かりそめビッチ南くん

karisome bitch minamikun

かりそめビッチ南くん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×219
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

31

レビュー数
6
得点
170
評価数
42
平均
4.1 / 5
神率
35.7%
著者
栗原カナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784796414302

あらすじ

大学生の高根は、ルックスの良さから男女構わず手を出すヤリチン認定され憂鬱な日々を送っている。その日も、新入生歓迎会で男から誘われうんざりしていた。イラつきながら追い払うと、男の矛先が新入生の南に向きトイレに連れ込まれているところを目撃してしまう。
慌てて後を追い、案の定襲われている南をなりゆきで助けると、お礼に抜くと言い出し強引に咥えられ――たが、下手くそ! 全然抜けない!
しかしビジュアルは抜群に好みで「セフレにしてほしい」と迫る南に抗えず、体だけの関係が始まり――!?

表題作かりそめビッチ南くん

高根駿,大学生
南太郎,大学生

レビュー投稿数6

表紙よりずっと爽やかで真っ当なエロきゅん

どピンクでいかにもな表紙とは裏腹に、実際はクセやアクを感じさせず非常に読みやすい1冊。
かといって薄味なわけでもなく、可愛さ・エロ・きゅんは盛り沢山で読後の満足感もあります。
初読み作家さんでしたが、これはお気に入りになりそう。


高校時代から文武両道容姿端麗な高根くんに憧れていた南くん。
しかし大学進学後、高根くんには男女問わずヤリチンという噂がたっていた。
噂を本気にした南くんは勇気を振り絞ってビッチのフリをして高根くんのセフレに立候補。
押しかけセフレになった南くんに流され関係を持ってしまった高根くん。
しかし本当の高根くんはヤリチンではなく、普通の感覚を持った好青年。
ちゃんとした形で南くんと向き合いたいのに、南くんと会えばエッチばかりでちょっとモヤモヤ。
しかも可愛さ余ってキスをした途端、南くんに逃げられてしまい……?

作中で攻視点と受視点が入り混じり両方の事情が見えるので、読者が「あー!それ誤解だよー!本当はヤリチンでもビッチでもないんだよ!!」と毎話のすれ違いにテンションが上がっちゃう仕様です。
神視点好きさんにおススメ。
もちろん、どちゃくそハピエンなので安心して読めます。

好きな人に近づくため、遊び人を演じる南くんはもちろん健気可愛い……
のですが、実は攻の高根くんも負けず劣らず真っ当すぎて可愛いキャラなんですよね。
程よく若く、程よく幼く、程よくわきまえていらっしゃる。
少女漫画の王子様がBLマンガに迷い込んだ感じ。
絶倫だけど。

こんな二人のキャラのおかげか、エッチばっかりしてるのになぜか爽やかで読みやすい1冊。
さらっとエロきゅんを補給したいときにおススメです。

0

タイトル通り

読んでいくと「タイトルとちがう!」という作品も多いなか、こちらはタイトルどおりのかりそめビッチっぷり

ミナミくん(苗字だったのか…!)は憧れの先輩に近づくためにビッチのふりをして先輩に迫る➡︎セフレの座をゲットする。先輩がほんとうに遊び人だったら「fぇらとかいろんなテク総合した結果ビッチじゃないだろ!」という結論を導き出せたと思うのですが、先輩の「ヤリチン」も噂が一人歩きしているだけで、実際は二人ともセフレゼロの綺麗な交友関係

週に2回の逢瀬(古い)を重ねていたところに、先輩の母校に弓道を教えに行く、というイベントが発生し、そこで先輩はミナミくんの気持ちを知ることになる…

その後も、実はたいして恋愛が上手くない先輩と、初心者のミナミくんの関係はモダモダするのですが、最終的にはハピエンに。もっとこうだったら可愛いのに〜な場面もありますが、そこがミナミくんの慣れてなさを表していて、キャラクターの説得力になってます

健気受が好きな方はきっと好物です〜

0

モテる先輩に近づく方法

今回はイケメンでモテる大学生と訳有り新入生のお話です。

攻様のセフレ希望だった受様が恋人になるまでと
恋人になってからの後日談を収録。

攻様は顔よし、頭よし、運動神経よしで
非常にモテる男です。

そのため周りからは完璧でできる男と思われてか
来る者拒まずのヤリチン等といわれのない噂をされたり
勝手な印象を持たれてイメージと違うと振られたり
いささかうんざりしていました。

新歓の飲み会でも
遠巻きに噂の真相を話題にされるばかりか
噂をうのみして迫る輩もいて
ドタキャンすればよかったまで思わされました。

そんな気分の悪さを払おうと
外の空気を吸いに席をたった攻様は
まだ幼さの残る学生とぶつかってしまいます。
その1年生こそが今回の受様です♪

受様は既にかなり酔っているようですが
自覚はないのか「大丈夫」と歩いて行きます。

攻様はちょっときになり目で追っていると
受様に話しかけてきたのは
先ほど攻様に「今夜どう?」と声を掛けてきた
男子学生だったのです!!

手当たり次第に声を掛けているのか、
友人なのかはわかりませんが
トイレに向かっていく2人に嫌な予感しかしません。

案の定、
受様は個室で押さえつけられていて
攻様の助けは無駄になりませんでしたが
受様ったら「お礼に抜きます、か?」なんて
言ってくるのです Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

「慣れている」という受様ですが
上手くはないのにビジュアル的にキテしまい、
べっと顔射してしまうのですよ。

その上「俺をセフレにしません?」と言ってきて!?

WEB配信載作をまとめての書籍化で
モテモテでヤリチンと噂される攻様と
彼に憧れでセフレでもいいと近づく受様の
ラブコメディになります♪

攻様は受様に押し切られて
身体だけのお付き合いを始めるのものの
適当なタイミングでフェードアウトしようとしますが

会うたびに
つい何度も挑むほどに身体の相性は抜群で
顔もわりと好みで予定外にも
受様に完璧にはまってしまうのですよ♡

実は受様は高校時代から攻様に憧れていて
まさかの同じ大学で男女イケるとの噂を耳にして
セフレならいけるかも!?と
ビッチを装って仕掛けてみたのです。

いつ嘘がバレるのかとワクワクしながら
2人の恋の進展を楽しく読ませて頂きました♪

遊びのつもりが本気になっちゃうパターンも
ビッチを"装う"っていうのも
とっても萌えツボを刺激されましたし

受様ってば初めてなのに
強豪な攻様にもしっかりついているのにも
ニマニマさせられました (^O^)v

カバー下には本編でもちらっとでた
2人が一緒に撮った写真についてのSSが
収録されていますので
こちらもチェックをお忘れなく♪

1

健気受け最高!

1話を単話電子配信の無料配信時に読みずっと紙で出るのを待ってました!

↓ネタバレ含みます


先輩が大好きな一途健気受けが最高に可愛いです。顔に出ちゃうからセフレとして先輩の家に行くとき素面じゃいけないという可愛さ。タイトルの通りビッチのフリを頑張るのですがその努力が実って良かった…!健気受け大好物な方に是非お勧めしたいです。
高根は顔よし頭よし運動神経よしでモテモテのハイスペックですが元カノ達と付き合ってた時も浮気したことないし、南以外にセフレがいた経験もないしと見た目の雰囲気よりだいぶ真面目な良い子で好印象でした。よくこのスペックで噂通りのヤリチンにならなかった…!彼ならこれからも南のことをずっと溺愛して大事にしてくれそうでこちらも幸せになれるハッピーエンドでした。
全体を通して絵がとても綺麗で良かったです!先述しましたが健気受けが好きな方はぜひ手に取ってみてください…!

1

顔がいい

受けの南は憧れていた高根の男女どっちもいけるという噂を信じて、もしかしたらセフレくらいにはなれるかもということでイメチェンして見事セフレになれていましたが、南もなかなかのイケメンなのに恋愛経験がないのが不思議なくらいルックスがいいなと思いました。まぁ顔が良くなかったらモテモテの人間が相手してくれないですよねって感じでした!赤面がかわいいし性格もよく、わざとらしくなく、うざくないビッチのフリも良かったです。

攻めの高根は、南から噂を広めると脅されたみたいにセフレの関係が始まりましたが、他のたかってくる女やウザ絡みしてくる男と違って学校では距離をとってくる南の行動が気になり悩まされるし弓道の後輩から悪く言われた時に怒ってくれた姿をみてどんどん惚れて、すれ違いも少しはあるけど無事両想いになってあれだけ高嶺の花みたいな扱いだった人も好きな人ができて悩む姿はみていて面白かったです。

絵が綺麗でルックスが良い2人のイチャイチャは最高でした!

0

一途で健気なビッチの恋♡

初めて読んだ栗原カナ先生の作品です。

大学生 高根 駿と新入生 南 太郎のお話。

K大学の新入生歓迎会で、酔った新入生がトイレに連れ込まれるところを目撃した高根。
気になった高根がトイレに行くと男2人で個室にいる様子。
しかし、個室からは嫌がる新入生の声が聴こえて…。

顔よし、頭よし、運動神経よし、高校時代は他校にまでファンクラブあった高根は、男女問わず食いまくるヤリチン…と、事実無根の噂が流れていました。
そんな高根が襲われていた新入生 南を助けたことでセフレになりたいと迫られます。
ヤリチンだと誤解されていると思った高根はもちろん断るのですが、
「先輩のチン〇咥えちゃったって自慢してまわりますね」
南の脅しにより、南との体の関係が始まりました。

タイトルに「かりそめ」とありますが、南は自称ビッチです(笑)
作家インタビューでの栗原カナ先生のお言葉の通りに一話でタイトルが回収されていました。
お互いを誤解をしたままセフレの関係を続ける2人ですが、誤解していたからこそ恋愛に発展したんじゃないかな。
何かきっかけがないとノンケが同性を恋愛対象にするのは難しいですよね。

高校生の頃から他校の高根に憧れを抱いていた南。
その後、同じ大学に入学したことを知りますが、同時に「例の噂」も耳にします。
普通なら幻滅する噂にも「セフレにならなれるかも?」と、南はかりそめビッチへの転向を決意したのでした。
垢抜けて見られるようにイメチェンをし、経験ゼロなのに都合のいいセフレを演じます。
「叶わない恋だけど、せめて身体だけでも繋がっていたい」
南の一途な想いと裏腹な演技に胸がギュッとなりました。
しかし、南の渾身の演技は長く続きません。
好きな気持ちが隠しきれず、だんだん表情や態度に出てしまうように…。

一方、成り行きで南とセフレの関係になった高根ですが、自分の知らなかった南の一面を知るうちに気持が変化していきます。
「俺だけのものにしたい」
南に対して嫉妬や独占欲を感じる高根は、セフレの解消を提案するのですが、ここで「誤解」が発覚して…。
ここからは、ぜひ本編をご覧ください。
最後はどう巻き返すのかハラハラしますよ。

このお話には、当て馬は登場しません。
高根に群がるモブがワラワラしていますが(笑)
脇キャラとしては、高根の親友 田辺くん、弓道部の顧問 橋詰先生が登場します。
田辺くんはいい奴なのでお気に入り♡
もっと登場して欲しかったよ~。

Hシーンは、ヤリチンとビッチの設定なので回数多めです。
2人のセックスは、エロくて可愛いので飽きません。
――ガチ恋だと気が付かれたら切られてしまう
遊んでいるフリをして高根を煽る南ですが、本当は好きな気持ちが溢れています。
たとえ身体だけの関係でも好きな人に抱かれる幸せが南から伝わりました。
…とは言え、セフレ以上の関係になりたいと思ってしまう南が切ない。

描き下ろし『その後のふたり』
本編のその後のお話。
晴れて両想いになった2人のお家デート。

ヤリチンとビッチのセフレ物語…ではなく、愛おしさが溢れるピュアな恋物語。
栗原カナ先生の可愛い絵柄と重くなりすぎないエピソードでテンポよく読み進められます。
また、過去の回想シーンを上手に取り込んでいるので、南の気持ちに寄り添うことが出来ました。
しかし、初対面でフェ〇は大胆過ぎる(笑)
個人的には、南の外見がもう少し男らしいと良かったかな~。

甘さと可愛さとエロさ…だけでなく、程よいスパイスも効いているバランスが取れた作品でした。
気になっている方はご覧いただくことをおすすめします♡

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う