Hybrid Child 第4巻 [DVD]

hybrid child

Hybrid Child 第4巻 [DVD]
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

2

レビュー数
4
得点
75
評価数
15
平均
5 / 5
神率
100%
著者
作品演出・監督
福田道生
音楽
安瀬聖
脚本
桑畑絹子
原画・イラスト
中村春菊
オリジナル媒体
コミック
DVD発売会社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
収録時間
25 分
枚数
ふろく
毎回特典:アニメ描き下ろしジャケット、PV映像集、ピクチャーレーベル
特典映像
あり
発売日

あらすじ

戦争が終わった。傷だらけの身体で月島の元に駆けつける黒田だが、いつもの調子で口げんかになってしまう。黒田が月島に、本当に伝えたかったこととは・・・?そして「ハイブリッド・チャイルド」が映し出す、黒田の秘めた思いとはー。

表題作 第4話「ただ一言俺がお前に言いたかった事は――」

黒田 → 小野友樹

月島 → 松岡禎丞

葉月 → 平川大輔

和泉小太郎 → 岡本信彦

その他キャラ
瀬谷壱[木村良平]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

キャスト愛に満ち溢れた素晴らしい作品

一番感動したのは、松岡さんが小野さんに向かって桜を渡すシーン

「やる」

この一声が、本当に優しくて、純粋で、無垢で…温かくて…
そこからずっと涙、涙でした。小野さんの泣く声も胸が張り裂けそうなほど悲しくて、悲痛で…相手がいなくなってから気づく恋心。それが後悔と共に押し寄せてくる。感情のやるせなさ、懐かしさ、月島に対する後悔…愛しさ…

見事に演じられていて思わず貰い泣きしてしまいました。本当に心から、好きだったんだなぁと伝わってくるのです。

絵も綺麗で音楽、BGM、キャスト、どこをとっても素晴らしかったです。濡れ場がほぼ無いのも◎
EDの曲も凄く好きでリピートしています。

CD化もされてますが私はこのキャストで大正解だったと思います。

BLアニメ化はあまり興味ないのですが、これは本当にオススメですし、泣きたい方は是非観て、カタルシスを感じて下さい。観れば解る。

素敵な作品にして下さって有り難う!









1

とても良い作品だと思います。

夜中にひとりで観て、ぼろぼろ涙を溢してしまいした。

後日、漫画も読んでドラマCDも聴きましたが、私はアニメが一番好きです。
原作の良さが大事にされているし、絵もキレイですし、とっても丁寧に作られていると感じました。

究極に切ないラストで心が苦しくなるのですが、私はある意味では幸せなのかもしれないと思ってしまいました。
黒田は月島のいない世界で生きていく気が無いように思えるので、もう不幸になる事も無いのでは…と。
そうすると、これが永遠の愛なのでしょうか…。

ところで、音楽も素敵でした。サントラ購入。(世界一初恋と同じ方が担当されてました)

0

何度も泣きました。(ネタバレあり)

ハイブリッドチャイルド、ついに、最終話です。
黒田(攻め)の好きな人ですから、月島はまさか死ぬことはないでしょう、なんて見ながら思っていました。でも途中で、だんだんと悪い予想が当たって、何度も泣きました。
何度も見て、声優たちの演技、BGM、絵、全部が全部で、感動しました。
どうして、あんな結末なんでしょうか?

一番感動したのは、黒田が月島に似ているハイブリッドチャイルドを作って、そのチャイルドがしゃべったセリフが黒田と月島の思い出のシーンです。
黒田がついに自分の気持ちを認めて、一緒に涙が止まりませんでした。

声優たちの演技もとても良かったです。
特に月島の声は松岡さんで、繊細な演技で、儚そうな声ながらも、芯が強く通っていて、私が思っている月島そのもののように感じられました。

月島には生きていてほしいです。題名はハイブリッドチャイルドですが、ハイブリッドチャイルドは月島の代わりにはなれません。

1

感動しました

この巻は人間と同じように成長をするロボット「ハイブリッド・チャイルド」がどうやってできたかがわかります。

そして、ある二人を見守り続けた友人と「ハイブリッド・チャイルド」の話です。

もしあの二人がこの時代でなく、今のような時代に生まれていればと思い涙が止まりません。

中村春菊先生の話は人の心情がとてもわかりやすく鮮やかに描かれているのでトタも大好きです。

中村春菊先生の作品で・・・純情ロマンチカ
             世界一初恋
             など
アニメになっているのでおすすめです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ