その男、凶暴につき

その男、凶暴につき
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1
平均
1 / 5
神率
0%
著者
灰原桐生 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
安曇もか 
媒体
小説
出版社
ビブロス
レーベル
ビーボーイノベルズ
発売日
ISBN
9784882714750

表題作その男、凶暴につき

凶悪凶暴危険極まりない雰囲気の極道の息子な弁護士
天使の美貌の持ち主で向こう見ずでファザコンな大学生

レビュー投稿数1

年上の凶暴な恋人

 千尋は天使のような美貌の持ち主でありながら、かなりのファザコンだった。
 千尋が幼い頃に母親が亡くなり、それ以来、父親と二人、仲良く生活してきたのだった。けれど、千尋が大学に入った頃、父親が海外に転勤になってしまい、恋人ともの千尋のファザコンのせいか長続きせず、今は一人さびしく生活していた。
 そんな彼がある日泥酔して絡んだのは、凶暴凶悪危険極まりない雰囲気の男、砥上秋一郎。千尋はあろうことか、彼のフェラーリに向かってビールケースを投げつけたのだ……。
 慌てて逃げ帰った千尋だったが、後日、千尋の通う大学を突き止めてやってきた凶悪な顔をした秋一郎は、勇虎会というヤクザの息子で、現在は弁護士、という壮絶な肩書きを持つ男だった。そんな彼が千尋がぶっ壊したフェラーリの代償にと、出した提案とは!?

 ちょっとファザコン気味だった千尋には、年上の男性がちょうどいい……。
 父親の代わりに年上の男性にちやほやされるのが、ちょうどいい……。
 というのは、よくわかると思います。

 冷静に見てみると、年の割に、子供っぽい秋一郎の大人の包容力がいいのだと思います。凶暴で凶悪な見た目なのにモテるっていうのが、一体どういう状況なのか、個人的にはよくわからなかったりするんですが、やっぱりそういうのが好みな人もいるんでしょうね。
 ただし、この秋一郎、かなりあくの強いキャラクターなので、普通のBLっぽいものを期待している人には、ちょっと厳しいかもしれません。
 見目麗しい目の保養になるような美形カップル! っていうのとは、ちょっと違うので。
 かなり、バイオレンスではちゃめちゃだと思うし。両方とも直情型だから、暴走し始めたらブレーキが効かない……かなりテンションは高いので、読むときは覚悟してくださいね!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う