DRAMAtical Murder DramaCD Vol.4

dramatical murder

DRAMAtical Murder DramaCD Vol.4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2
平均
4.5 / 5
神率
50%
脚本
淵井鏑
原画・イラスト
ほにゃらら
オリジナル媒体
ゲーム
CD発売会社
Nitro+ CHiRAL
収録時間
142 分
枚数
2 枚
ふろく
ブックレット
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

BLゲーム『DRAMAtical Murder』の主人公・蒼葉と各キャラクターとの「その後」を描くドラマCDシリーズ第4巻。ノイズ×蒼葉編を収録。

迎えに来たというノイズとともに、ノイズの故郷であるドイツへ渡った蒼葉。慣れない土地で少しの不安を抱きつつ、2人の生活が始まる。ノイズの両親や弟との対面を果たした蒼葉だったが、そこでノイズと両親との間に未だにある溝の深さを実感する。そんなある日、ノイズが頬を腫らして帰ってくる。理由を聞いてもノイズは頑なに話そうとせず、いつしか口論になり、ノイズが家を飛び出してしまう。後を追いかけて道に迷ってしまう蒼葉だが、街で弟と偶然再会する。弟の口から語られる兄への思いと後悔。ノイズがいるであろう居場所を聞いた蒼葉は、再び街を走る--。

EDテーマは「holding on」(歌:木村世治)

表題作 DRAMAtical Murder DramaCD Vol.4

ノイズ → 日野聡

瀬良垣蒼葉 → 私市淳

その他キャラ
蓮[竹内良太]/ テオ[斉藤壮馬]/ ウサギモドキ[宮本ひろ子]/ ノイズの父[竹本英史]/ ノイズの母[百々麻子]/ 執事[尾形雅宏]/ 運転手[加藤将之]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ラブラブ新婚生活編

※文末にキャラクターのネタバレを含むので未視聴の方は要注意

PCゲーム『DRAMAtical Murder』で全国の'年下ツンデレ攻'好き女子を唸らせたカップル、ノイズ・蒼葉編の後日談。
DMMd無印→リコネクトと来て、このドラマCDでようやく1カップルのストーリーが大円団に収まるような流れになっています。ので、ゲームをまだやっていない方はまずゲームから(でないと意味が分からない内容)。リコネクトまでプレイしたけどまだCDは…という方は必聴。ちなみに他全てのキャラクターにおいても同様です。

ノイズ編では、ドイツに居住を移した二人の(新婚)生活編。特にノイズの人格形成に大きく影響を及ぼした両親と弟・テオの登場を通じて、ノイズの過去と、蒼葉の存在の大きさが改めて感じられます。正直に言えばCD一枚でもどうにか詰め込められそうな内容ではありましたが、二枚組で二人のやりとりが丁寧に描写されていました。
ドイツ着いた!から始まり、ノイズ本家やべえ!、新居での犬も食わない(蓮に非ず)イチャイチャ生活までお腹いっぱい楽しめました。ノイズが無意識にウサギを追っていた理由も明かされます。
続き
エッチ回数は終盤一回だけではありますが、中盤に何回もイチャイチャシーンが出てくるので、個人的にはそっちの方が萌えました。いつもの鼻で笑うようなものではなく、ベットで心から楽しそうに笑っているノイズの声を聞けたのはファンとしてとても嬉しかったです。

このCDシリーズ5編のなかで、ノイズが一番蒼葉にメロメロなんじゃないでしょうか。あれだけ面倒臭〜えツンツンキャラだったのに、一回懐くと年下的な可愛さで相手を翻弄するあざといドエス。蒼葉が終始照れて年上の矜恃を保ててないところも見どころです。「蒼葉が大好き」という感情に対して驚くほど素直なので、その辺ミンクと対照的なキャラですね。

さて、このCDのもう一つの重要ポイントは、ノイズの本名が明かされたこと。ドイツ人なので確かにNoizって名前は?とはうっすら...思ってはいたものの、結構衝撃でした。しかし...本編中数回本名が声に出されるですが、なんとも聞き取りにくい!公式から書面での正式発表が無いので情報が乏しく、憶測の域を出られないですね。
英語圏のファンサイトを巡ってみたのですが、「ヴィム」、綴りにすると”Wim(Vim)”という表記で書かれていることが多いです。弟のテオが正式名称”Theodor(テオドール)"なのを考慮すると、正式名は”Wilhelm(ヴィルヘルム)”とする海外ファンの説明をみかけました。ドイツやオランダではこのスペルが多いみたいですね。
ご主人に続いて、ウサギモドキの新しい名前も本編中に決まりますよ。蒼葉のネーミングセンスに対してノイズが「あんたバカじゃないの」と揶揄ってましたが、分かりやすくて可愛い名前だと思いました。ただウサギモドキの方がインパクトはある(笑)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ