ここに来たのは、別れを告げるためだ。もう二度と会わない。

くぐもったドラム

kugumotta drum

くぐもったドラム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×211
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
8
得点
69
評価数
22
平均
3.3 / 5
神率
9.1%
著者
英田サキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
えすとえむ 
媒体
小説
出版社
ハーレクイン
レーベル
ハーレクイン・ラブシック
発売日
価格
ISBN
9784596744357

あらすじ

軍隊での同性愛は身の破滅――マティアス中尉は、上官ルドルフ大尉と除隊し、共に生きることを誓いあった。だが予期せぬ運命の嵐がふたりを襲う。
落馬したルドルフが記憶喪失となり、愛を交わした二年間を忘れてしまったのだ。ルドルフの軍服の胸ポケットには捨てたはずの妻の写真が納まり、しかもベルリンに“男の恋人”がいると打ち明けられ、ベッドでも手酷く拒まれてしまう。
自分は弄ばれただけなのか。何が真実かわからず、強い猜疑心が芽生えてもなお募る愛しさに、マティアスの心は引き裂かれる……
忘れ去られた青年の、痛く、切ない愛。M/M小説のメロドラマを英田サキがBL超訳で綴る!

原著:エラステス

表題作くぐもったドラム

ルドルフ・フォン・ラツラフ,元大尉で既婚者, 34
マティアス・ホフマン,元中尉,25歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数8

楽しめました!

二人の甘いシーンから始まるので、この先悲しい記憶喪失が待っていると思うと、どうハッピーエンドに持っていくんだろうとワクワクとページをめくっていきました。
最後まですれ違い、思い違いの繰り返しでしたが、お互いの視点で交互に語られるのでテンポよく、ダレることなく読み進められました。
BLは過程を楽しむ恋愛物語でもあるということを改めて思ったお話でした。
えすとえむ先生の男らしいイラストも素敵でした。これは色気のある良いヒゲです!

4

とってもハーレクイン

ハーレクインの海外作品超訳シリーズ。
いよいよ英田先生登場。

今回はちょっと昔のヨーロッパを舞台にした、軍隊の上官と下士官の秘めた恋。
英田先生って、DEADLOCKシリーズのように海外を舞台にした翻訳物っぽい文体の作品もあるので、こんな風な時代がかったハーレクイン展開とも相性ばっちり。
むしろ、記憶喪失だのすれ違いだのっていう王道メロドラマ展開を、振り切って繰り広げられるのは、ハーレクインな原著があるからこそ。
えすとえむ先生の挿絵も、ルドルフは渋いし、マティアスも美青年。
特に筋肉もりもりにしているわけではないのに、ずっしりと骨が重そうで、ついでにあっちも、、、。
分量的には2段組かなりたっぷりですが、ノリノリでぐんぐん読める麻薬的魅力の作品でした。

4

受けは最後までよく頑張りました

これは数年前のハーレクイン・ラブシックの超訳シリーズ。海外BL作品の元の翻訳があってさらにそれを日本のBL作家が超訳する…というよくわからないシリーズ。手間かかるし元の翻訳者に失礼じゃね?とも思ってましたが、今回は「デッドロック」シリーズで外国人が主役のお話も読み慣れてる英田サキ先生の文章だからか読みやすくて話にどんどん引き込まれました。

19世紀オーストリアと戦争中のプロイセン(今のドイツ)軍の大尉(黒髪口髭ダンディー)×中尉(金髪碧眼20代)が攻めと受けなんですが、導入部分から面白い。攻めが受けの裸の写真をニヤニヤ眺めてる所から始まり、2人は今回の戦いが終わったら除隊して駆け落ちしよう!と約束していたのに攻めが落馬して記憶喪失になってしまう。受けが切なくて1番可哀想なパターンです。
 
受けは療養の為に軍を離れる攻めのベルリン方面への帰省の旅に付き合うのですが、受けにとっては試練の連続です。攻めに恋人だった事を思い出してもらえないわ、攻めの召使いや攻めの元愛人にはネチネチ虐められるわ…物語の最後までよく我慢できたなと思います。

最初の方の攻めのモノローグでそれまでの恋人は庇護しなければいけないタイプばかりだったけど受けは逆に自分の事を守ろうとする凛々しくて勇敢なタイプ、との事で大好きな男前受けです。カッコいい受けが傷ついて弱ってるのがまた萌えるのよね。イラストもそんなアンニュイな雰囲気で素敵でした。

展開が早いので一気に読めました。面白かった!

1

ドラムは太鼓

2年分の記憶を喪失したルドルフが、記憶を取り戻そうとする時に、頭に鳴り響くのが太鼓(ドラム)です。表題の言葉そのものをページで見つけた時は「これか!」と思わず叫びそうになりました(笑)

ルドルフがエルンストという恋人と別れたことを覚えていなかったのが一番の不運ですね。最終的に、ルドルフはマティアスをちゃんと思い出しはしないものの、再び愛するようにはなるのですが、かなり終盤まで切ないです。

二人の誤解やすれ違いが無理なく展開され、流れるように読めます。

ただ、翻訳に慣れていないと戸惑うのが名前です。途中、名前でなく姓が登場して、誰のこと?と思ってしまうことがありました。日本語だと違和感なく切り替えられるのですが、カナ名だとなかなか・・・。でも、この作品ではほんの少しでしたよ。ルドルフがマティアスを愛称で呼んでなくて良かったです(笑)

0

自分を忘れた恋人を信じられるのか

除隊して二人で逃げようと決めたルドルフとマティアス。
除隊届を出してルドルフに会いに行ったマティアスは、最後の戦いでルドルフが落馬し自分との記憶を忘れていることを知ります。

除隊届は出してしまったし、途方に暮れるマティアスでしたが、
記憶が戻るかもしれないというわすかな期待を胸に、療養のため地元に戻るルドルフの旅路を共にします。

でも現実は記憶を失ったルドルフが、自分以外の男性に恋していることを知ってしまうという残酷なもの。
自分が騙されていたのではないかと悩み苦しむマティアスがかわいそうでした。

自分の知っている愛し合っていたころのルドルフを信じるのか、記憶を失い自分が知らなかったルドルフを信じるのか。
二人の擦れ違いの感情がとても切なかったです。

0

すれ違いメロドラマ

19世紀のプロイセン軍が舞台という
珍しい設定に興味があったのですが
当時の世相の描写は少なめ。
記憶喪失によるすれ違いメインの
メロドラマで、小難しい話は何もありません。

軍人のルドルフ(攻め・34歳)とマティアス(受け・25歳)は恋人同士。
共に除隊して一緒に生きようと誓い合うも、ルドルフが落馬して記憶喪失に。
結婚していることや、故郷のベルリンに恋人(男)がいることは覚えているのに、マティアスと過ごした2年間のことは忘れてしまい…という話。

故郷に恋人がいたルドルフは
遊びでマティアスを手を出したのか?
世間体のため結婚した妻のことは
蔑ろにしていたのか?
このあたりは終盤まで明らかにならず
ルドルフに裏切られたと思い込む
マティアスが不憫な展開です。

ルドルフは、マティアスにキスするも
故郷の恋人のことを思い出して途中でやめたり、
マティアスの目の前で恋人とイチャついたりと、
(仕方ないとは言え)フラフラしています。
その恋人を抱くシーンも少しあるので
苦手な方はご注意。


ルドルフとマティアスの絡みは
最初と最後にしかありませんが、
たまに挟まれる回想シーンから
二人が本当に愛し合っていたことは伝わってきます。
ルドルフがマティアスのヌード写真を
持ち歩くほどラブラブだったんだなぁとw

マティアスがちゃんとルドルフの話を聞いていれば、
ルドルフがマティアスに事情を説明していれば、
もっと早くに和解できたのでは?
と思わなくもないですが、最後の最後で
ようやく結ばれた二人にはホッとしました。

今回の超訳は、時代設定に合った硬質な文体で
引っかかることなく読めました。

12

Krovopizza

カイさま、こんばんは!

レビュー読んで下さってありがとうございます!

ご質問の件ですが、攻は妻とも愛人とも別れた上で受と結ばれます。別れた=記憶喪失後の攻が自分から別れを切り出した、という意味でしたらちょっと違うのですが、とにかく関係は清算されるので、その点は心配ないかと思います(*^^*)

高雅で感傷的なドラマ

時は19世紀、プロイセン軍の大尉ルドルフと中尉マティアスの恋。
珍しい舞台設定、英田さんの超訳、えすとえむさんの挿絵、と
魅力的な要素に惹かれて購入。

普澳戦争が勃発する中、互いへの愛を全うする為に
除隊して共に生きようと誓い合う二人だが、
いざというその日に、落馬によりルドルフが記憶障害に……
2年間の記憶を失い、マティアスとの関係も忘れてしまう。

戦場でのシーンは冒頭のみ、その後はヒストリカルらしい描写は
あまりなく、さすがに現代じゃあないという気がするが
大雑把に昔、時代がいつであってもあまり変わらない感じの背景。
その後舞台がベルリンに移ってのちは、昼ドラみたいな展開。

受けのマティアスも軍人なので逞しいという設定は、悪くないし
えすとえむさんの絵は、外人こそがピッタリでとても合っている。
英田さんの超訳は、硬さと品があるが読みやすく、
雰囲気を楽しみながらするするっと読み終えたが、
萌えと言われるとどうかなぁ?という感想。


なんだかんだとこの超訳シリーズ読んでいるが、
日本のBLにはない設定に惹かれ、手にとってみるものの
悪くはないが、それ以上の魅力はあまり感じられない。
今回も雰囲気はあるが、それぞれの思いというところでは
あまり響いてこなかったのは、国による感性の違いなのか
あるいは私個人の感性の問題なのか?



※ 
この1866年の普墺戦争で大敗し、失望の底に沈んだウィーン市民を
慰めるためにJ・シュトラウス二世が作曲したのが、
かの有名な第二のオーストリアの国歌とも言われる『美しき青きドナウ』。

※※
Helan Gar=スウェーデンの最も有名な乾杯の歌
https://www.youtube.com/watch?v=XOmrJk3M6HQ

7

Krovopizza

snowblackさま、こんにちは。
レビューもHelan Garの動画も楽しく拝見させていただきました♪

超訳シリーズ、私も何だかんだで毎回読んでおります(『親友の行方』はまだ未読ですが)。

このシリーズ、原書はハーレクインの子会社でデジタル専門のCarina Pressから出ているようですね。
あまり長くないライトなお話が多いのは、元々が電子書籍ということもあるのかな?なんて思いました。

記憶喪失で擦れ違う恋人たちの切ない物語

超訳というのもには興味を持ったのですが、翻訳物のBLに惹かれずためらっていました。
けれど一度は読んでみようと好きな作家さんの作品を読んでみました。

19世紀のプロイセンの戦場での出会いです。
BL作品ではあまり馴染みのない時代背景に軍人同士のカップル。
先の見えない戦闘が続く中で愛するものとの逢瀬だけが幸せなひと時。
故郷には妻もいる貴族のルドルフ(中将)と身内との縁の薄い庶民マティアス(中尉)の物語です。

作戦中にもかかわらず、不名誉な経歴を残すことになっても除隊し二人で逃ようと約束した日、落馬による怪我で記憶を失ったルドルフ。
それも最近の2年間を忘れてしまいます。
その間に前の恋人と別れマティアスと出会い恋をし総てをかけてもいいと思ったことも忘れ去ってしまったのですからマティアスには辛いです。
恋人だった人が見知らぬ他人を見る目で挨拶をするのですから。

旅の途中、ルドルフはなぜか友人のはずのマティアスに惹かれてしまう自分の心を持て余し、ある晩思わず抱きしめ口付けてしまうのですが、国で待っている美しい恋人(実際は別れている)がいるのに、それでも惹かれてしまうことをやめられずに苦しい思いをする場面はじれったかったです。

やがてベルリンに到着し、2年前に別れたがそんなことを忘れいまでもラブラブだと思い込んでいる元彼に出会うのですが、これが早速金を無心するひどいヤツなんです。
バカですね。尻軽の上に金の亡者になんて引っかかって。
美しい高値の花を手折るのがたまらないというルドルフ、苦労して堕とした恋人が愛おしくてしょうがないって感じです。
マティアスは自分がはじめから戦場だけの恋人で道具のように扱われ捨てられたのだと離れていきます。
目の前で愛する人が別の人とイチャつくなんて見ていられません。
切ないよ。

終盤真相がわかったルドルフが、それでもマティアスを探し出して呼び戻そうとか謝罪しようとはしないのだからヘタレてます。
記憶を失くしていたとはいえ、愛する人を裏切った自分にはもうマティアスを求める資格がないなんて思い込んじゃうんですからもうホントしょうがない。

海外ミステリーなどは好きですが、その他の翻訳物の文章は苦手でした。でも超訳は素晴らしいです。読み慣れた作家さんの文章の所為でしょうか、あらすじだけを読んだら読みたくなる傾向の話ではありませんし、登場人物も好きなタイプじゃなかったんですが、最後には何としてでも再び結ばれてほしいという気持ちになりとても楽しめました。

翻訳物に躊躇している方にもお勧めしたい作品です。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う