いまさらお前のいない夜はいやだ

コミック

  • 5分後に孵るのを待ってる

5分後に孵るのを待ってる

5hungo ni kaeru no wo matteru

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作5分後に孵るのを待ってる

八城孝己,沙世の幼馴染で大学生
秋野木沙世,大学生

同時収録作品5分後に孵るのを待ってる

蜂須賀,孝己の友人兼セフレ(リバ※性描写なし)
八城孝己,大学生 (リバ※性描写なし)

同時収録作品5分後に孵るのを待ってる

モブ
八城孝己

その他の収録作品

  • 描き下ろし

あらすじ

世話焼きの孝己は、いつでもどこでも寝てしまう体質の沙世と幼馴染同士。
家族のように生まれ育ってきたが、物心ついた頃から沙世へ特別な想いを密かに寄せていた。
大学生になり同居を始めるも、お世話係として変わらない日々。…ひとりでは何もできない沙世が自分にだけ縋ってくるようそばに寄り添いながら……。
お互いが何よりも大切な存在であると分かりつつも、幼馴染以上にはならない二人。
恋を知らない沙世とは一線を超えられず、持て余した熱は夜な夜な外で発散していた。
一方、自分の知らない匂いをつけて帰宅してくる孝己に沙世は、幼い頃のとある出来事を思い出して――。

【描き下ろし19Pあり】

作品情報

作品名
5分後に孵るのを待ってる
著者
チ点日子 
媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784758024570
4.2

(47)

(23)

萌々

(15)

(6)

中立

(2)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
9
得点
195
評価数
47
平均
4.2 / 5
神率
48.9%

レビュー投稿数9

かわいい

表紙が可愛くて一目惚れして買いました。買ってよかったです。

"性行為=恋愛のゴール、愛情の表現の最上位"的に描かれることが多くなるのが恋愛漫画の常ですが、これはそんな感じがしなくていいなと思いました。性行為をどうするかが2人の交際においての争点でしたが、それはたいしたことではないというふうに描かれているのが面白かったです。好きでお互い以外ないから一緒にいたい。たとえインプリンティングだとしても。一緒にいる為の手段の1つが性行為であるというのは面白いなと思います。一緒にいる為に価値観を擦り合わせていくのは恋人やパートナーとでなくても必要なことです。性行為の有無についてがそれに該当している話は新鮮でした。

性行為がゴールになるのが悪いとか、不快だとか思っているわけではありませんが私個人の問題としてごく稀に押し付けがましく感じることがあるのでこの作品には救われたような、新しい視点を見せてもらったような気がします。大好きです

2

不思議な感覚

なんとも不思議なんですが、心地よくてあっという間に読み終えました。
相手に愛を感じていてもその気持ちが直接的に行為には
結びつかないこともありますもんね。
大切だからこそ自分の手で汚したくなくて、自らをどんどん縛っていて。
でもお互いへの独占欲も確かにあって。

軽やかな作風と対照的に想いが重い2人でした。

0

孝己くんの歪み具合がいい!

作者さんのTwitterやpixivでイラストを見てて雰可愛いなと思ってたら単行本が出たので購入しました。

解釈が難しかったのですが面白かったです。なにより雰囲気がいい。こういうお話を求めてましたとても好みです。

たかきくんの重さには適わないと思いますがそれでもさよくんもしっかり重いし離れてほしくないと思っているのが可愛かったです。
一見ピュアな感じにも思えるストーリーですが、たかきくんの歪み具合のおかげでダークな雰囲気もあります。そこが更にいい。
たださよくんが卵から孵った状態がどんな状態を指すのかがまだよくわかっていないのでまた読み直して考えてみようと思います。でもそこを抜きにしてもまた読み返したいなと思う素敵な作品でした。

0

きれいにまとまる感情だけではない

二人の関係性にしっくりくるオチで読了後の余韻も非常に心地よかった。
二人の布団にくるまれているような安心感とちょっとの痛みがこちらにも伝わってきて最高!

0

『好き』に対しての価値観

独特な絵と「場所や時間関係なくどこででも寝落ちてしまう」という特殊な体質を持つため、ひとりでは何もできない受けという新しい設定に惹かれ購入しました。
今作品がチ点日子先生にとってデビュー作だと聞いてびっくりするほどの高クオリティです!

ほとんど植物状態な沙世(受け)。
体質のせいで常に眠たそうな雰囲気を発しているため、勘違いしそうですが、実はかなり男前。思っている事は、はっきりと言える健気な子です。

そんな沙世とは違い、孝己(攻め)は過去のトラウマや沙世に対しての歪んだ感情のせいで、何事も曖昧にしたいタイプのヘタレです。
しかし、沙世の事は何より大切にしたいという事が物語が進むにつれひしひしと伝わります。そして、沙世を大切に思うあまり、自分の「汚い」部分を必死に隠そうとする孝己に泣けてきます。

そんな二人は、性格も経験も『好き』の価値観も全く違いますが、お互いがお互いの側にいたいと強く思うことだけは一緒・・・そんな二人の関係性がどう変わっていくかが描かれる不思議なお話です。

こちらは、何度も読み返すほど大好きな作品なので、ディープな作品をお求めの方は是非読んで見てください!

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP