朱鷺さん家は今日も大変!! 極・嫁番外編小冊子

tokisanchi wa kyou mo taihen

朱鷺さん家は今日も大変!! 極・嫁番外編小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
極・嫁 コミコミスタジオ オリジナル特典小冊子

あらすじ

本編での騒動が落ち着いた初秋の朝、玄関先に生後2ヶ月の赤ん坊いた。
朱鷺や舎弟たちに啖呵を切り、子育てをすることになり…。
赤ん坊をきっかけにした騒動を描いたお話。

表題作朱鷺さん家は今日も大変!! 極・嫁番外編小冊子

朱鷺組組長 朱鷺正宗
地検検事事務官 佐原芳水

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

隠し子発覚!?

『極・嫁』の番外編小冊子です。

本編終了後のある日、朱鷺組の屋敷の前に置いて行かれた赤ちゃんが。
添えられたメモによると、どうも朱鷺の子らしく・・・

『身に覚えがない』という朱鷺の言葉は(過去の行状からして)誰も信じず、無責任な『夫』に怒り狂った佐原が面倒を見ることになるんです。

自分自身が孤児だった佐原は赤ちゃん本人には愛情深く、周りもすっかり『朱鷺の子』として育てるつもりでいたんですが・・・


【次巻の『極・妻』に繋がってるので、そちらを既読ならわかってることなんですが、一応以下『極・妻』のネタバレ注意】


実は、佐原が(朱鷺の父親の名である)政光と名付けた赤ちゃんは、本編でも暴れていたオヤジ・沼田組長の子だったんですね~。
沼田の愛人が、何をどうしたのか間違えて朱鷺の屋敷の前に置き去りにしたらしいです。


次作『極・妻』は、沼田の次男である雫がメイン(受)ですが、この『隠し子騒動』も出て来ます。
この番外編と『極・妻』と、どちらのアイディアが先だったのかはわかりませんが・・・

イヤもう、すごく面白かったです。とにかく『極・嫁』は佐原のキャラクターですよ!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ