きみと手をつないで(2)

kimi to te wo tsunaide

きみと手をつないで(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
58
評価数
14
平均
4.1 / 5
神率
50%
作画
鰍ヨウ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
崎谷はるひ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
シリーズ
きみと手をつないで
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784344835207

あらすじ

仲井の結婚話を聞き無自覚のまま動揺する神堂を見た香澄は、想いを抑えきれずに神堂を押し倒してしまうが……! ?ラブ満載の完結巻。

表題作きみと手をつないで(2)

兵藤香澄 ハウスキーパー 25歳 サーファー
神堂風威 ホラーミステリー作家 27歳

レビュー投稿数4

天然=無自覚にエロい。数じゃなく、濃さで…

原作(小説)は未読、1巻既読で読みました。

1巻では、恋に落ちていない二人が、
やっと、いや、必然的に!落ちました~~
よかったー!!大満足!

ホラー作家先生が可愛いんです!
もう、可愛い顔して、
何、エロい事いってるのーーーーー!!
と叫びたいセリフが…
言うこと言うこと、全部エロい。
天然さんなので、自覚0(ゼーロー)

そうなったきっかけを作った家政婦のセリフ
「ねぇ、だめ?俺のこときらい?
先生、俺にしなよ…」

ってセリフに自分、心、撃ち抜かれました…
(ちょっと強引なワンコ攻め好き様、是非、読んで)

1巻目には皆無だったセッ○ス描写も、
こちらでは、たっぷり拝めます
数というより、濃さでww

1

神堂先生、可愛い♪

原作既読です。
崎谷はるひ先生15年ほど前の作品が、コミックになり楽しみにしていました。
昨年夏1が出てから約1年。
2が出るのを待っていました。
1は原作でいうとほんの序章だったので、何巻まで続くのだろう・・
と思っていましたが、案外簡単に2巻で完結してしまいました。
1巻がスローペースな感じだっただけに、2巻は駆け足な感じが残念でした。
主役の2人が出会ったところで終わった1巻でしたが
今回は急接近、あっと言う間に恋人になってしまいました。
原作はとても長く内容が濃いので、どんなコミックになるのかと思いましたが、凝縮されていい意味でいいところだけをまとめている感じでした。
2人の会話は漫画だからこそ表現できる微妙な表情とかがわかりやすく
鰍先生の素敵な画が余計に2人のやりとりを微笑ましく見せています。
特に家政婦の香澄の微妙な心理描写がいいです。
原作でも香澄の心の声が多いですが、裕への気持ちに気付いた後の香澄が可愛いです。
2人が恋人同士となり、香澄が裕の専属家政婦兼マネージャーになったところでお話は終わりますが、番外編の
お正月に香澄の初サーフィンを裕が見に行くシーンが
「海まで歩こう」に収録されています。
原作好きの私としては、この続きの『きみの目をみつめて』も見てみたいです。
それにしても、神堂先生可愛い過ぎです。

2

エロい・・・

天然で純粋無垢な受けってどうしてこうも無自覚でエロいんですかね・・・
私はこちらの本、そんじょそこらの本より
ぎゃあああ////コレやばいわ!!!
と、一人で読んでいるのにもかかわらずコソコソ読んでいました(笑)
甘いーーー受けの言葉攻めがやばいーーー
しかしこれは萌とは違う気恥ずかしさだったかもしれません。
なんて事いうのこの子は・・・!とたじたじになって読んでいました。私。

そして、受けが女子にしか見えない
↑私、かなり苦手な設定なんですが、この作品は何故か大丈夫でした。
小説が先で、結構昔の作品らしいですが、全く時代を感じさせません。

純粋無垢、天然な受けが好きな方には超おすすめしておきます。

1

恐るべし天然受け

原作未読のまま、二巻です。

原作読んでいないので正確には分からないですが、かなり原作に忠実みたいですね。
年上の作家受けを期待していたのでそこは「かなり違うな」と思いましたが、年上だと思わなければ、庇護欲をそそる受けでたまらないです。
二巻でやっと、中身が子供の先生が兵藤くんを好きだと自覚します。
自覚のきっかけが押し倒されてなので、本当、何もしなかったらずっとこのままだったのかもですね。
両思いになってからは、あまあまでした。ごちそうさま。

しかし、最後まで仲井さんを好きになれませんでした。
打算的で、先生を大事にしてるように思えなかったからでしょうか。
原作読めば違うのかな?

原作も取り寄せたので、近いうちに読もうと思います。



0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う