CD

  • かりそめビッチ南くん~つづきの話~

かりそめビッチ南くん~つづきの話~

karisome bitch minamikun ~ tsuzuki no hanashi ~

  • 配信購入【PR】
  • 通販購入【PR】

表題作 かりそめビッチ南くん ~つづきの話~

高根駿 → 新垣樽助

南太郎 → 田丸篤志

同時収録作 ひねくれ小野寺くんの不器用な恋

田辺謙哉 → 石谷春貴

小野寺綾斗 → 増田俊樹

あらすじ

「もっと一緒にいたいとか言ったら、重たく思われるかな」憧れの先輩・高根と大学で再会し、紆余曲折を経て結ばれた南。思いが通じ合い、さらに愛が深まるも南には厳しい門限が。
高根と少しでも長く一緒にいたい南は、門限を緩めるための言い訳&ひとり暮らしの貯金のためにアルバイトを始める。
しかし礼儀正しく真面目で、人好きのする南を心配した高根は、アルバイト先へこっそり偵察に。するとそこには、南と妙に距離が近く親しげな同僚の男がいて…!?
高根×南カップルの影の立役者、包容力カンスト男子・田辺にも恋の予感!

作品情報

作品名
かりそめビッチ南くん~つづきの話~
著者
栗原カナ 
媒体
CD
オリジナル媒体
コミック
メーカー
Charme Gatto
枚数
2 枚
発売日
JANコード
4560258559447
5

(9)

(9)

萌々

(0)

(0)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
1
得点
45
評価数
9
平均
5 / 5
神率
100%

レビュー投稿数1

属性の違う2カプ分の話しが楽しめる

原作既読。前作のドラマCDも購入したので、今作のつづきの話しもCD化を楽しみにしていました。
(発売日10/10になってますが、延期になったようで10/20発売でした)

【前作と今作の違いについて】
一番の違いは半分は新たなカプとして田辺×小野寺のお話が収録されている所です。
Disc1は高根×南パート(約55分)
Disc2は田辺×小野寺パート(約48分)
だいたい半々ぐらいのボリュームで2カプの話が収録されてます。
高根と南は絶賛ラブラブ中で、甘い雰囲気なのに対して、田辺と小野寺は友達から恋人に変化するまでのハラハラドキドキ感があるので、全く違う属性の恋愛模様を同じぐらいのボリュームで楽しめるのはお得感がありました。

【キャラやキャストについて】
・南太郎(CV田丸篤志さん)
前作のビッチを演じていた時と比べて、高根先輩への思いを隠す必要がない分、最初から最後まで好き好き〜って気持ちがストレートに伝わる幸せオーラ全開の跳ねるような声が可愛かったです。
南くんの声は、よく聞く田丸さんの声より高めのトーンで演じられてるので、やりすぎかってぐらいにあざとさ増し増しです。

・高根駿(CV新垣樽助さん)
前作のクールなイケメン感は控えめになり、心配性なヘタレ要素がかなりプラスされてます(恋は人を変えるとはまさにこの事) それもこれも南くんの事が大事だし、大好きだからなんだよな〜と思うと大変尊いです。
とはいえ、新垣さんの優しい声から感じられる、イケメン感はちゃんと健在してて、さすがでした。

・小野寺綾斗(CV増田俊樹さん)
高根×南パートの夏祭りのシーンで初登場した時こそ、ザ・当て馬キャラでしたが、Disc2の田辺小野寺パートではツンデレが光るいいキャラでした。
人に媚びないドライな性格の小野寺に増田さんの声は合っていたんですが、私がイメージしていた演技よりちょっと早口な感じがして、ツンの部分がかなり強く感じたので、デレの部分はもう少し声色で甘さを盛って欲しかったなぁとは思いました。

・田辺謙哉(CV石谷春貴さん)
前作から思ってましたが、ナチュラルに包容力のある優しいキャラで好感度高いし、石谷さんの声も合ってました。
小野寺に振り回されながらも、少しずつ友達以上の感情が芽生えて意識して行くとまどいなども声から感じられてきゅんとしました。
私は彼氏にするなら田辺くんみたいな人がいいです!笑(しらんがな)

【絡みシーンについて】
・高根×南
絡みは3回+1回(書き下ろしのバイト先の制服エッチも収録されてます)
個人的ハイライトは、南くんが初めて潮吹きしちゃって、べそかきながら震える声で言ったとあるセリフです。
気持ちよすぎてびっくりしたのと、恥ずかしいって気持ちが、短いセリフに込められてる感じで、その言い方が本当に可愛いかったです。
高根先輩は前作よりがっつき感があって、絶倫設定がしっかり生かされておりました。
浴衣姿の南くんと玄関でやっちゃう所とか、バイト先から電話がかかって来ても続行する所とか、雄みがあってよかったです。

・田辺×小野寺
初エッチの1回のみ。くっつく前にいろいろあってからの初エッチって、やっぱりきゅんとするしいいですよね。
エッチ中のお互いの体を思いやるようなセリフに萌えました。田辺くん、あんたはやっぱりいい男だ!
小野寺くんの堪えたような控えめな喘ぎも、小野寺らしくてよかったです。
分かりやすく可愛い受けより、クールな受けが好きな方はきっと好きなタイプだと思います。

【シナリオやBGM、キャストトークについて】
CD化にあたり、本を見なくても何をしてるか分かりやすいようにセリフが追加されたりしますが、こちらはそれ以外のセリフも結構追加されてました。
とくに田辺小野寺の最後のシーンでは原作のカバー下表紙に描かれていた飲み会帰りのエピソードの会話が追加されてたりして、嬉しかったです。
BGMは前回にくらべて若干控えめになったような気がしました。
キャストトークは、2カプごとに10分づつのトークが収録されてます。キャラについて深掘りして語られてて楽しかったです。

【最後に】
前作よりもぐっと距離が近づいた高根先輩と南くん。
当て馬(バイト先のエリアマネージャー東野さん)も登場しますが、高根先輩を揺るがずに慕う南くんと、南くんが他のヤツにちょっかい出されて心配性ぎみな高根先輩との対比が微笑ましかったです。

田辺くんと小野寺くんのカプは最近、恋人になったその後の話しのスピンオフコミックスが発売されたりしてるので、シリーズ通して楽しめる作品だと思います。

3

マンスリーレビューランキング(CD)一覧を見る>>

PAGE TOP