男子 華やかなれ(2)

danshi hanayakanare

男子 華やかなれ(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
19
評価数
7
平均
3 / 5
神率
0%
著者
あおいれびん 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
EYE'S COMICS BLink
発売日
ISBN
9784834262230

あらすじ

「俺は海虎の唯一の信頼になりたい」
男子のみで構成された『零十二華劇団』の日向瀬望は、最大のライバル・鳳海虎の相手役に指名され、恋に落ちてしまう。しかし、そんな二人の前に望の本当の弟を名乗る黒田奏が現われ、海虎はマインドコントロールされている“偽物”だと言い放つ。それを聞いた望は──? 複雑に絡み合った団員達の恋、遂に完結!

表題作男子 華やかなれ(2)

鳳海虎,零十二華劇団零月組のトップで理事長の息子
日向瀬望,零十二華劇団元零月組現月光組のトップ

同時収録作品男子 華やかなれ(2)

千尋,零十二華劇団員
朱鷺煌,零十二華劇団十二星座組

同時収録作品男子 華やかなれ(2)

黒田奏,日向瀬望の半血兄弟,編入生
涼環南,零月組娘トップ

その他の収録作品

  • 同棲始めました
  • あとがき

レビュー投稿数3

少し矛盾は感じましたが

シリーズ2冊目です。
1巻を読み終わった時にまだまだややこしくなりそうだなという予感はあったのですが、ややこしいというよりはキャラ達のそれぞれの思惑と行動に今一つ統一性が感じられなかったのが気になってしまいました。
一体何がしたいのだろうかとか、このキャラこんな性格だっけ?と思ったことが何度かありました。
それ以外は芸能という華やかな世界と全寮制の若手育成機関という閉鎖的な状況を堪能できたのですが…。
今回は前作の終わりの方で登場した望の半血兄弟の奏がそれまでに展開されていた四角関係(?)に乱入してきて、五角関係かという展開が読みどころ。
ただ、作品中最も健気な千尋と朱鷺のお話がなかったのが個人的には残念でした(ページ数の関係上仕方なかったとは思いますが…)。

0

華やかな世界の

1巻もそうでしたが、2巻はさらにですな。
ゴチャゴチャしすぎてて何が何やらわからない(;´・ω・)んー
人間関係とか、相関図とか
1巻に関してはじっくりゆっくり読んでなんとなく
察することができたのですが、間が空いてしまうとまたチンプンカンプン。
1と2と。続けてしっかりゆっくり読むのに向いてる作品かなーな雑感です。

とはいえ、幾多の困難もろもろ
乗り越えてようやく二人で一緒になるというハッピーエンドもの。
あおいサンの作品は好きなので
後々ゆっくり読み返してみようかなと思います。

0

分かりづらい

絵も話もゴチャゴチャしててすごく分かりづらいです。
特に絵は、本当に何が描かれてるのか理解するのに時間がかかるほど分かりづらい。

マインドコントロールって言葉使いたいだけじゃないのかなぁって思いました。

好きでも嫌いでもないです。
ただただ、分かりづらい。

私は目がうすーくゴチャゴチャ描いてある目が苦手でした。
でも好きな人はすごく好きになる目だろうな、とも思いました。

すごく細かく描き込んであるし、評価が両極端になる作家さんなんだと思います。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う