「無用のオメガは代わりもできない」アマゾン限定ペーパー

muyou no omega ha kawari mo dekinai

「無用のオメガは代わりもできない」アマゾン限定ペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
無用のオメガは代わりもできない(アマゾン購入時のみ)

商品説明

ノベルズ発売記念・アマゾン購入限定特典書き下ろしペーパー
B5版4つ折り片面にてイラスト1頁+小説3頁
来栖視点で漣についてのお話です。

レビュー投稿数1

オメガにとっての番契約

本品は『無用のオメガは代わりもできない』の
アマゾン限定特典ペーパーです。

本編後、栗栖視点での「番契約」についてのお話です。

「番契約」とは
アルファが番と決めたオメガの項を噛む行為であり
アルファがオメガを心身ともに
自分のもにすることができる行為です。

栗栖は子供のころからこの説明を
間違ってい泣けど甘さや情緒が足りないと
思っていました。

栗栖が番契約を大好きな人と一生一緒にいられる
魔法のようなものと言うと央我は決まって
そんなにお優しくてお綺麗なモノじゃないと
苦笑していたものです。

央我はかっこいいし優しいし、気の利く男でしたが
子供のころからきゃあきゃあ言われ続けていたからか
恋人に対して誠実じゃないところもあり
栗栖はいつもハラハラしてしました。

それでも自分から招いた漣のことは
本当に大切にしていると思っていたのですが

漣にぴったりの部屋着を見繕って
着替えるように促すと・・・

B5サイズ片面にて
漣が心情を吐露するお話です♪

なんと漣の細い首や薄い肩、鎖骨、背中には
無数の歯型や鬱血があるではないですか!?

央我の執着心が見て取れて申し訳なくも
ホッとしてしまった栗栖ですが
漣が番契約をしていないと告げられて
びっくりしてしまいます。

央我の心情はなんとなくわかるものの
頼馬に央我の真意を聞きだすように頼み
栗栖は漣を買い物に連れ出す

・・・という央我が残念な小話でした♪

当事者にとってはかなりな難問ですけれど
周りにとってはとても美味しいです。

こちらコミコミ特典と対のような形になっていまして
それぞれだけでも読めますが、合わせて読みと
相乗効果でニンマリ倍増間違いなしです (^ー^)v

※他店舗特典(レビュー済) 
コミコミ特典は央我と頼馬のお話です。

3