キレパパ。水鬼オリジナル外伝 そして誰もいなくなった銀雪館【BLCD】

kirepapa

キレパパ。水鬼オリジナル外伝 そして誰もいなくなった銀雪館
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
50%
媒体
BLCD
作品演出・監督
阿部信行
音楽
宮麿
脚本
青井一葉(本編)/桑田瑞紀(朗読劇)
原画・イラスト
高城リョウ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
Bell season records
収録時間
116 分
枚数
2 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日
JANコード
4562216620039

表題作 キレパパ。 水鬼オリジナル外伝 そして誰もいなくなった銀雪館

榊俊介 → 櫻井孝宏

鷹司千里 → 緑川光

二条翔(水鬼) → 諏訪部順一

鷹司里樹 → 宮田幸季

その他キャラ
鷹司千尋[森川智之]/ 船場真[杉田智和]/ 鷹司千鳥[羽多野渉]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

ちょっとシリアス過ぎたかな…

『キレパパ。』の外伝ということで、ストーリーは原作漫画には全くないオリジナルストーリーです。
今まで『キレパパ。』1~3のドラマCDを聞いてきたのですが、こちらの作品の雰囲気はそれらとは全く違うと言ってもいいと思います。
俊介が書いているミステリー作品がクリスマスのスペシャルTVドラマになるという事で、その撮影現場を見学する千里と里樹。
その作品に合わせてメインのお話はかなりシリアスでサスペンスの雰囲気で、コミカルなのは最初と終わりの部分だけです。
本編の雰囲気を期待しているとかなりの違いに驚くかもしれません。
ネタバレになるのですが、カップリングにも変化があるので、原作のカップリングで聞きたい方は要注意です。
お話自体は凝っていて、ラストまでどうなるのか聞かせるお話だと思うのですが、オチがなぁ…私はちょっとがっかりしちゃいました。
私はミステリーやサスペンスも好きなのですが、評価を中立にしているのはやはりこの作品に関してはいつものギャグっぽさがもう少し欲しかったかなというのとオチに対しての評価です。
撮影場のガヤがメインキャラの声優さん方が演じられているようなので、そちらも注目。

2枚目は朗読劇、BGM集、フリートークになっています。
朗読劇は限定版の原作漫画3巻についていた小冊子の内容に追加されたものと、漫画の1巻と多分2巻のセリフがいくつか挿入されてたと思います。
緑川さんがいくつかの役を一人で演じられていて、色々なお声を聴けたのが個人的には嬉しかったです。
俊介は櫻井さんが演じられていて、櫻井さんも少し朗読部分を読まれています。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ