侘びとエロスのお稽古【BLCD】

侘びとエロスのお稽古
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
91
評価数
22
平均
4.2 / 5
神率
54.5%
著者
イラスト
媒体
CD
作品演出・監督
阿部伸行
脚本
密唯志
原画・イラスト
夏水りつ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Atis collection
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー予約特典フリートークCD(梶裕貴、遊佐浩二:本編巻末用トークも収録)
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4560223560874

あらすじ

宮瀬聡維、まだまだ男らしさには程遠い二十三歳、童貞。
そんな聡維が趣味を持つべく始めたのが市民講座のお茶教室。
ところが講師の久野は聡維好みの超美男。その日から習い事は真摯に、
夜は久野をおかずに好き放題の妄想を繰り広げる毎日。
そんなふうに侘びとエロと器用に行きつ戻りつしていたある日、
久野から「ご褒美にエロいことしてやる」の言葉が!
ついに先生をこの手で…!! 浮足立つ聡維だったが、気がつけば本性を剥き出しに
した久野に押さえつけられ、淫らな言葉とともに嬲られていて!?

表題作 詫びとエロスのお稽古

久野芳一 → 遊佐浩二

宮瀬聡維 → 梶裕貴

その他キャラ
箱田、女生徒[羽飼まり]/ 配達員[樋口智透]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

二面性もナイス!

原作未読です。

梶さんが23歳の妄想癖のあるDT会社員ゲイ…わぁお……!
それだけでも今となっては貴重に思えるんですが
遊佐さんが茶道の先生はハマりすぎていて、
流れるような説明にうっとり聴き入ってしまいます!
茶道の教材かと思う程でしたww(それはそれで贅沢だな)

聡維がひとりでスる時の妄想も大変美味しゅうございました…。
聡維×久野でも全く問題ないと思えましたが
久野の裏表の顔のギャップにずが─────んとやられましたね!!!
パンイチで片手にビールで「見たな…」の低音www
一気に楽しくなってきた……ww
でもちゃんと先生の顔もしっかりあって遊佐さん素敵!
エロいご褒美くれるって茶会前に言われたら
私ならすっ転んでお茶こぼしそうですけどもww

Track6の4:50あたりから遊佐さんのSスイッチ入った艶声!!!
更にはなんて甘えた喘ぎ声出されるんですか梶さぁ───ん!!!!!
キス音が濃ゆくて何度でもリピしたくなりました…。
慣れていない聡維が久野の舌に思う存分こねくりまわされてるのかと思うと
なんだかもういてもたってもいられないような気分に…ww
初めてでも感じちゃう聡維、
こんなにとろけるように啼いているので妙に納得してしまいました!!

翌朝の「お茶の先生みたいなセッ○スってなんだって話だよ!」に爆笑ww
確かにね、お綺麗なHって無いですよねぇwww
「侘び寂びらしい粗チン」も笑う…いいキャラしてるよ久野…!!
そこをナチュラルに演じて下さった遊佐さん流石です!!

同棲していても甘さが足りないと嘆く聡維に共感しつつ
一緒に暮らすとそうなっちゃうかもねぇ…。
でもやっぱり最初のイベント事くらいは甘く過ごしたいよね。
にしたって豆腐の切り方に文句つける先生もどうかと思ってしまった。

確かに聡維は真面目で素直で可愛かった!!んですが
可愛らしい男性が嫁とかいう表現は個人的にあまり好ましくなくて…。
いや…原作がそうだから仕方ないですけども…。

ア───姫はじめきた──!!!!
おねだり上手の聡維に先生もメロメロでしょうよ……
達するタイミングがお上手でした。テクニックですね←
最後のプロポーズも可愛らしかった!

全体的に楽しく聴かせていただきました!!

2

途中までは良かったのですが・・・

原作未読。
遊佐攻ボイスと梶受ボイスが好きな私にとってなんて夢のようなCD!と思って聴いた本作。
「襲おうとしていた人に逆に襲われる」というシチュエーションも美味しい、なんて美味しい作品なのかしらとワクワクしながら聴き始めたのですが。

全編を通して、総合的に見ればなかなか良かったです。
遊佐攻ボイスは腰砕けになるほど格好良いし、梶受の声も舌ったらずなところがカワイイ。原作を読んでいないので何とも言えませんが、イラストで判断する限りとてもナイスキャスティングだったと思います。
ストーリーもあえて言及するのもアレなくらい王道なので、聴く人を選ばない作品になってるかと。
軽く聴けるラブコメディとしては良い出来です。

ただ、一つ聴いていて疑問というか不満だった点。
この宮瀬くん、最初は久野さんを襲おうと意気揚々と妄想に励んでいた「自称攻めキャラ」だった訳なのですが、久野さんに襲われてから人が変わったように受キャラに徹しているのがどうも腑に落ちなくて、そこだけが「こんなんアリ?」って感じでした。
いやいやアンタ、仮にも久野さんを攻めようとしていたなんちゃって狼でしょ?
襲われたら快感に攫われてウサギちゃんになっちゃったの?
というツッコミを後半ずーっと入れておりました。

仮にも攻めようとしていた人が、一回襲われたくらいで「アナタのお嫁さんになります♥」なんて臆面も無く言ってしまうところが個人的に凄く残念でした。
というか正直な話、梶さんが声をあてていなければ「ちょっとキモチ悪いぞこの受・・・」となってしまいそう。
あくまで受にも男らしくいて欲しいというのが私の理想なのです。
今度は俺が久野さんを押し倒してやる!くらいの意気込みは見せて欲しかったなあ。
攻の方も、受のことを堂々「嫁」と呼んでしまうのがちょっと・・・。女の子じゃないんだから、とお節介な確認を入れたくなります。
折角の当初の設定が後半崩れてしまっているように思いました。

キャスティングは素晴らしいので、主演お二人のファンの方には是非拝聴をおすすめします。
お話的にはもう一歩、というところでした。

2

萌えました

梶君の喘ぎ声がえろくてえろくて、
お茶の先生役の遊佐さんの二重人格ドSっぷりがたまらなかったです。

何度もリピして聞いてます

2

梶さんの喘ぎが可愛い!

珍しく原作未読。
キャスト買い&阿部さん演出に魅かれて聞いてみたんですが、割と良かった。

遊佐さんが茶道の先生・久野〔攻〕を演じてるんですが、この久野が茶道の先生としての真面目で物静かな面と、俺様でだらしない面との二面性を持ってるんですね、この演技の使い分けが面白かった。
あと梶さん、喘ぎ声が上手くなってるーー!!
エロシーンは割と長めなんですが遊佐さんのオラオラ攻と梶さんの喘ぎ声がエロ可愛くていつもより良かった!
梶さん演じる聡維はリーマンでゲイなんだけど妄想だけで実体験は無し、その妄想が妄想癖の域まで行っちゃってるのもおかしい。
ただまあ、あれですな、幾ら自分が(やろうとすれば)完璧な料理が出来るとしてもせっせと聡維〔受〕が尽くしてるのに豆腐の切り方にまで文句付けられたら、そりゃ家政婦雇えやーー!!!!って気分になりますわな。
折角作ってもらってるんだし美味しいんだから文句言わず食えと!
そこは思わず聡維と共感して怒っちゃいましたですよ、はい。
特典フリトも含めると1枚でもそれなりに聞き応えがありました、原作未読なので話のまとめ具合とかは分からないんですがとりあえず原作未読でも分かり難い点は無かったです。

3

ネタバレ有 受けは可愛く、攻めはエロく(笑)

遊佐さんが茶道の講師ってことにつられて購入しましたw
お話としてはスタンダードな流れだったけど、以前聞いた遊佐×梶CDよりも、梶さんは受けスキルUP&可愛さUPしてたし、遊佐さんは定評あるギャップ(キッチリモードと大雑把モード)&エロさで満足です。

濡れ場は少ないけど、中盤で出てくる初絡みは少し濃い目かな?
遊佐さんの言葉責めが輝いてるし、梶さんの「やめてください・・・」とかの恥じらいっぷりがイイ感じです♪

ちょいちょい笑いどころがあるんですが、(受けが自分を攻めだと認識してたりで、途中梶×遊佐が妄想オチで聞けます)私としては遊佐さんのセリフの「お茶の先生のSEXらしくないってなんだよー!!(みたいなセリフ)」で爆笑しました。

過去の恋人に言われたらしいんですが、先生だからって上品なSEXをイメージされてたらしいww
どんなんだよww

フリートークでは、お二人ともエレクトーン経験があったということが発覚したり、ボナセーラ連呼されてたことが頭に残ってますw
ちっとも詫びじゃないなww

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ