特定の人を忘れる病【人魚姫症候群】。親友のケイの記憶を無くしたナツは医者にこの病気は『想い人を忘れる病』だと告げられ!?

コミック

  • 人魚姫症候群 記憶喪失でも、またきみに恋する

人魚姫症候群 記憶喪失でも、またきみに恋する

ningyohime shoukougun kiokusoushitsu demo, mata kimi ni koi suru

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作人魚姫症候群 記憶喪失でも、またきみに恋する

啓塚 翔(ケイ)、高校生
夏野(ナツ)、人魚症候群が発症した高校生

その他の収録作品

  • 描き下ろし

あらすじ

特定の人物だけ忘れてしまう病気【人魚姫症候群】。自分には関係なかったはずが親友のケイだけ忘れてしまったナツ。医者から人魚姫症候群は『好きな人を忘れる病気』だと知らされ、学校で病気バレ=恋心バレを危惧したナツはまだ詳しい症状を知らないケイに親友のフリをお願いして…?特別優しい訳でもないケイのどこが好きだったのか?最初こそ分からないナツだったけど、雑に見えて意外と優しかったり距離が近かったり…。記憶がないはずなのにまた好きになってしまいそうなナツに、医者からある残酷な治療法を告げられて――? 秋水社の公式HPでは、1話目が無料で立ち読みできます!

作品情報

作品名
人魚姫症候群 記憶喪失でも、またきみに恋する
著者
せとぜっと 
媒体
漫画(コミック)
出版社
秋水社
レーベル
Daito Comics BLシリーズ
発売元
大都社
発売日
電子発売日
ISBN
9784864956703
4

(8)

(3)

萌々

(2)

(3)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
4
得点
32
評価数
8
平均
4 / 5
神率
37.5%

レビュー投稿数4

シリアスと青春

目を引くタイトルながら、それがどんなモノかわからない得体の知れなさがとても気になって購入。
帯の言葉にもかなりインパクトがあって惹きつけられました。

特定の人のことだけを忘れてしまう病気「新型健忘症」にかかってしまったナツ。
いつも一緒にいた親友・ケイのことを忘れてしまったことや、新型健忘症が別名「人魚姫症候群」と呼ばれる理由や治療法など。
わりと序盤で明かされるどれもが切ないことだらけだったので、かなり苦しい展開になることも覚悟で読み進めました。

でも読んでみるとすごく重たいお話ではないのがわかり、そして切ない部分だけが際立っているわけではないので、そこに引っ張られずにふたりの関係をしっかり見ることができたかなと思います。

忘れてしまったケイとの日々を取り戻すためにたくさん一緒に過ごして、そしてまた恋に落ちていく。初々しいナツの反応にキュンとしながらも、その感情が死と隣り合わせという残酷さに胸が締め付けられました。
恋心の行き着く先にギャップがありすぎなのが怖い病気だけれど、告白が失敗することはないのがケイの反応から伝わってくるので安心して先に進むことができたかな、と。
無事に両想いになるのを見届けられて本当に嬉しかった!

シリアスめな展開の中にしっかり青春が感じられるお話ですごく面白かったです。

1

ニコイチの片思いに萌える

主軸になっている設定がめちゃよかったです…!

でもあと2話ぐらい厚みが欲しかった感はある。
とても切ない設定の割にあっさり読み終わって、
え?もう終わり???(゚Д゚)???みたいな。

表紙と帯のインパクトを期待してたけど
涙腺にくることも心を抉られることもなく読了。
悪くないんだけど勿体ないな…って印象でした。
(何様感想でごめんなさい;)

と、ここまで書いといてなんですが、
ストーリーの軸はよかったんですよね~!

両思いならば記憶を取り戻し、
失恋ならば待っているのは死ーーー。

(生きるか死ぬかの記憶喪失怖すぎん…?)
(けどこういう極端な切ない設定大好き民)
(帯が一番萌えたね…)
(あとさー、『人魚姫症候群』ってのも良)

切ないというよりは甘酸っぱ寄りのお話だったと思います。

個人的にニコイチ高校生が大好物なんですが、
ニコイチで片思いしてるシチュ刺さりません…???

心ん中で密かな想いを抱えながら隣をキープしてて、
心ん中で本当は隣ポジが苦しくても離れられなくて、
好きって気持ちばかりが膨らんだ爆弾を常に抱えてるーーーみたいな。

そういうニコイチ片思い大ッ好き…!
好きなのに好きって言えない苦しさが、
『人魚姫症候群』に絡んで展開するのが良かったです。




(以下、大ネタバレ注意)

両想い後は感動的なシーンではあったけど、
過去の記憶喪失はどうやって思い出してたんだろう?

病気の治し方って、
 ・両想いなら完治
 ・失恋なら死
 ・告白せず生きるルートは記憶は戻らない
って設定なんですよね…???

攻めが受けを意識したのは3回目からみたいだし、
その前の2回は何をどうして記憶戻していた…?
受けが告白を選択したのは今回が初めてだよね?

記憶喪失5回目のメカニズムがよくわからず、
疑問が引っかかってしまい萌えが削がれました;

記憶喪失の前後関係などがもっと知りたい。
もう少し補足があれば没入して読めたと思います。
まじ設定はいいのに勿体ない…;

1

二周するとより満足


素敵なストーリーでした!

帯を読んだ第一印象としては重めのシリアス作品かなと思い読み始めましたが、
シリアスになりすぎずライトに読めたと思います。



「人魚姫症候群」は片思いの人を忘れてしまう病気なのですが、思い出すには告白して両思いにならなければならないというものです。そして失恋すると命を落とすかもしれない博打のような治療法。

過去は思い出せないけど相棒のままで過ごすか、告白して両思いになって思い出すか、失恋して命を落とすかの3つの選択肢が実質ありますが、主人公たちがどの運命に辿るのかドキドキしながら読みました。

結末としては驚きはありますが、バドエンやメリバではないです。しっかりハピエン。

そして結末の驚きを胸にもう一度読むとあら不思議

一周目ではナツくんがんばれ!!!!という気持ちで読んでいましたが、二周目はケイくん!ケイくん頑張るんだ!!!となります。

展開が早い気もしましたが、某シーンで展開の早さにも納得がいきます。

二周することでより満足感、気づきが増える作品だと思います。ぜひ再読するのをお勧めします。





2

ピュアで切ない ストーリー性が素晴らしい

ケイ×ナツ


新型健忘症という記憶喪失が高校生に襲いかかるのお話。
幾分ピュアで、ちょっぴり切ない、ちょっと深刻。
ラストの展開に驚かされた。


新型健忘症を罹ってしまったナツが、
忘れてしまったのは、同級生でゲーム世界の相棒のケイ。

その後、ナツが知ったのは、
新型健忘症は好きな人のことだけを忘れてしまうことや、
治療法があるけど、失敗したら命が危ないこと。
恋のために命をかけるような病気だから、
人魚姫症候群とも呼ばれていることだ。

ナツにとって知らない人のケイが、
少しチャラっぽくて、優しそうにも見えないから、
ケイのことが好きだったのかという疑問がナツ自身の中で浮かび上がる。

一方、ケイにとってナツは相棒であり親友であり。
ナツに寄り添いて、記憶を取り戻すために協力してくれる。

その過程で、

読者がナツと同じように、
なぜケイのことが好きになったのか、
2人がどんな関係だったのかに気になりながら読み進む。

2人の間に漂う独特の空気感が感じられて、
その距離感が近づくたびに、
戸惑いつつも徐々にケイに惹かれていくナツ心情の変化が注目で、
ナツの孤独感や寂しい恋心も少しずつ明らかになる。
2人の元の関係性がはっきりと掴みにくいもので、
まさかの・・・!驚きと同時に心がギュンと締め付けられた!

本当に感動的で、
記憶喪失王道の寄るけど、
ストーリー性が素晴らしかった!

ただ、絵やエッチシーンについて、
改善の余地がたくさんあるかなと感じた。

結末を知ってから、
ケイの気持ちが気になる。
ケイの方が悲しかったのだろう。きっと。
彼の心理も少し描いて欲しかった。

読後感が非常に良かった。
心に響く余韻が残る作品でした。

2

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP