獣の呪いは恋で解く

kemono no noroi wa koi de toku

獣の呪いは恋で解く
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
61
評価数
19
平均
3.4 / 5
神率
15.8%
著者
栗原カナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784796413442

あらすじ

獣の呪いは、月夜に彼を狂わせる。
栗原カナデビューコミックス
狼男・ハナオ×魔法使い・イオリの十年愛。

魔法使いのイオリと狼男のハナオは、満月の夜に獣化する呪いを解くため10年間一緒に過ごしていた。
そしてついに判明したのは、獣化と性欲の関係性。
自慰を知らないハナオに手ほどきしながら口淫し、熱を放たせると獣化は無事解かれた。
しかしその日を境に、ハナオはイオリに恋心のような感情を持つようになってしまう。
それに気づいたイオリは、「人間の世界で生きるなら、
人ならざるものである自分と関係を持ってはいけない」と
ハナオの恋心を忘れさせる魔法をかけて――。

表題作獣の呪いは恋で解く

ハナオ(狼と人間のハーフ)
イオリ(魔法使い)

同時収録作品君はやさしい侵略者

塩谷亮・大学3年
和泉由貴・大学4年

同時収録作品言えない恋が溶ける夜

渉・転勤してきた会社員
新・雪深い田舎の大学生

その他の収録作品

  • 獣の呪いは恋で解く(描き下ろし)
  • カバー下:キャラ紹介

レビュー投稿数6

魔法が解けた瞬間の顔にキュンキュンしました(∩´///`∩)

表題作+短編2話が収録されています。

あらすじの切なさに惹かれて購入したのですが
切ないというよりはキュンとしる可愛さを感じるお話でした。
魔法がかけられてる時と魔法が解けたときの表情ギャップが良き…!

短編①は良くも悪くも普通という感想で、
短編②はギリギリまで攻め受けがわからないのが面白かった!

分量的には表題作で半分強を占めていました♪


◆獣の呪いは恋で解く(3話+描き下ろし)

攻め:ハナオは人間と狼男のハーフ。
満月になると凶暴化し、人の世界から弾かれてしまいます。

受け:イオリは魔法使い。
師匠から10年以内にハナオの凶暴化を無くすよう命じられます。

期限の10年が近づいているけれど研究は一向に進まず。
ハナオは満月の夜になると鎖に縛りつけるのですね。
イオリが小さく「ごめん」と謝りながら手錠をかけてるのが印象的でした。

そんな中、ようやく凶暴化を抑える手がかりが見つかり。
あらすじにもありますが『性的欲求を満たすこと』でした。
はいきたー!好き設定ーー!ヾ(*´∀`*)ノ

魔法使いのイオリは性的な香りがなかったので
思ったよりエロいな…と思いました(爆)
"鎖に繋がれたままでフェ○されてる攻め"というのも美味。
はぁ可愛い。はぁ可愛い。

それ以降ハナオから恋情を感じ取るようになったイオリは、
魔除けと偽って恋心を封じるアイテムを身につけさせるのですよ(泣)
ハナオの為とはいえ、そりゃアカンでイオリさんよ…。

で。ハナオ自身はただの魔除けだとおもってるから
平気で外してしまったわけです。するとどうでしょう。
一気に!一気に!!ブワッと恋心が舞う表情ーーー!
潤んだ目で耳まで真っ赤ににしてて可愛い!(∩´///`∩)
これはすっごく良かった。めっちゃキュンキュンした。

ハナオからめちゃくちゃに愛されてもイオリはブレない。
またも恋を封じてしまうのがなんとも苦かったです。

恋を封じるのがイオリの愛情なんですね。
人に馴染めなかったハナオを人の世に戻して上げたいという。
魔法使いも異質な存在だから関わるべきじゃないと…(泣)
独りよがりで身勝手な考えでもあるけれど個人的には憎めなかったかな。

ハナオの恋心を断つことで、
自分の気持ちにも鍵を掛けているように思えました。
イオリは器用そうでなかなか難儀なお人です…。

3話でまとまってるのでアッサリ感は否めないけれど面白かったです。
2度目の魔法も解けた時のハナオの表情は良きでした…!
(恋心ダダ漏れ年下ワンコ攻めがお好きな方は是非)

少し引っかかったのは、
魔法使いが存在しているのは人も理解してる世界なんですよね?
なのに「人ならざる者に関わっちゃいけない」とは…?
世界観が少しわかりにくかった部分は残念でした。

◆君はやさしい侵略者

攻めも受けも大学生。
コミュ力抜群ワンコ×隠れビッチゲイ
って感じのCPですかね?

夜の街で一夜を共にした相手と同じ大学でーー的な。
受けは夜の顔と昼の顔を変えててーー的な。
わりとあるあるな内容で、このお話だけなら中立です。

◆言えない恋が溶ける夜

これはポジションがどっちかわからないのが面白かった…!!ヾ(*´∀`*)ノ
のでボカして書きます。

田舎の大学生と、東京から転勤で越してきた社会人のお話です。

大学生くんは友人との付き合いに疲れを感じているようでした。
その時に出会ったのが雪国慣れしていない社会人さん。
手助けをしているうちに仲良くなって、一緒に過ごす時間に心地よさを感じていく展開です。

内容的には既視感が否めないのですが、
最初に押し倒したのがAで、ああやっぱりAが攻めなのね、と思ったら
次のページではBがマウントとってたみたいな・笑

Aは普段の雰囲気だと攻めでもおかしくないのに
エッチで可愛い声だしちゃって恥ずかしがってるギャップに萌えました…!!!
急に可愛くなるの反則やで…?(意訳:ありがとう)

勝手な想像ですがそのうちリバもしてそうな男同士って感じが良かったです♪

3

新人作家さんの短編集

デビュー作だそうです。
短編集とは知らずに購入しましたが、
表題作含めて3作収録されています。

【獣の呪いは恋で解く】
人間と人狼のハーフ・ハナオと魔法使いの弟子・イオリの人外ものです。

ハーフでありながら満月に狼男に変身してしまうハナオは、
人間界で暮らすことができずイオリの元へ連れてこられます。
研究好きなイオリは、仕事を選べる条件と引き換えに、
10年の期限つきでハナオの獣化発作を抑えるために尽力することを師匠と約束します。
そして、結果が出ないまま10年近くが経過し……


まず、イオリの魔法使い感が全然出ていません^^;
おまじない?程度の魔法だけです……
結局、獣化も性欲のコントロールってことで決着して、
魔法使いいらなくない?みたいな。
読み終わってみると、10年の期限も謎のままでした。

イオリに恋したハナオを人間社会に返すために、
イオリは恋を封じるミサンガをハナオに贈ります。
そもそもなんでハナオは人間社会に帰らないといけないの?
そのあたりの思いも伝わってこなかったです。

結局、ミサンガが切れてイオリへの恋心を思い出す展開……
このあたりも、ちょっと読めちゃったな^^;

そもそもここまで10年近くかかったくせに、
急に駆け足すぎじゃないですか?
もう少しじっくり表題作を読んでみたかったかなぁ。


【君はやさしい侵略者】
酔った童貞・塩谷にゲイのユキが乗っかって、
一夜をともにします。
ちょっとした経緯と勘違いから来る結果なのですが、
その塩谷と大学で再会しーーというお話。

塩谷がユキの事をずっと想っているのですが、
その理由が今一ピンとこなかった……
ただ、塩谷はいい男ですね!
それは間違いない^^


【言えない恋が溶ける夜】
バイであることがバレて離婚した渉と、
友だちからいいように使われている大学生・新のお話です。

バイがバレて、それだけで離婚て酷くない?
このあたりがちょっと共感できなかったです。

徐々にお互い惹かれ合っていくのですが、
Hまでがちょっと性急すぎた。
まぁ、短編だから仕方ないか^^;


全体的に話の先が読めてしまったので、
そこが残念で物足りなく感じてしまったかな……
ただ、表紙は魅力的で目を引きました。
次回作に期待しています!





3

赤らむワンコ攻めの顔が堪らない

表題作と描き下ろし+同時収録短編の3作品。
表題作は人外ものですが、短編2作品は人外じゃないですよ。

★獣の呪いは恋で解く★
狼男と人間のハーフであるハナオは、獣化の呪いで凶暴化し人の世を追われた人狼。
獣化の発作を抑える方法を10年で解明すれば自由にしてやると、
魔法使いの師匠から託された弟子のイオリ。
一緒に住んで研究し10年で、性欲処理で獣化をコントロールできると突き止める。

ハナオが獣化する前に鎖で繋いでいるんですが、
ケモミミ姿になったハナオの自慰をイオリが手伝い、
上手く出来ないハナオに口でお手伝いするイオリ…恥じらいと気持ち良さで赤らむハナオの表情がいい。

獣化が治まりハナオの恋心を察したイオリは、
ハナオを人の世に戻すため、恋を封じるおまじないを掛けますが、
このおまじないが掛けられたことを、ハナオはずっと知らないままで、
タイトル通り恋心が魔法や呪いを解いていく。

でも、まじないで封じようとしたことで、
イオリを想うと胸が痛んで苦しくなるなんて、身体に想いを刻んでいるようにも思えていい。

ハナオがイオリに恋心を感じる時の、赤らんだ表情を目にする度にキュン。
ほんと表情がいいんですけど、獣化して狼男になった姿も荒々しくてカッコいい。
でも一番好きなのが、ケモミミシッポ姿で髪型も少し変わるので、
ケモミミは可愛いのにちょっとワイルド感増しで堪らない。

この作品は魔法使いイオリの魅力がイマイチ伝わらないんですが、
ハナオの幸せを一番に願っていたのだけは伝わってきます。

描き下ろしでは、ズボラなイオリに文句を言うハナオがエッチでごまかされてますが、
ここは止まらないワンコ攻めで下克上して欲しいところです。

★君はやさしいは侵略者★
隠れゲイビッチがゲイタウンで男と揉めている時に助けられ、
お礼も兼ねて酔った相手に襲い受けしたワンナイトでしたが、後日大学の先輩後輩として再会。
後輩には気づかれずに済みますが…。

遊んだ相手の変態プレイが嫌で逃げているビッチ先輩ですが、この変態男がしつこい。
だからこそ同意のない行為について、今までの自分を省みることができる先輩です。
このタイプのビッチは苦手で内容も好みじゃないんですが、
年下ワンコ攻めのピュアな可愛さには勝てないわ~。

★言えない恋が溶ける夜★
雪深い田舎へ転勤になった会社員が慣れない雪で困っているのを、
大学生に助けられことが切っ掛けで交流が始まる。

大学での友達付き合いに疲れを感じていた頃で、
一緒に食事をして過ごす時間が心地よくなっていく二人ですが、
新天地でやり直したかったと、会社員から異動願いで転勤した背景を伝えられ…。

雪深い町が舞台っていいなぁ~寒いからこそ温まりたいと思ってしまう。
ちょっと人生に疲れた会社員が、どこか頼りなげなのも雪にあいますね。
勝手に年下ワンコ攻めだと思ってたので、
バイの会社員が抱きに掛かった時はちょっとテンションが上がったわ。
大学生が方言だともっと良かったのになぁ。

Renta:修正はトーン描写に短冊です。

1

狼男の呪いを解くのは

本作は人外もののタイトル作とその書き下ろし後日談に、現代ものの
短編2作を収録した短編集になります。

「獣の呪いは恋で解く」
満月の夜に獣化する狼男と人間のハーフと人間の魔法使いのお話です。

今から10年ほど前、受様はまだ魔法使いとはしては半人前でしたが、
肉体労働や攻撃系が不得手で苦手な分野の仕事から逃げ出しては師匠
から雷を落とされていました。

受様は師匠に苦手な仕事をするよりも向いている研究分野の仕事をし
たいと訴えます。すると師匠孤児院から引き取ってきたという攻様を
その自慢の頭で救ってみろと持ちかけます。

攻様は狼男と人間のハーフでしたが、満月の日が近づくと変身して
凶暴化してしまうため、人の世を追われた子供でした。受様は攻様の
獣化の発作を抑えられたら、好きな仕事だけ選んでよろしいという
師匠の言葉に乗せられて獣化発作を抑える研究に着手します。

10年の期限を設けられたものの、受様は早く自由になるべく研究に勤
しみます。攻様は料理も洗濯も片付けも全面的に苦手な受様の身の回
りお世話をしながら、受様の研究に付き合いますが、期限が近づいて
きても攻様の獣化の発作を抑える術をなかなか見つかりません。

また月が満ち、受様は発作の前兆の出た攻様を鎖につなぐ事しかでき
ません。攻様は誰かを傷つけてしまう事の方が怖いからと言いますが、
受様は何もできない自分が歯がゆくてなりません。

そんな中、狼男の仕業と思われる新聞記事を眺めていた受様は被害者
に女性が多い事から獣化には生殖本能が関係しているのではないかと
思いつきます。

2人は受様の仮説を実証するため、次の満月の時に攻様の性欲をコント
ロールすべく自慰のお手伝いをする事になります。

果たして攻様は獣化の発作を抑える事ができるのか!?

栗原さんのデビューコミックスで雑誌掲載された3話分+書き下ろし後
日談がタイトル作になります。

帯の「狼男×魔法使いの十年愛 獣の呪いは月夜に彼を狂わせる」とい
うキャッチコピーが良かったので購入しました。しかし全くもって
「十年愛」感が不足してました (>_<)

攻様の受様への切ない恋は感じられるし、受様が攻様を大事に思うから
こそ恋心を封る事にするのも判るけど、10年間のあんな事とかこんな事
とかあってこそ「十年愛」じゃないですか!?

しかも受様が魔法使いとして活躍する場面もなさ過ぎです。受様が魔法
使いとしてすごい魔力を魅せるシーンがなく、自分を「人ならざる存在」
というほど魔法使いに特別感が感じられませんでした。

とは言え、年下ワンコが無自覚に受様を慕っている様子や、受様が攻様
に"普通の人"としての幸せを与えたいからと攻様の恋心を封印する展開
はけっこうグッときました♪

他の収録作は下記の通りです。

「君はやさしい侵略者」
ノンケの大学生×ゲイの大学生
ワンナイトラブなはずが思わぬところで再会するお話

「言えない恋が溶ける夜」
バイの会社員×ゲイの大学生
雪道での事故をきっかけに交流が始まるお話

タイトル作よりも現代ものの収録作の方がMYツボでしたので、次回作に
期待させて頂きます。

0

呪い…?

獣感がビシビシ伝わってくるような表紙だし、呪いを解くとかどんな展開になるんだろうと期待して読んだのですが
ハナオは狼男と人間のハーフということなので
満月の夜に獣化してしまうというのもあまり驚きはなかったです。
そして10年かかって研究したのに結局性欲でコントロールする、という解決策になってしまうのかー、と物足りなさを感じました。
そもそもイオリが魔法で呪いを解く、とかではなかったのですね(汗)
10年どんな研究してたのか、逆にそこが気になりました。

0

呪いの解決方法は恋??

表題作はファンタジー、同時収録2作入ったデビューコミックス。

肉体労働や攻撃系魔法など苦手分野をサボってるところを毎度師匠に怒られる魔法使いのイオリ。
師匠に「満月に獣化して暴れる狼男のハナオの呪い」を10年以内に解けば今後得意分野だけしててもOKと条件を出され、ハナオと暮らし始めて10年目。
ズボラなイオリと世話焼きのハナオ。

狼男のワンコ攻めは可愛かったですが、全体的にちょっとよくわかりませんでした。
結局呪いは何だったのかな??
ハナオがイオリに恋をし始めてるのに気付いたイオリが魔法でハナオの恋を抑え込んだけど、あれの真意は…ハナオの為風な流れでしたけど。
何となくゴチャって感じで読解力のない私には呪いの解決方法もよくわかりませんでした。

同時収録はビッチがうっかり酔っぱらってる童貞ノンケをくっちまって、後日自分とのセックスは覚えてるけど顔は覚えていないと言う塩谷と大学で後輩として再会する話。
初セックスの相手が先輩だったと塩谷が気付いたところで終わるので短編感溢れるお話でした。

個人的には同時収録2作目のバツイチでバイのリーマンとノンケ大学生のお話が短編でしたが好みでした♡

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う