箱の中

箱の中
著者
木原音瀬
イラスト
草間さかえ
出版社
蒼竜社
レーベル
Holly Novels
レビュー数
94
得点
2274
評価数
498
平均
4.6 / 5
神率
84.3%
神数
420

ひたすら一途でひたむきな不変の愛

堂野崇文は痴漢と間違われて逮捕されるが、冤罪を訴え最高裁まで争ったため、実刑判決を受けてしまう。
入れられた雑居房は、喜多川圭や芝、柿崎、三橋といった殺人や詐欺を犯した癖のある男たちと一緒で、堂野にはとうてい馴染めなかった。
そんな中、「自分も冤罪だ」という三橋に堂野は心を開くようになるが…。


箱の中

この二人の出会いからはじまる「真実の愛とはなにか」を極限まで突き詰めたような物語。
泣きます。号泣します。涙なくしてはぜったい読めない。
号泣、という表現をつかうほど読書で泣くことってそうそうないですが、まさかBL作品でこんなに泣くとは思いませんでした。
それは、『冤罪』という屈辱を受けながら「死」を望むほどの理不尽な境遇に身をおく男の絶望感や、同じ箱の中にいながらも、「自由を知らないから不自由と思えない」子供のような男がもつアンバランスな純粋さが、ありのまま淡々と描かれているからだと思います。

檻の外

長い空白の期間を経て、ようやく堂野を見つけ出した喜多川が再会を果たす所から夢を形にするまでを描いた話。
「家があって、堂野がいて、犬が飼える」
喜多川が抱き続けたささやかな、されど、不可能にちかかった遠い夢。
なぜなら、堂野は結婚し子供がいて、すでに自分の居場所をもっていたから…。
喜多川はその現実に打ちのめされました。だけど、諦めることはできないので、可能な範囲で堂野のそばにいようと足掻きます。
万事が万事うまくいくというハッピーエンドが虚構であることを改めて認識させるような、最後まで厳しく甘さのないシナリオでした。

作品一覧

  • 絞り込み
発売日

指定なし

  • 指定なし
  • 2ヶ月前
  • 先月
  • 先週
  • 今週
  • 今月
  • 来月
  • 2ヶ月以上
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
箱の中

箱の中 小説

木原音瀬  草間さかえ 

出版社:蒼竜社

シリーズ:箱の中

発売日:

価格:¥857(税抜)

神数
133
レビュー数
29
得点
743

喜多川圭(殺人罪・刑期10年)

堂野崇文(強制わいせつ罪・刑期10ヶ月)

檻の外

檻の外 小説

木原音瀬  草間さかえ 

出版社:蒼竜社

シリーズ:箱の中

発売日:

価格:¥857(税抜)

神数
199
レビュー数
37
得点
1045

喜田川圭,34歳

堂野崇文,妻子持ち,36歳

箱の中(文庫)

箱の中(文庫) 小説

木原音瀬 

出版社:講談社

シリーズ:箱の中

発売日:

価格:¥724(税抜)

神数
81
レビュー数
26
得点
443

同房の受刑者 喜多川圭

痴漢冤罪で有罪になった会社員 堂野崇文

箱の中/檻の外

箱の中/檻の外 CD

川原慶久  野辺健太 

発売会社:ポニーキャニオン

シリーズ:箱の中

発売日:

神数
7
レビュー数
2
得点
43

川原慶久

野辺健太

閉じる

PAGE TOP
  • 基本情報
  • 作品一覧