エスケープランチは美人秘書と 「ヴァージンハネムーンは御曹司と」SSペーパー

escape lunch wa bijin hisho to

エスケープランチは美人秘書と 「ヴァージンハネムーンは御曹司と」SSペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小冊子
出版社
オークラ出版
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
ヴァージンハネムーンは御曹司と

あらすじ

本編から半年後。
会社でランチタイムを楽しむ二人を描いた、黒川視点の番外編。

表題作エスケープランチは美人秘書と 「ヴァージンハネムーンは御曹司と」SSペーパー

ホテルグループCEO・黒川将之 32歳
黒川の専属秘書・水瀬尚史 28歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

ようやく秘書らしく

やはり生まれ育った日本の方が真面目さを活かせるのか、
はたまた本編と違って黒川視点だからツンに見えるだけか。

ともかく、本編では見せ場のなかった水瀬が
ここへきてようやく秘書らしく、しっかり者の顔を見せている…気がします。


本編から半年。
日本に帰国し、グループ最高経営者とその専属秘書として
日々忙しなく働く二人。
あのあと不正行為が明るみに出て、予想通り経営の危機に陥ったものの
何とか会社を立て直してうまくやっているようです。

経営者として優秀さを発揮しながらもリゾート気分が抜けない黒川と、
そんな黒川を秘書らしくたしなめる水瀬。
ランチミーティングを抜け出してテラスルームでゆったりする黒川を
連れ戻しに来たのに、結局また甘い口説き文句で
懐柔されてしまう・・・というお決まりのパターンですが、
やはり黒川視点のためか?本編よりはクールビューティーな印象で
対外的にみた水瀬の魅力というものが伝わった気がします。
会社での話なのでさすがにHには至らないが、十分甘くて満足度の高い後日談でしたv

0

読みたかった続き

本編の後日談です。
本編では、南国リゾートが舞台だったのですが、
こちらでは、日本に戻ってきた2人のあま~いやりとりです。

本編から考えると日本での2人は、仕事ですべきことが山積みだろうし、
大変な日々だろうと思うのですが、そんな2人のほっとした時間を
読むことができます。

黒川視点なので、もっと黒川の内面を読みたかったのですが、
SSということでページの関係から浅くなってしまったのが、
勿体ない~と少し残念です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ