WILD ADAPTER(1)(限定版)

WILD ADAPTER(1)(限定版)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
シリーズ
ZERO-SUMコミックス(コミック・一迅社 )
発売日
価格
¥1,333(税抜)  ¥1,440(税込)
ISBN
9784758056366

あらすじ

1995年、横浜――。

16歳の久保田誠人は、出雲会の支部長である真田にスカウトされ、年少組のリーダーを
任せられることになった。出雲会の幹部となり、シマを二分する東条組との諍いなどに巻き込まれる日々。
しかし、久保田はこれまでと変わらず、常に飄々として毎日を送っていた。
だが同じ頃、街では謎のドラッグ「W・A」の名前が囁かれていた。
そして連続して起こる"獣化"した遺体の発見。
少しずつ久保田の周りに不穏な空気が漂い始める――。
そんな時、久保田は路地裏で一人の猫を拾う。その猫の名は、時任稔。
これまでの記憶を失った時任と久保田の、不思議な共同生活が始まった――。

限定版はドラマCD付き!
(出版社より)

表題作WILD ADAPTER(1)(限定版)

その他の収録作品

  • ”A DRUGSTORE”
  • STAFF LIST
  • NOTE

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ハードボイルドが好き!

01年の作品の新装版。
以前Charaコミックスだったそうですが、峰倉さん作品はいつも匂いなんでこれwing系ですよね。
過去作品の生徒会執行部のパラレルシリアス編になるんでしょうか?

なんといってもどえらい主人公・久保田誠人は高校生!?
生まれにワケアリなんですが、スカウトされてヤクザ出雲会の年少組の組長になる。
何のためらいもなく人を殺す癖に、死んだ猫を埋めるシーン(彼の過去も関係)に優しい部分、ほんとうに弱い者への愛もあるのかな?とそんな部分を見せる、一体どういう人物なのか?謎めいていて、とにかくカッコイイ。
が、外見はやぼったいwww
彼を盲信的に信頼して付いて回る舎弟になった小宮の姿に愛が見える~♪
久保田、女をあてがわれても抱かない。
そんな部分に本当ならやりたい盛りの高校生なのに・・・ストイックなのか年齢の割に老成しているのか、はたまたホモなのか(否定はしているが)そんな部分もまた魅力なんだな。
とにかく全編とおして、いかに彼が残酷なのに醒めているのに魅力的なのか、それしか見えない!!
キャラ勝ち。
確かに裏社会のアレコレや複雑そうな背景もあるにはあるが、そんな難しさを感じさせないのがいいのである。

出雲組の組長が久保田にガムをやろうといって噛んでいるのを口移しでやるシーン・・・何か萌えるんですがwww
運命の男、時任との出会いはこの1巻ではラストに。
なので、この本はプロローグ。一番大事なこれからは2巻以降ということですね。

こうしたハードボイルド系は絵柄に多少古さを感じても、作品自体は古さを感じさせなくて、他の作家さんでも描かれない、峰倉さん独自の世界なので、そこが魅力で大好きなところです!

限定版付属ドラマCDは、久保田:森川智之、時任:石川英郎
全部で6冊でるのですが、それぞれについてる応募券を6枚集めて応募するとドラマCDをもらえるという特典付きです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ