ハートにじゃれないで

heart ni jarenaide

ハートにじゃれないで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
41
評価数
11
平均
3.7 / 5
神率
9.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784801952799

あらすじ

殿村輝彦は赴任先の高校で、
軽音部の2年生・熊井の喉仏にひと目惚れした喉仏フェチの日本史教師。
校内や授業で熊井を見かける度に、ついイケナイ妄想に耽ってしまう。
まさか、殿村の頭の中であんなコトやこんなコトまで
させられちゃっているとは知らずに、無邪気に懐いてくる熊井。
せめてリアルではいい先生でいようと頑張っているのに
彼の一挙手一投足にドキドキが止まらなくなっちゃって…!?
高校教師の爆裂するエロ妄想と
ピュアでじれったい恋の行方を描いた人気シリーズ!

表題作ハートにじゃれないで

熊井 高校生 軽音部
殿村輝彦 日本史教師

評価・レビューする

レビュー投稿数2

先生の妄想が止まらない!

先生(30代独身)と生徒(高校生)のお話です。
殿村先生は喉仏フェチの日本史教師。
軽音部の熊井の喉仏に一目惚れし、変な妄想をする毎日。

地味でおとなしそうな殿村先生の、激しい妄想がこのお話の見どころです。
熊井君は軽音部でバンド活動をする、ごく普通の高校生。
殿村先生が赴任してきたとき、熊井君は2先生。
それから熊井君が卒業するまでの2年間、殿村先生は
熊井君への想いを心に秘め、妄想する毎日を過ごすのです。
まあ、オジサンと言えばおじさんなんだけど
熊井君への気持ちが日々増してぐるぐるなるところは
女子高生と同じで、おじさんが可愛く見えてしまいます。
面白いのは殿村先生の妄想が、突然始まるので
現実の設定なのか妄想なのかよくわからないまま
ああ、妄想だったのね・・・という展開。
熊井君の一言に一喜一憂する殿村先生は、可愛くて見逃せません。
以心伝心とはこのことかというように、先生の想いが伝わったのか
熊井君から告白される殿村先生ですが、熊井君の将来を考え
あえて身を引く殿村先生。
でも、熊井君が卒業してからも彼のことを忘れることはできず・・・
続き
音楽活動を続ける熊井君のライブに行きます。
作詞に行き詰った熊井君に殿村先生からのアドバイスがきっかけで
できた曲が評判を呼び、この日のライブで初めて聴く殿村先生。
それが自分へ向けた気持ちをうたっていることに気付き涙を流す殿村先生。
その涙が、熊井君への本当の気持ちだったんですね。
泣きながら会場を出る先生の姿は、せつなくて
毎日あんな妄想をしている人とは思えませんでした。
このことがきっかけで、二人は付き合うことになり
ハッピーエンドとなりますが、妄想でやりまくっていた先生が
初めて本当に熊井君とHした後に「とうとうやっちゃった・・・」という
台詞がありましたが、妄想のなかではもう何度もそういうことを
していた先生が、妄想では感じることができなかった
熊井君の体温を肌で感じ、その想いをかみしめているところが
なんともリアルでせつなくて、先生が可愛く見えてしまいました。

熊井君のバンド仲間の同級生、熊井君のこと好きだったんですね。
だから先生の気持ち、一番に気付いていたのかも・・・
ちょっとかわいそうだったかも・・・
彼にも春が訪れますように・・・

1

妄想

高校教師と教え子とのお話。
ですが、妄想がかなりの部分を占めています。大丈夫かな、先生。妄想し過ぎじゃないかな。妄想よりも、二人のやり取りをもっと読みたかったかなーって思いました。

あとちょいちょいデッサンが?って思うところもあって、お話の中から現実に帰ってしまいました。残念だ。

でも熊井くんはかっこ良かった!!!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ