1985回分、その身で罪を償え――奇才・木原音瀬が贈る、衝撃のアラブロマンス!

熱砂と月のマジュヌーン

nessa to tsuki no majnun

熱砂と月のマジュヌーン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神76
  • 萌×224
  • 萌18
  • 中立18
  • しゅみじゃない46

--

レビュー数
43
得点
548
評価数
182
平均
3.4 / 5
神率
41.8%
著者
木原音瀬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
海王社
レーベル
GUSH NOVELS
発売日
価格
¥860(税抜)  
ISBN
9784796404914

あらすじ

石油王の息子だったファウジは、父親が倒産と同時に逃亡して困窮していた。
挙げ句、奴隷としてオークションにかけられ、ある富豪に買い取られる。主人となった男の紳士然とした態度に安堵したファウジだったが、連れられた館で待っていたのは耐え難い恥辱の日々で……!?

表題作熱砂と月のマジュヌーン

世話係・ハッサン / その他
美貌の奴隷・ファウジ

その他の収録作品

  • Ⅰ(同人誌より)
  • Ⅱ(同人誌より)
  • Ⅲ(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数43

差別とは

もともと同人誌で描きたいものを盛り込み、書き下ろしを加えた一冊との事で、この作品を通して描かれたメッセージとわ。。云々を考えず遠目で眺めるように読みました。土地的かストーリー的にか、神経がひりつくような心理描写はありません。
「マジュヌーン」とは、ジンに取り憑かれた=狂人 との意味だそうです。


ファウジが性格も悪く口も悪いと言われがちですが、私には今まで読んできた木原作品の中ではそこまでではないと思いました(変な擁護)。もっと現実世界に嫌たらしい奴はいるし、ファウジのあの状況で弱々しく怯んでいられない方が読む方も泣かずにいられます。強がって、本当は嫌なものを強要され、酷い言葉が口についても仕方が無いと私は思うのですが。それがどれだけ相手を怒らそうとする差別用語極まりないものでも、彼は元の日常生活で彼らに、同じ言葉をかけ貶めていたか?……していたな……

父親の罪を謝罪する気持ちを持てれば、とラージンは言っていましたが、あの状況でそんな気持ちになるものでしょうか?それよりも自分に向けられる仕打ちにしか目が行かないとも思います。父親の罪を具体的に想像出来ない馬鹿か、謝罪する振りして泣いて縋って免除して貰おうとか気付かない馬鹿。ファウジはそのどちらもです。
痴態を示唆するような所謂オッサンくさい台詞は好きなのですが、ショーの見物人とかが言うのはファウジが受ける仕打ちが余りにも可愛そうだし動物プレイとか引くのでこの本に関しては余り唆られませんでした。
それでも可愛いところはあり、最後の最後になっても自分の気持ちを上手く出せない、「片思い」の吉本(オールベストツンデレ)と並ぶ程のツンデレ具合が良かったです。

ハッサンは悲惨な奴隷時代があったこともあり、彼自身がファウジをそこまで好きではないと思っている(実際はどうか分かりませんが)こともあり、自主的な行動と思考はそこまで強くありません。彼視点のお話もぐいぐい引っ張るものはありませんでしたが、やはり最後の数ページでグッと引き寄せられたのは流石木原さんの小説だなと思いました。二人どちらも愛を知らず、好きと言った相手を意識し始めて好きになったというのが希望も夢もない世界らしい気がしました。

父親の犯した罪と償う為に散々な目に遭う息子、被害者達という話では面白かったのですが、合間に挟む濃ゆいショーのせいもあり主流になれていないのが残念でした。かといって最強ツンデレ奴隷と使用人の恋では描写が少なく甘さが一滴しかありません。ただこの1滴が最後にあることが何とも叙事詩っぽさになっていた気がします。欲を言えばあともう10滴位恵んで欲しかったですが。

2

皆大好き(偏見)アラブ物!!

木原先生の作品ってどうしてこうも余韻が長く続くのでしょう。
読み終えた後もふとした時にぼんやりと考えたり思い出したりしてしまう。
こちらもそんな作品です。

いやぁそれにしても勝手にメイン攻めは受けのファウジを買い取った富豪、ラージンかと思っていましたよ(笑)
それにしたって手出さないどころかそんな趣味ないとか言うし後半で心変わりするのか?と思いきや徹底した奴隷としての扱いを最後まで崩さなかった姿にある意味感動しました。
なんでもかんでも登場キャラが受けの美貌にやられて男が男を好きになるご都合展開にはならない……安心。

奴隷にされたファウジは悲劇の受け…でもなく。
父のせいであっても自業自得な所だってあるんですよね。
自分に助けを求めてこようが奴隷だからと気にすることもなかった過去のファウジ。
それを罪だと思わないから反省なんてするわけがない。
弱者を決していたわらない。
口は悪いしぶっちゃけクズな子ですよね(笑)

ただ親もドクズだったからそういう思考しかできないというかそう思うようにしか育てられなかったっていうのも悲しい話ですよね。
そんな環境でなければ心優しい子に育った可能性だってきっとあるんです。

ただ傍から見るとどうしようもない奴なんだけど、それをただの嫌な奴では終わらせないところが木原先生の凄い所の一つですよね。
情が移る…とも違うんだけど気になってしまう。

そんなファウジが奴隷という身分に落とされた転落物語。
エッチシーンはたくさんあるのですが、どれも新鮮で飽きがこない!!

獣姦盛り沢山!決して一種では終わらせない★っていうかしっかり獣姦読むの初めてだったので色々衝撃はありました。
そしてパパまで出てきてのヤりヤられはもう…あぁ……すっげぇ。

罰を最後まで与えるために絶望の淵に立たせぬよう希望という名の恋愛ごっこをさせるという展開はとても恐ろしかったです。

木原先生の作品って絶望に一癖二癖もあって本当に凄いと思う…個性が光りすぎです。

全体的にページめくったらいきなりビビる展開多いんだけど、強引さがないんですよね…滑らかにガツンとパンチ入ってくるかんじ。
おいおいおいってことを音もなく静かに滑り込ませてくるのうますぎでしょー。

ファウジが失明していることを知った時には頭殴られた気がしました。
そこまでやるか…と。

悪い同業者のせいで安すぎる給料がただの紙切れと交換されているとも知らずにそのお金で攻めのハッサンに会いに行こうとしていた…ここがいっちばんグッときたところです。

可哀想なんだけど、ファウジはファウジのままで…体は淫らになったけれども、いつだって生意気で。
最後まで本質は変わっていなさそうな描きが好きでした。

2

最後に明かされるタイトルの意味

アラブもの、獣姦、輪姦に恐れをなして、木原さんの作品の中で読むのを後回しにしていました。淫靡で過激な描写がこれでもかと続きますが、最後には愛という小さな希望が用意されており、そのコントラストに圧倒されました。こんな愛の描き方もあるのかと。

アラブの大金持ちの息子・ファウジは、白人娼婦だった母親の面影を色濃く受け継ぎ、金髪碧眼の美しい容姿を持っていました。しかし、大金持ちだった父親は没落し失踪。ファウジは、父親が性奴隷たちにした悪行1985回分をその美しい体で償う羽目になります。

復讐劇の首謀者・ラージンがファウジに課す凌辱の数々が凄いです。
衆人環視の中、奴隷や獣、情欲にまみれた金持ちの男たちにファウジを犯させます。仰天する酷さなのですが、ファウジがあまりに自己中心的で思いやりに欠けるので、つい、お仕置きもいいんじゃないかと思ってしまいます。ファウジは、父親が奴隷たちにもっと酷いことをしていたこと、奴隷たちも自分と同じように助けを求めていたことに全く思い至らず、自分の身に降りかかった不幸を嘆くばかり。唯一自由になる口で、世話をしてくれるハッサンや奴隷仲間を侮蔑し、傷つけ続けます。

ファウジを自殺させないために、ラージンがハッサンに命じて偽りの恋人を演じさせたことで、ファウジはハッサンを愛するようになります。ハッサンは仮初めのものだと割り切りますが、これが後々ファウジとハッサンを強く結びつけることになります。それが物語の一番面白いところだと感じました。ラージンが思い付きで与えた偽の絆が、やがて本物になるのですから、愛とは本当に不思議です。そして愛を道具のように使うラージンは、ひょっとして誰よりも愛を知らないのではないかと思いました。

ラージンの手を離れ、内戦後の国で一人、盲目になりながらも男娼として生き抜くファウジ。男たちに汚されながらも、心が折れないのは、お金をためて、いつかアメリカにいるハッサンに会いに行きたいから。ハッサンはファウジを忘れられず、密かに国に戻り傍で見守るのですが、ファウジは気づきません。幼い頃から性奴隷として扱われ、人を愛することを知らなかったハッサンが、ファウジの強い思いに触れて、その愚かさまでも愛しく思う描写に、胸が熱くなります。たくさんの試練を越えて、やっと二人は愛の入り口に立ったのでしょうね。小さな希望に心底ホッとしました。笠井あゆみさんのイラストも素敵。ファウジを愛おしそうに抱きしめるハッサンの表情がとてもいいです。

マジュヌーンとは、ネットによると、ジン(精霊)に取りつかれた狂人のことのようです。タイトルは、きっとファウジのことであり、ファウジの虜となったハッサンのことでもあるのでしょう。物語の最後の最後にそのことが明かされていて、深い余韻と共に、夜の砂漠に浮かぶ月とはどんなだろうと思いをはせました。

4

あんな事やこんな事や、てんこもり

木原先生と表紙に惹かれて購入してたは良いが、読む勇気無く長い間積んでた今作。
積んで数年、ようやく勇気を持って読んでみました。
あれ?耐性ついてたのか意外と大丈夫だった、というのが一番の感想。
とはいえ、キツいのは噂どおりでした。
親のやった事の尻拭いとはいえ、度を超すレベルで酷い扱い。
自分の扱いの原因を知り、ファウジが反省なり悔やんだりすればまだ可愛げあるのに、ファウジはずっと性悪のまま。
ダブルで胸糞悪いというか(笑)

I、IIはそんなファウジにイライラしましたが、IIIに至ってはファウジの健気な面が見え隠れしたのでようやくBLとしての萌えも僅かながらあります。
ラストは「これからが見たいんだよ!」となりましたが、初回小冊子(早くに買ってて良かった!)で少しは補填されるかな。

苦手なワードてんこもりな今作でしたが、さすが木原先生という事でどんどん読み進める事ができました。
ただ、萌え…は殆どなかったかな、という事で評価は『萌』。
今作は読めたけど、もっと苦手なワードがある『WELL』は多分ずっと読めないだろうな…(^^;;

3

受けを惨めキャラランキング1位にしたい

最後のページをめくり、はぁ…やっと読み終えたという疲労感が半端なかった…最初のⅠ章とⅡ章は同人誌として出されていたようですが、ちゃんと結末を付け商業として出してくださって本当に感謝しています。
正直辛かった…。こういうマニアックなプレイはすごく苦手で、木原先生の作品でなければ絶対に手をつけていなかったと思います。エロ度はまさに「変態」で、Ⅰ、Ⅱ章を読むのに何回か休憩を入れました…。
今でもファウジにはこんなひどい罰を与えるのは正しいなのかまだ結論が出てこない。確かに性格も悪いし、裕福であった時は奴隷を人間だと思ってないから、自分は奴隷になってそう扱われても自業自得かもしれないけど、子供のころ家の奴隷を助けなかったのも、父親の奴隷プレイを漠然と見ていたのも生まれてから彼はそう教わってきたからではないかと。
まぁ、神視点はとりあえず置いといて、ストーリーの内容に戻りましょう。いくら悔しいと思っていても、ファウジは最高に性格の悪い人ですね。好きと言ってくるハッサンに悪態をついて、でも本当はこんな自分でも愛してくれる人を感謝し、愛している。暗い日々の中で、ハッサンの愛だけが希望だった。ラージンに売り渡されても、男娼になって目が見えなくなってもハッサンに会うためにがんばって生きてきた。
食事もマメに与えられず、人と獣に犯され、給料もちゃんともらえていない上にハッサンに会うために貯めてきたお金も紙切れにすり替えられ、惨めでボロボロなファウジに泣けました…(泣)。BL作品の中でこれ以上惨めなキャラがいたら見てみたい。
初回特典の小冊子も拝読しました。お二人は幸せで(相変わらずファウジはわがままでマイペースだけど)何よりです。
いい結末になってくれたものの再読はおそらくないと思います。というか、たぶんできないと思います(苦笑い)。

評価にはすごく悩みました。簡単に「神評価」とか「趣味じゃない」とかを付けたくないというか…とりあえず中立とさせていただきます。

5

なんだかんだで神

元々は陵辱や過激なプレイを読みたくて選んだ作品でしたが、木原先生の力量でとても引き込まれやすく、かつ登場人物の心情の変化などがとても上手く伝わってきてとてもストーリーも面白かったです。
本は三部に分かれていて、ⅠとⅡは性悪の受けファウジが愛のない過激な行為強いられる場面がメインでとてもドロドロしている感じです。
読む人をとても選ぶと思います。

その時点では救いや萌えがあるなんて思ってもいなかったのですが、Ⅲからは何気に萌えましたし、受けのファウジもやっと少し好きになれました。
受けが性奴隷だったころ世話係で恋仲(?)だった攻めのハッサンが、一度アメリカへ渡ったのにもかかわらず受けのことを忘れられずにトメニスタンへ戻るところから始まる感じです。
娼館で働くファウジを見つける攻め。自分のことが別に好きではなかったのだ、忘れてしまったのだと諦めるハッサンですが、ファウジの目が見えないと聞き、名前を偽り喋れないふりをしてその娼館で働くようになります。
そうして少しずつファウジがそこで働く本当の理由を知ることとなります。それがなんと、お金を貯めてアメリカにいるハッサンに会いに行くため。相変わらず過激な行為に駆り出され、仕事仲間からの嫌がらせに耐えながらも攻めに会うことを切望するファウジが、なんだかとても健気で一途に見えてしまいました。

最後、ファウジは『アリー』(ハッサンの偽名) にパスポートを作ってもらい、アメリカへ渡らせてくれと願いますが、ハッサンはイギリスへ行くと頑なにそのねだりを拒みます。ハッサンに会うためにそんな『アリー』を殺そうとして失敗するファウジですが、そこでやっと漏れたハッサンへの愛がとても印象的でした。
失明した自分に唯一できる仕事をしようと娼館での劣悪な環境に耐え、殺人まで犯し、自分のことを覚えている確証もないハッサンにそれでもと会う覚悟があったファウジに、最終的には惹かれてしまいました、私。

そして、最終的には結ばれたこの二人をなんだかんだ全力で祝福してしまいました。

9

ハピエンを目指しつつハラハラムラムラしたい人にお勧め!

まずはプレイについて。
「泣きながら犯される受が好き」的な、陵辱プレイ好きな人はには絶対おススメ!

よくぞここまでエロを詰め込んでくれた!!!というくらい、陵辱、獣姦、ピアッシングなど次から次に変態プレイが出てきて、私はすごく好みでした。
(男性向けエロ漫画のような、すぐ欲しがる受けがあまり好きではないので、受けが嫌がっている描写に萌えます)

あと、竿役にしても、ちゃんと受けのファウジを気持ちよくさせようという意識があるプレイが多く、奴隷モノだったとしてもちゃんと救いがあるので読んでいて不快にはなりませんでした。



んで、物語について。
こちらも良く練られていて、最後の1ページになるまで読み手をハラハラさせてくれる構成が素晴らしかったです!

受けは最後の最後まで俺様な高慢野郎なんですが、攻めと関わることでちょっとずつちょっとずつ態度が変化している様子が攻めのハッサン視点で読み取れ、文章力に思わず「うまいな~」と唸ってしまいました。

特に、攻めの心理描写が上手いな~と思います。
仕事だと割り切り、受けのファウジに対して無関心な攻めのハッサン視点でファウジを見ると、自分に気があると勘違いして高飛車になるファウジがめっちゃ滑稽に映りますw
そこから徐々に心が変化していく様子が面白い。

ハッピーでほのぼのとしたホモが読みたい人は読まない方がいいですが、ちゃんと最後はハピエンなので安心してください。
そこを目指しつつハラハラドキドキムラムラしたい人には本当におススメ。


====ここからネタバレです!未読の方は読まないで!=====




まあ1点だけ違和感ポイントを挙げるならば、「父親がクズだったから息子も連帯責任を負わされる」という設定にしては、ファウジに降りかかる災難が度を越えているような気もしなくはない...という所でしょうか。

失明させることは無かったんじゃないかな、、、みたいな。
目が見えないせいでお金を偽札とすり替えられていたり、食事を不味くさせられていたり、そういう不憫な描写が多くファウジに同情しました。。。
可哀想なのはプレイだけにしてほしかったな、みたいな気持ちも無くはなかったかな、プレイはまだファウジが感じてるだけ救いがあるしw
映画「ダンサーインザダーク」に少し似てるかな。
あそこまで救いようがない物語じゃないけど。

7

異色のBL

そもそも何でこの作品を買ったんだっけ…。表紙見て何かエロそうだな〜位の軽い気持ちで買いましたが、とんでもねぇ作品でした(笑)。
なかなかここまで愛の無いセックスが延々と続くBLも無いですね。異色の作品なので読んで良かったと思いますが辛いので読み返せないです。
最後の方で少し愛が出てきます。1番印象に残ってるのはラクダにヤラれるシーンです(笑)。獣姦モノなかなかないんで読んでみてほしい。

4

言うほど痛くはない

前評判を見て購入。痛いエロ、という先入観で読みましたが、個人的には1冊読むと王道かな、という印象。陵辱からのハピエンという意味で。
おそらく、短編が好評で続編とまとめて1冊になったのかな、と想像しました。若干ですが、最後のところまで、最初の段階から構想されていたのかな?と疑問にはなるくらいのつながり方だった。

最初はとにかく陵辱の限りを尽くされましが、エロ特化ストーリーという気で読んでいると、特段つらくはなく娯楽としてそれなりに楽しめました。

別の境遇で後に再会する、後編のところが救いがありますね。ここは物語として読み応えがあった。受けが健気に、攻めが一途になっていて、身を落とした受けがそこから逃れるまでのストーリーなので。

あまり身構えずトライするのがよいかもです。

3

ページをめくる手が止まらなかった

木原さんの作品は初めて読んだのですが、とても読みやすい文体ですぐに物語に引き込まれました。
続きが気になってしまって、寝る間も惜しんであっという間に読み切りました。

私は、主人公のことが終盤になるまで好きになれませんでした。ここまで好きになれない主人公も珍しいです。
ただ、Ⅲ章の主人公があまりにもかわいそうで、好きになったというか同情の念が湧いてきました。
小説を読んでここまで心揺さぶられたのは久しぶりです。
これは本当に素晴らしい作品でした。

ただ、痛いシーン(流血あり)やかわいそうなシーン、ひどいシーンなどたくさんあります。獣姦もあります(しかも三回も!)。一体どうやったらここまでのことが思いつくのでしょう?
そういったシーンが苦手な方には向いてないと思います。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う