話を読みたいときにはぴったりだと思います。

あ、あともう一点。

上巻・下巻含めて、濡れ場はありません。
上巻はポーが攻めなんだなというのが分かる描写はありますが、下巻に至ってはモークとタワンが恋人同士になった、という描写しかありません。濡れ場は無くても甘さや萌えはきちんとありますが、濡れ場がない作品はBLじゃないと思う方にはもしかしたら不向きかも。

上巻のレビューでも書きましたが、ドラマ化したらさぞかし萌える作品だと思います。綺麗な男の子たちのわちゃわちゃが、これでもか!と盛り込まれている、そんな作品でした。

2

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う