• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作きのこの谷の、その向こう

高坂康行,34歳,謎の山守
内野真佐人,25歳,ピアニスト

同時収録作品きのこの谷の、その向こう

鶴来,高坂の知人
内野昭良,23歳,ヴァイオリニスト

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

山で遭難した真佐人は、クマのような身なりの高坂に助けられた。だが、真佐人がひた隠しにしてきた恥ずかしい秘密を知られて……。

作品情報

作品名
きのこの谷の、その向こう
著者
名倉和希 
イラスト
小山田あみ 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784576150369
3.3

(81)

(7)

萌々

(36)

(26)

中立

(4)

趣味じゃない

(8)

レビュー数
15
得点
261
評価数
81
平均
3.3 / 5
神率
8.6%

レビュー投稿数15

紛うことなき神作品

 童貞処女の真佐人が、高坂の性技にベタ惚れになって、キスと手コキよりも先のことをして欲しいと思い、禁欲生活中の高坂をゴリゴリに誘惑する真佐人がエロい。はじめて尻の穴を触られても、反抗せず喜ぶ真佐人が可愛い。このえろ可愛さが引き出せるのも高坂の攻め力が高いから。

 体格差は、真佐人が小さいと言うよりも、高坂が背も体格もうんとデカい。並x小じゃなくて、大x並なのが良い。
 中出し後、高坂が掻き出すために指を入れたとき、真佐人がやだやだ! って拒否する理由が、恥ずかしいとか汚いからではなく、勃っちゃうから! っていうのが可愛い!!!!
 たった一日で淫乱になってしまった真佐人が受けの神すぎる。
 攻めにベタ惚れなのが可愛い。
 
 高坂x真佐人と、鶴来x昭良の2カプが同じ部屋で互いに見られながらのシーンは悶絶物。挿れられながらの兄弟二人のやり取りもエロい。

 唯一の欠点は挿絵ですかね。攻めの肩幅広すぎ、顎でかい、頭蓋骨が小さい、ミサワ並に顔のパーツが中心に寄ってる。

 番外編SSも非常に素晴らしいので是非読んで欲しい。
 鶴来x昭良の話ももっと読みたい。

1

チ●コの秘密を知りたくない人は読まないで(^^;)

とにかくチ●コの秘密が知りたくて購入。
私が想像してた秘密とは全く違って楽しめました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

童貞のくせにチ●コに真珠!!!
何故そんな体になったかというと「罰ゲーム」
若気の至りとはまさにこれ…。

そしてこのお話の始まりも罰ゲームから。
山に入って松茸を取って来ること。
だけど山で遭難し助けてくれたのが今回の攻。
そこで自分の秘密がバレて流されまくりの初エッチ。
その日が初対面で、次の日初エッチで、もう両想い?!
と数日での急展開ですが、そんなことは気にならないくらい面白いです。

そして罰ゲームとくればその相手がいるわけでして、
なんとそれは義理の弟。
全ては恋愛込の超ブラコンから始まったようで
真珠という罰ゲームをしたのもすべては兄を自分のものにするため。
確かにその真珠が恥ずかしくて誰とも関係を持てない兄でしたが
今回のような攻もいて掻っ攫われてしまった訳です。

でもこの弟、兄に事が好きだといいつつ下が緩すぎ?
兄が数日で恋に落ちてる間、弟の方も攻の友人と…。
兄を取られてキャンキャン吠えるわりには体は別物。
だけどすでにこの弟の方も恋に落ちてるよね。
素直な兄も可愛いと思いましたが、この弟の方も結構…。
なにせ相手はかなりのドSとみたっ!!!
これは弟カプでも1冊希望ですよ。




9

この兄弟に学習能力はないのか

受けは罰ゲームで山に入り、遭難して攻めに助けれれる。 ちょっと世間知らずの坊ちゃんです。 それに少しイラつきつつも素直な性格なので親しみが持てます。 助けられたはいいが彼には凄い秘密が! まったく金持ちは何考えてるか解らないですが、なんと童貞なのにチンコに真珠? 義弟との罰ゲームで入れられたらしいのですが、なんで抵抗しなかったんだろうか逆に不思議に思ってしまいます。 それはさておき、それを攻めに知られあれよあれよとなる訳です。 そして恋に落ちというパターンですが、義弟という存在を忘れてはいけません。 なんとなく先が読めますが、思った通りのブラコンでした。 彼は彼で攻めの友人においしくいただかれちゃってます。 この兄弟家の庭環境的に愛に飢えてるのがみえみえなので、相手がこれくらい大人な攻めでちょうどいいのかも。 キャンキャン吠えても可愛いだけだし。 コミカルなお話でした。

4

楽しかった

ただただ面白く読みました〜。

読んで楽しんでそれで十分な一冊だと思います。エロもよかったし!

3

○○ほど可愛い

先生買い。あほな子ほど可愛いという表現がしっくりくる爆笑エロ話でした。楽しかったので萌2にしました。本文230P弱+あとがき。名倉先生で2カプ同時プレイなんて読んだの初めてな気がします。地雷な方は一応ご注意ください。

ヴァイオリニストの弟とのデュオで人気あるピアニストの真佐人(まさと)。弟とのふとした遊びで、めっちゃ都会っ子&軽装備なのに山に分け入り松茸を探す羽目に。(あほか と思うのですが、行っちゃうんです)案の定、道に迷い滑って足を挫いて半泣きになっていたところ、熊と見紛う男が助けてくれて・・と続きます。

メインカプ攻め受け以外の登場人物は
昭良(受けの弟、イケメン)、鶴来(攻めの知人)、その他攻め受け関係者モブたち。鶴来がいじめっ子気質っぽくてすごく気になるんですが、同人誌しかないのかなあ・・・?

**良かったところ

受けがとにかく(ごめんだけど)アホ。最高に楽しいアホ。ツッコミどころ満載なアホで嬉しくなってしまいました。本能の赴くまま、とっても気楽に生きている気がして、かなり羨ましい。しかもピアノの才能あるなんていいなあ。

攻めさんもかなりフリーダムな方。初めて会った受けを気に入ったからって、さくっといただいちゃうわ、側にいたいからと画策して職環境を変えようとするわ、可愛いのを見せびらかしたいんだか、弟の前でやっちまうわ、ああ自由人。

生真面目な恋愛ものがお好きな方には、ちょっとこの能天気さんたちは難しいかもしれません。力を抜いて、自由であほ可愛い内野兄弟を愛でられて、私はめちゃ楽しかったです。きゃんきゃん吠える弟も、なんだかんだ言ってあほ可愛いです!

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP