初恋~恋に濡れる。~

hatsukoi koi ni nureru

初恋~恋に濡れる。~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
62
評価数
18
平均
3.6 / 5
神率
22.2%
著者
東野裕 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
ISBN
9784813030874

あらすじ

蒔田桔平・法学部二回生。
不真面目でいい加減でいつも違う女を侍らせている不誠実な男。
それが准教授・日野の蒔田に対する印象だった。
蒔田は日野が一番嫌いなタイプの男で、絶対に関わらないと決めていた。
なのに、気づけば蒔田とキスをしていて…!?

表題作初恋~恋に濡れる。~

蒔田桔平,法学部2回生,22才
日野康一,大学准教授,29才

その他の収録作品

  • 約束~永遠の誓い。~(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数7

とりわけ事後の表情にやられた・・・

東野先生の作品初読みです。

あらすじや表紙の雰囲気に魅かれて購入しました。

思っていたよりも(私的には)絵は濃い印象でしたが、でも全体的にかなり好みの一冊でした。

今まで遊んでいたモテモテの攻め様(年下・学生)、そして堅物の受け様(大学准教授・年上)の初恋・・・
1冊まるまるこの2人のお話を堪能できます。

受け様がお固くて、頑固で融通が利かない初心・・・というのが非常に好みな私としてはたまりません・・・しかも、年下の学生が、年上の先生を・・・と言うある種の下剋上な状況も大好きです。
遊び人の攻め様が、本当の恋を知ってしまいすっかり振り回されてしまう姿も大変ツボなので、読んでいて非常に萌えました。

それに「初恋」というタイトルなだけに、基本的にはピュア(決してプラトニックではないのですが・・・)で初心な空気感が満載で、なんだかんだ初々しくてかわいい2人の初恋を陰からそっと見守っているような気持ちになります。

あれこれ萌え要素がたっぷりだったのですが、一押しは、初H(若干無理矢理・・・)の後ソファーでぐったり寝てしまっている受け様の表情です。
これはもうここだけで神!!!!評価を迷わずつけたぐらい凄く良かったです!!!

5

東野ワールド、王道たる王道*⋆。˚✩.*・゚

さすが東野先生!
元々先生の大ファンなのですが、この作品はもう『神』です!!
攻め受けともどちらもが『初恋』だなんて
(灬ºωº灬)♡

攻め 蒔田桔平
大学で浮名を流し放題の遊び人です。
寄ってくる女の子を選り取りみどり。
親は政界の人物で当然大金持ち。まぁ生まれながらのサラブレッドですわなー。
その上タッパがあり顔良し度量ありなら、そりゃ誰もがほっとかないし、本人もそれを堪能して人生を謳歌してます。

受け 日野康一
攻めの通う大学の法学准教授
こちらも顔良し人当たり良しで、男女関わらず生徒に絶大の人気を誇っています。
しかし何故か攻めにだけは冷たい。
それは攻めの講義にも真面目に参加しない、提出物は期限を守らない、・・・な態度だけでは無いようで……。

攻めにしたら、自分をチヤホヤしない人は初めてだし、自分を振り向かない人も当然初めて。
ほっときゃよいのに、それが受けの事が気になって気になって仕方がない・・・。
かーらーのースタートです。
はい、王道中の王道ですが、「それがなにか?!」と言う位に惹き込まれます!

この作品もいつもの如く、
エロぃいぃ~~~(灬º﹃º灬)♡
こんなにハッキリくっきり見えてえぇんかい!な。
ぐふふでスッキリでオホホホですねー♡♡

ストーリーはもち王道展開ですが、ヤキモキ・胸キュン・切なく・ドキドキ✧*。٩(´ヮ`*)و✧*。
流石東野先生が描かれる王道は正に『神の王道』
主人公達の紆余曲折にこちらも胸を痛め、早く早く身も心も結ばれて!と祈ってしまいます。

そしてラストがこれまた良いぃぃぃ~~~(ღ✪v✪ღ)
二人で一歩ずつ一歩ずつ進んで行くんですよね。
攻めはまぁ見事な大人(スパダリ確定)になり、キュンキュンしちゃいましたよ。
しかも実家には頼らず、全て自分の努力(=最初の攻めには全く似合わない)で、ただ受けへの
「康一さんが俺を頼りにして、安心できる大人になるから」
ただそれだけの為に『努力の人』となり、法曹界の中でも実家とは対極にあたる職を選ぶんですよね!
はぁ~~~どんだけぇーーー(//∇//)

そしていよいよ『描き下ろし』
攻めの初出勤の日のスーツ姿に、受けは又もやハートを鷲掴みされちゃうのよねー"♡"♡(*///ᴗ///*)♡"♡"。
だってホント、カッコいぃんだもン。
もち攻めはそんな受けを見てコトにおよぼうとする訳ですよね!
受けは「今日は大事な初出勤の日だろ・・・」と燃える身体を持て余しながら言うも、攻めは「大丈夫、まだ早いから・・・」と
ウオォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ
すいません、取り乱してしまいました。
そう、もう本当に攻めは、ただただ受けの為に、スパダリな男に成長してしまいました・・・。
あぁなんてステキな二人・・・。
東野先生、ありがとうございますっっっ。
この幸せで当分生きて行けますっ!!!

2

王道年下攻め

私は東野裕せんせが描かれる年下攻めが大好きです!
ツン受けが強引年下攻めに落ちて行く・・・。王道ですよね。
せんせの描かれるツン受けがまた可愛いんですよね~。

大学准教授の日野(受け)と、法学部2回生の蒔田(攻め)のお話です。
まるっと1本このCPです。

チャラ男蒔田は気が付けば、日野先生の事ばかり考えて、なかなか靡かない先生にモダモダする。
先生は先生で、一番嫌いなタイプなのに目が蒔田を追っていて・・・。

二人とも初恋!
先生は意固地になって、なかなか自分の気持ちを認められない。それを蒔田は、追いかけまくって恋人に。
蒔田の兄も登場し、ややこしくなるのですが・・・。

アフターストーリーもあって、蒔田はかっこいい男になってました。

せんせがあとがきに書かれてましたが、蒔田兄のお話が描けたらなぁ~と。
私も蒔田兄は、受けでお願いします!
このお話も年下攻めだったら、なお良いのですが、そううまくはいかないですよね。

2

チャラ男、恋で更生する。

「堅物准教授とチャラ系大学生の不器用な初恋のお話」との事ですが、もう表紙が陵辱系なんですけど…と思いつつ読む。
そして、1ページ目からデカい学生がネクタイメガネの唇を強引に奪ってる。
学生は蒔田桔平。傲慢で、女も取っ替え引っ替えのチャラ男 。学業もナメてて授業も代返でサボりがち。
が、准教授の日野はそんな蒔田に厳しい+冷たい+無視。
そんな仕打ちを受けるのは初めての蒔田は、何とか日野に自分を認めさせようとして…
こんな感じで、始まりは恋というよりただ振り向かせるための執着というようにも見えますが、実は日野先生の方はずっと蒔田に惹かれてたのですよね〜。
先生の恋は臆病で、健気で、初心で。確かにピュアな初恋なのです。
何も始まってないのに、もう失った時を想って怖気付く日野先生。
片や蒔田の方は、初めてのままならない相手に戸惑い、気付けば今までのライフスタイルを一変させても自分の気持ちを認めてほしい、となる。
…と、心情面ではなかなか焦れったい王道系ですが、肉体的にはハードな濡れ場満載です。
カラダにも刻み込む!とばかりに、蒔田は日野を激しく抱きますよ。
後半一波乱がありますが、雨降って地固まる的展開で、日野は素直に蒔田に愛を伝え、蒔田は猛勉強で司法試験合格、そして検事になり、生涯の愛を誓うのでした。
絵柄は濃い目。
2人ともイイ体で、攻めx攻めにも見えるくらい男臭い。特に蒔田は迫力があるので、年の差には見えません。日野はツンデレで段々色っぽくなります。

2

けだものだもの。初恋とはピュアピュアならず、恋に溺れてしまう事。

劣情先行型と見せて。どうにも心を揺さぶられて仕方ない、「こんなの初めて‼︎」的な。
ゆえに『初恋』と銘打っているけども、そこは東野裕先生らしいエッロエロなのだ。
激しく貪り合うそれは、『初恋』というピュアな響きにはそぐわないけれど、その熱情はまさしく『初恋』他ならない。
序盤は、イケメンで自信満々の蒔田にだけ冷たく接する日野先生の、実は意識しちゃってます的な面倒くさいツンデレっぷりにやや引きますが、そんなの気を引いているとしか思えない。そして、蒔田はまんまと翻弄されてしまう。日野先生のツンデレ勝ち。まさか作戦では無い。ただただ不器用で、気持ちがダダ漏れてしまっている。手練れの蒔田は早々に気付くものの、自身のガキっぽさに呆れられてしまうとばかり、今度は日野先生を避けようとしてみたり。我知らず駆け引きをしている様な事になってしまう。そして、会えば濃厚なエッチをかます。ただ流されている様に見えた先生もなかなかのもので、ホントにエロい‼︎ そして、少し以前の作品だから? 全くもってモロ見えちゃってます‼︎ え⁈ いいの⁈ めっちゃ見えてますけども。大らかなの⁈ カタチくっきり。

実は蒔田の家が政治家の家で、父の秘書をしているという兄に二人の仲を邪魔されそうになったりして、蒔田の将来を案じて日野先生は身を引こうとしたりしますが、蒔田の情熱の前にはそこまでの障壁にはならず。描き下ろしでは、卒業した蒔田は検事になっており、二人は同居しているというめでたしっぷり。あとがきには、政治家の秘書である兄が緊縛されているイラストもあり、スピンオフを描くような予定があったみたいだけど…。描かれたのかな。『議員秘書、お座敷での秘密』設定は美味しそうですよね。

一着のパジャマを日野先生は上を着て、蒔田は下をはいて、背中から抱いて寝ているというBLならではの萌え姿もあって、めちゃ甘い。シリアストーンなんですが、とにかくめっちゃ甘い。そしてエロい!
東野裕先生の描くイケメンたちは首が太いのか、顔が小さいのか、欧米人寄りのスタイル。その肉体美も相変わらず力強くて、圧倒されました。

0

絵の通りの…

『初恋』なので、もう少しピュアピュアなやつを連想していたのですが…。さすがにそこは東野先生。その絵の通りに、ちょっと(いやかなり?)力ずくな恋愛でした(笑)。キャラ的には、先生のことを好き過ぎて空回りする年下の攻めも、大学准教授という立場ゆえに逃げ回る受けも、どちらも可愛いと思います。ただ、絵がゴツくてエロい(誉めてます!)故に、可愛いと表現することに少し抵抗はありますが。
私も、蒔田兄のスピンオフを全力で待機しております!

2

意外にワンコでした

1冊丸ごと表題作シリーズです。
誰からも好かれ女性とも遊びまくっている傲慢な大学生とその大学で教鞭を取る真面目な准教授。
傲慢俺様な年下攻めの王道的なストーリーで、その点では期待していた通りだったのですが、描き下ろしの後日談を読んだ時に攻め様が以前と同じ台詞を繰り返していて、結局この2人は心情的には余り進歩していない?と思ってしまってモヤモヤしてしまいました。
でもそんなだったら一緒に住むことなんてしないよなぁ…とも思ってしまって、なんとなく台詞と現状がチグハグにも感じました。
受け様のツン度は高ければ高いほど私はキュンキュンするのですが、ツン度は高いのにキュンと感じることがほとんどなかったです(画面上では主人公達はキュンとしているのですが…汗)。
受け様のネガティブ志向が高めなのも少し好みから外れていました。
攻め様は傲慢で俺様なのに意外にワンコなところもあって割と好みでした。
Hは濃いめだと思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う