オトコの花道

オトコの花道
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×25
  • 萌10
  • 中立10
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
24
得点
135
評価数
45
平均
3.3 / 5
神率
33.3%
著者
笠井あゆみ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784812471630

あらすじ

フェロモン過剰。魔性の美少年降臨!!
著者初の完全オリジナルコミックが遂にコミックス化!!

表題作オトコの花道

無口で硬派な剣道青年 川端武蔵
無自覚にフェロモンを振りまく少年 甘夏コウタ

その他の収録作品

  • 擬音でぬっぽん
  • 快眠家族
  • B-MEN
  • 秘境探検姉の部屋
  • 未確認飛行仏陀
  • はじめてのおつかい
  • 零人
  • 海鮮
  • 淫獣学園
  • 一撃必殺愛の突き!!
  • 天然の人々
  • あとがき

レビュー投稿数24

BL?

笠井先生のコミックスがあると聞いてポチらずにはいられませんでした。
がー、なんという、あの耽美な絵からは想像もできないナンセンスギャグのオンパレードです!!なので、”萌”という点数的には低いんですけど、ただ笑いたいという方にはお勧めです。徹頭徹尾ギャグでした。

個人的には美少年・コウタが純潔を守るシリーズが好きでした。(これもっと読みたい…)コウタ(受)、武蔵(攻)、寅之介(攻?)の無自覚三つ巴で、ガッツリ本格BLにしてもらいたいくらい…。
白い部分がほとんどないくらい、めちゃくちゃ書き込まれているんですよ(めっちゃ黒い)。スマホだと拡大につぐ拡大が必要になりそうなレベルです。意外にも紙版がまだ入手可能でしたので、在庫があるうちに入手されるのがよいかと。。

耽美は極めるとギャグになるんですね。
(ちょっと梅〇かずお氏っぽいな…と思ったり)

0

コウタの純潔は

レビューを見ていてもたってもいられず即ポチリました!

表紙が爽やかで普通の子?服も着てる。
この3人があの3人だったんですね。あとがきを読むまで気が付きませんでした。

笠井さんといったら小説のイラストで勝手にお世話になってます!いつもため息がでるほど麗しい絵を堪能しております。

ですがこのコミックはギャグ漫画です。
ページを開いてみると黒い!と思いました。コミックだもんなあ。

情報量が多すぎてついていくのに必死です。
あぁコウタ、あなたの純潔は…。
武蔵よ、あの夢は…。

コウタが色々すごすぎて、また女子キャラもとっても面白く盛りだくさんでした。
武蔵と現実でもくっついてほしいな。

正直コウタの話でお腹いっぱい。なんといっても情報量が!

笠井さんはギャグ漫画家になりたかったんですねえ。
イラストの攻めっぽい攻めや受けっぽい受けばかりしか知りませんでしたが、色んな絵が見れて良かったです。

1

絵にそぐわないコメディだった

Amazonで中古本を購入。これは、紙版のほうがきっと、味わいを楽しめます。

本当に面白かった。爆笑の連続、頁をめくる都度の爆笑(殆ど4コマ漫画だから)
作品は、年代バラバラ、いずれも古いものです。
端麗な表紙やイラストを作画される笠井あゆみさんに抱いていたイメージが、ガラガラと崩れる、壮絶なコメディでした。
ド根性カエルのパロディとか、もう、色々・・。
titleの「オトコの花道」にどんな意味を込めたのか謎です。あとがきに、「ギャク漫画家になる」野望を持っていた、と書いてました。(表紙イラストの帯位置に淫靡な絵をしかける悪戯心)はソレのため?。野望を諦めて無いってことでしょうか。

魔性の美貌の持主の主人公は、夫々が常にクール。
笑わない、乱れない、淡々と語る涼し気で純真な美少年。表紙の二番目の黒髪、黒目勝ちの瞳の美少年。
こうた君の背後のポヨヨン霊は小さなひよこ。
乱れて、勝手に悶えて、まとわりついているのは、回りの筋肉質な学友たち。いつもこうた君の周囲だけ、局部的に電車がムンムンと混んでいる。
興味を持ったら、是非読んでみてください。
絶対笑います、ほんとに面白いから。

神。

4

表紙詐欺w

数年前に刊行されてる作品です。
用途は人それぞれですが・・・私にとっては疲れた時や癒されたい時に度々読み返す大好きで大切な漫画のひとつです。

笠井あゆみ先生と言えば、もう毎月様々な耽美でエロティシズム満載のイラストを手がけられていますが、その耽美な絵で描かれる最高にシュールで愛らしいギャグ漫画です。
表紙からは想像できないめくるめくワールドが繰り広げられてます。
破壊力抜群です。
これどもかという位、濃い~ですっ!
誌面から溢れ出るセンスはもう神がかってます!
ぜひまた表題の甘夏コウタ君とピーちゃん達の続きを見たいですっ!

このシュールで耽美でおバカな作品、ぜひ沢山の人に読んで欲しいです~!

3

もう、貴女から離れません

月夜絵や、夢みさしゃんせが出た頃、私は笠井あゆみ先生に恋をして、2つをバイブルのように毎晩紐解いてはこのように美しく生きて行きたいと、叶わぬ願いと恋心にため息をついておりました。

そんな頃、先生がギャグ漫画を描かれていると知り、それを実際に目にして、私はショックでもはやこの2冊の画集で夢を見ることが出来なくなりました。

それから〇〇年、この漫画を読んで、私の頭の中は順調にこの漫画世界のセンスで成長を遂げていることに気がついたとき、

ユリイカ!!!

と叫びたくなりました。

私は、再びあゆみ先生への愛を取り戻しました。

あの頃は・・・本当に子供だったのね私。

先生、もう私、貴女から離れることはありません。

5

笠井先生の特濃♡ギャグ

私、霧笛丸は絵がてんで描けないので絵師と呼ばれる方々には格別の憧れがあります。中でも笠井先生の絵は大好きなのです。
攻めは逞しくセクシー、受けは何とも妖艶、笠井先生が
手がけられた表紙にはいつもウットリ…bl耽美画の第一人者といって過言ではないでしょう先生のコミックは、目から星ものの突き抜けたギャグ漫画でした。
表題作「オトコの花道」からラスト「天然の人々」まで、ギャグに賭ける熱い思いがビンビン漲っていまして、ああ笠井先生はやっぱり天才肌の人なんだろうと私は思いました。
妥協を許さぬ絵と、休みなしに繰り出されるギャグ!
天才肌の人間が持つ我が道を突き進む姿勢と、カオスな世界がこの一冊にはありますね。
一番古いのは94年のものから2007年のものまで、12作収録されていて、その割にはページ数は少ないのですがどれも大変濃密で、読み終えるのに予想以上に時間が掛かりました。
勝手に思い描いていたイメージとのギャップから初めはたまげましたが、私はこういう全力ギャグは大好きです。
オトコの花道は、可憐な容姿で無自覚に色気を振りまいている甘夏コウタの純潔を守り抜こうとする、青春ギャグで、どのコマも絵は大変素晴らしくて笑えます。武蔵くんがかっこ良くていーいですねー、特にハダカが。

こうしてみるとあれですね、笠井先生の超美麗な表紙の数々にも独特のユーモアがある気がしてきます。でなきゃ、あんな帯ギリッギリの所にとんでもないエロは仕掛けられませんよ、きっと。
逞しいイケメン二人がキメてる表紙に、どっちが攻めで受け?なんて思ってると、受けは後ろに小さくいたりもしますしね!
笠井先生の野望はギャグ漫画家になることだそうです。耽美からは離れて欲しくはないですが、出版社さんには是非先生の願いを叶えていただきたいものです。
最後に、先生の才気溢れる詩を一節抜粋してシメと致します。「さあ まっすぐにオレを見ろ ラブラブラブラァブ スナイパー」イエー☆☆

2

我が道を行く、シュールの極み

笠井さんの絵は一枚で見ると耽美な雰囲気や精密さに素晴らしいと感じるが、小説の挿絵に関しては個人的には手放しで誉め讃えるのは内心微妙なんだよなぁ。
以前なら物語の相乗効果で絵の綺麗さにもうっとりできたのだけど、どうも最近は物語本来の味わいよりもこの人の絵の自己主張のほうが強く感じて小説が読み辛くなってしまい、本屋で頻繁にこの人の絵を見かけてもそのBL小説を読みたいとは思えなくなってきた。

そこで、この100%笠井さん作の漫画ならばそんな不満も無問題!!、
のはず…。

…と信じていたらこの漫画、ギャグというよりもひたすらシュールさを追求した趣で、てんで話が頭に入らねーじゃん!!(笑)。
それなのに、「こんなんBLともギャグともちゃうやん!!」って心の中で叫んでいても不意討ちでプッと吹き出すシーンもあったりするもんだから油断ならないわ~。
個人的には霊能力のある女の子とか漫画書いているお姉ちゃんとか、ヤクザの姐さんでもあるおかんとか、女性キャラが出張る話の幾つかが面白かった。

男性キャラクターのほうもお馴染みの美形さんだけだはなく、モブ、未確認生物に某大御所漫画作品からの借り物キャラ(大丈夫?)と見境なく、思いっきり笠井さんの描きたい放題で弾けまくっている。
おまけに各ページどころか各一コマの描き込みに力が入っていて劇画並みにアクション連発しすぎなせいで、一体どこで一息ついていいのか解らなくなってくる(笑)
妙にネタ元のセンスや感性に1980年代の香りが漂っている気もするし。

結局はギャグよりも強烈なインパクトのほうでグイグイ押された感が強いけれど、個人的には小説の挿絵よりもこっちで独自の冒険をしている笠井さんのほうに好感が持てるかな…。

2

なんかもうツボすぎる

数々の美しい表紙カバーで知られる笠井あゆみ先生が、まさかのギャグ漫画家を名乗るのが夢だったとは!

タイトル作品「オトコの花道」、無自覚フェロモン美少年・甘夏コウタがいいですね。素直で可愛い。しかも電車で自分に群がっている人たちに気づかないほど超鈍感なところも面白い。途中まさかの展開で平面化・武蔵くんの前側にピ○ン吉してしまうくだりを見た瞬間、笠井あゆみ先生の卓越したギャグセンスに思いきり噴きました。なにこれ!?面白すぎるでしょ!!

その後の剥がすところ、、コウタ君の重大発言から思いきりエロいんですがこれが笑えてくるんですからスゴイです。危うい男・寅之助と武蔵もなにやら面白そうな展開ですし、個人的には怨田滅美さんのぴーちゃんウォッチがどうなるのか気になる。武蔵にコウタが夜な夜な調教されていくうちに、ピーちゃんも成長してニワトリに……ならないか。うーん。

他の作品も破壊力抜群のダジャレネーミングとギャグですが、できれば甘夏コウタ主人公のお話のみで一冊にしてほしかった。
続刊出ないんですかね?めちゃめちゃ読みたいんですが!

1

面白いか面白くないかでなく貴重さで

笠井さん、なんて謎な方なの…
あの耽美絵でなぜギャグ漫画(汗

一話目の主人公のコウタは一生清い体(童貞=異性との未性交渉)でいるんだ!と決意しておりますが、さすが魔性の美少年。
全校生徒、いえ、世間の男どもから不埒な視線を浴びています。
つねに狙われておるわけです、その貞操。
魔性の美少年といいますと、麗人の表紙の彼を思い浮かべますね。
ビジュアルは黒髪であんな感じです。
しかしお気の毒な寅之介(コウタの幼馴染み、でも痴漢)、まさかコウタのバックバージンを武蔵(クラスメイト)に先を越されるとはー。
言葉通り事故だけど。
やっぱりこっそりコウタに痴漢したり、ぬいぐるみにコウタの名前つけてチュッチュしてる変態君は運を逃しますねえ。
もっとこの続き読みたかったー!
そしてもっともっと笠井さんの合体シーン見たかったー!
ギャグ自体は突っ込み中心の極々普通のものなのですが、この作品の価値はやはり、四コマ漫画の小さな一コマ一コマにあの笠井さんの細かい絵が描かれているというところでしょう。

表題作は四コマなのですが、他は普通の短編ギャグ漫画となります。
が、後半は昔の笠井さんの絵だなあ。
懐かしいけどやっぱり今の方が好きでした。
昔の絵柄をこうして見直しますと、ホラー描かれたら名作になりそうな絵柄でした…

7

ギャグのツボ

あの麗しのイラストを描かれる笠井さんのコミックと聞いたら手に取らねば!ということで購入してみました。

レビューを拝見していたので中身はギャグものだということは理解したうえで購入しましたが、想像以上の不思議ワールドでした。表紙は青空の背景に制服の高校生。なんともまあ美しいし、想像も掻き立てられます。しかしその想像をバッサリと裏切る内容でした。
前半は面白かったです。天然ちゃんの総受け(だよね…?)の彼と、その彼を狙う面々。この内容で丸々一冊だったら「萌」だったのですが、後半に至ってはさっぱり分からない。内容もだけれど、絵柄とか吹き出しが細々と書かれているため読む気力がそがれます。

綺麗な絵柄でギャグ漫画、というのは全然OKなのです。むしろギャップ萌えすると思う。けれど、そのギャグがどうしても面白いと思えなかった…。絵柄とか内容が、あの不朽の名作「ま○とちゃん」を彷彿とさせました。ああいうノリやギャグが面白いと思える方はこの作品も面白いと思えるんじゃないのかな、と思いました。

高評価を得ている中で評価下げてごめんなさい。でもこういう感想もあるってことで。


5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う