「熱砂と月のマジュヌーン」初回限定封入特典

nessa to tsuki no majnun

「熱砂と月のマジュヌーン」初回限定封入特典
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌13
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

52

レビュー数
12
得点
63
評価数
20
平均
3.3 / 5
神率
10%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
海王社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
熱砂と月のマジュヌーン

あらすじ

本編から2年後。
イギリスで暮らすハッサンとファウジの姿

表題作「熱砂と月のマジュヌーン」初回限定封入特典

ハッサン
ファウジ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数12

ちょっとだけ救われた

本編がファウジにとって、あまりにも悲惨だったので
この小冊子に少しだけ救われました。
ハッサンのおかげで、ファウジの眼も多少は見えるようになっているし。
そして、他の方も言われるように、ここからの話がもっと
読みたかったです。
ですが…なんと言っても、木原さんの作品なので、
また、更にファウジに辛い試練があったりするのは嫌なので
複雑ですね。
他の作品の中に、ちょこっと幸せにしてるハッサンとファウジが
見れると嬉しいのですが。


3

相変わらずの主従関係めいたやり取りに見えるけれど…

本編の最後で気持ちを確かめ合ったハッサンとファウジがロンドンに移り住み、二年たった頃のお話。
ファウジは目の手術を受け、もののありかが分かるくらいには視力が回復しましたが、外出はハッサンに手を引かれてのようです。ツンなファウジにとっては、手をつなぐ理由があって、よかったではないですか(笑)。

夕食を食べに二人で外出したものの、「寒い、寒い」と騒ぐファウジを黙らせるため、ハッサンはファウジの口に飴を放り込みます。すっかりファウジの操縦を心得ているハッサン。二人が微笑ましいです。

帰り道、「絶対に温かいスープが飲みたい」と駄々をこねるファウジを公園のベンチに座らせて、一人スーパーマーケットに向かったハッサンは、そこで双子の弟・アントンと二年ぶりに再会します。正直なアントンは、『自分はファウジのことは好きになれないけれど…、彼がハッサンのことを愛しているのは嘘ではないのだろうと思う』、と話します。アントンは、ハッサンより人の心の機微に敏感なのですね。本編でも、ハッサンよりずっと早くファウジの気持ちに気付いていました。声を奪われた悲しい経験が、彼をそうさせたのかもしれないと思うと、胸が痛みます。そんなアントンも今は二人を温かく見守っていることに、穏やかな時の流れを感じました。

ハッサンが急いで公園に戻ると、ファウジの姿は無くて。焦って探し回るハッサンがアパートに戻ると、玄関にファウジがしゃがんでいて。抱きしめて「申し訳ありませんでした」と詫びるハッサン。ファウジは「…次からは寄り道をせずに、もっと早く戻ってこい」と返します。恋人同士なのに、相変わらずの主従関係めいたやり取り。それでも互いを温め合うように抱き合う二人からは、甘い空気が伝わってきて、ものすごく萌えます。

本編は辛い描写が多かったので、幸せそうな二人が見られてよかったです。

1

ハッサンの猫

本編から2年後、二人はロンドンで生活しています。
ハッサンは通信機器の会社で働き、ファウジは3度の手術をして眼鏡をかければもののありかがわかるくらいには回復。
しかし、ファウジは何もできないので猫と一緒にベッドの上で一日寝て過ごしているようです。
ここでのファウジは、一見何もかわっていない我儘な甘えん坊(強力なツンデレ?)でハッサンに頼りきっているよな~な様子。
一緒に外出した時、ファウジの我儘でスーパーへ行かなければならなくなり、歩きたくないと駄々をこねるファウジを公園へ置いて出かけると、そこで弟のアントンに出会う。
少し立ち話をして戻ると、公園にファウジの姿はなく・・・

不安になって必死でファウジの名を呼んで探すハッサンと、既に助けを借りてアパートに戻っていたファウジをハッサンが見つけた時のファウジの態度。
ファウジは何様?と思う位の高慢さでもっと早く帰ってこいと言う。

でも、きっとずっと一緒に過ごすハッサンにはわかっているのでしょう。
これがファウジ流の愛し方なのだと。
ひょっとすると、ハッサンは本物の猫の他に、気まぐれでプライドの高い人間の猫を飼っているような気持ちでいるのかもしれないな、なんて思えたのでした。

5

ありふれた日常

原作はハッピーエンドで終わりましたがまだまだラブラブな平穏な時間を過ごす2人が見れてなかったのでこの描き下ろしペーパーがあって安心しました。

激動の人生を送り紆余曲折を経てやっとこさ結ばれたハッサンとファウジの2年後のありふれた日常のひと時が描かれています。舞台はイギリスロンドンでファウジは目の手術を3回受けて良好状態です。
しかしながらワガママ王子のファウジは相変わらず自分勝手。そこが可愛いんですけどね。ハッサンもハッサンでファウジの我儘は聞いてやってすこし振り回されてる感がありました。原作ではハッサンのことになると必死だったファウジが見れましたが、このペーパーではファウジのことになると必死になるハッサンがみれてよかったです。
どうか2人がこれからもずっと平穏で至福なひと時を送っていけますようにと願いたくなる素敵なお話でした。

5

これは幸せなのでしょう

本編であまり愛を感じなかったのですが、この小冊子で少し萌えました。
本編を読んで、意外にあの我儘で口が悪いどうしようもないファウジが
以外にも好きな部類なのかもと思っていたのですが、この小冊子で確認出来ました。

ファウジは気ままな猫気質で、ネコスキーの琴線に触れるんですよね。
まあ、こんなに我儘な子もなかなかいないと思いますが彼らと同居している
別にゃんこさんもハッサンに懐いているようで、きっとハッサンはニャンコ気質の
者に好かれるのだろうと、そう言えば本編でハッサンを誘惑しようとした男も
ニャンコ気質みたいでしたよね。

公園で一人待たされたファウジがいなくなり、未だに目が十分に見えないのに
居なくなってしまったと、ハッサンがかなり動揺しながら必死に探す姿で
ファウジの今が幸せなのだと感じられる番外編は穏やかに読めましたね。

3

この小冊子だけ読む方が好きかも。

どういう情かはハッサンにしかわからないけど
ファウジに対して何らかの情はちゃんとあるので良かったです。
それがちゃんとパートナーとしての愛情だと嬉しいのですが
なんせ何もできないワガママ仔猫ちゃんですからね(^^;)
これからこれから!!

まさかこんなにのんびりとしたお話の前に
あんな本編の出来事があったのか?!とは思えないくらい穏やか。
ファウジの目も回復に向かっていってるし一安心。

そして今回はハッサンの動揺が読めてちょっと良かったかな。

3

ここからを膨らまして欲しかった…!

本編はアレな部分が長すぎてう~んだったけど、
この小冊子で糖度補充です。
私的にはココの部分がもっと欲しかった~!
まぁでも読めてよかったw

本編ではファウジの目が見えなくなっていましたが、
小冊子では回復の兆しがあるようでホっとしました。
なんか視力まで奪うとかやり過ぎだと思うの。
受けさんがどんな性格であっても、
その結果あそこまでの仕打ちを受けるのは納得いかなかったなぁ。

だってファウジ本人になんの力もないし。
ただのおバカちゃんだし、多分やつに行動力はないだろうから、
放置しててもラージンたちの大勢に何の影響もなかっただろうから。
もう、あそこまで行くとザマーミロなんて思えない。
そもそも人がいたぶられているのを見て喜ぶ趣味はない。

じゃあ木原先生の作品をなんで読むかって?
そりゃ最後にはちゃんと光が当たるように描いてくれるから。
この小冊子のように。
もしいじめられっぱなし~で終了したら何にもおもしろーない。

ちなみに、たがいが互角にやり合うような話だったらいたぶる描写があってもOKなんですよね。
FRAGILEのように。
やるほうに絶対的な愛があるのと、やられる方に不屈の精神(笑)があるような、
そんな話はまだ互角の条件があるから面白く思える。
これならいっそラブに発展しなくても読める。

しかしファウジって不思議な人よねぇ。
普通あんな辛い目にあったら性格変わりそうなもんなのにね。
小冊子でもあんまり変わったようには思えなかったけどww
でも確実にハッサンのこと大好きだよね(*´∀`*)
そしてハッサンのほうも本編よりももっとファウジのこと愛おしく思ってる感じが伝わってきて良かったです。

3

あれ?の後日談

読み終えたときに、あれ?って思いました。
これだけ?まだ先があった気がするのだけど・・・。
で、思い出したのは、同人誌「Novels plus mini 」で加筆されたのを、私は先に読んでいたので、物足りなさひとしおでした。

この特典でも穏やかな後日談にほっとさせられましたが、更にそちらでは、さらにハッサンのために内緒で料理をするファウジが書き足されており、ラージンとアントンの今後のむふふな関係も示唆されているという本からは推測できないビックリ具合でした。(作者様の双子は最初から「攻」のつもりだったとのコメントにええっ!でした。)

同人誌の加筆分、新装版の発売があれば収録してもらえるのかもしれませんが、本自体が2013年発行なので、まだ先の話ですよね。余談でした。

3

読めて良かった

この小冊子がなかったら消化不良のままモヤモヤしているところでした。たった数ページですが、私にとっては救済の数ページでした。ありがとうございました。ファウジの目が良くなるといいなと心から思います。頑張れハッサン笑

3

好きにしてください(笑)

熱砂の国での凄惨すぎた過去と決別し、今はロンドンに暮らすハッサンとファウジのその後を描いたショートストーリーです。
本編が架空の国での苛烈な凌辱ファンタジーだっただけに、霧にけむるロンドンという妙に現実味のある場所で穏やかに暮らす二人の日常は、ちょっと本編とギャップがありすぎな気もするのですが(笑)、まあそれはおいといて。

ファウジの傍若無人ぶりは、相変わらずなんですね~。ナントカには付ける薬がない状態なんでしょう。
でも、本編のラストを読んだ後なので、ファウジのこの傍目には超不愉快なアホっぷりがまた、ハッサンにとってはたまんないんだろーなぁ、と苦笑しながら読めてしまいます。
や、もう、好きにしてくださいって感じです。

本編のほうでも書きましたが、ラージンに一言、ハッサンがファウジを拾うほどのアホだったとは、と嗤ってやってほしかったかな。
やっぱりファウジ凌辱劇場を仕組んだ張本人として、彼には何かしら総括の言葉を発してほしかったので。
ということで、萌評価です。でも楽しめました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ