共鳴ーグラマラス・ヴォイスー SIDE:B

glamorous voice

共鳴ーグラマラス・ヴォイスー SIDE:B
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
21
評価数
7
平均
3 / 5
神率
0%
著者
水名瀬雅良 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オークラ出版
レーベル
アクアコミックス
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784775524831

あらすじ

クラシック界に名を馳せる音楽一家に生まれた高藤。才能に恵まれ、作曲センスや歌唱力を高く評価されながらも、なぜか音楽に熱くなりきれない自分に諦めさえ感じていた。そんな中、自らも参加するボーカルグループをプロデュースすることになる。メンバーを探す高藤は、ある歌声を聴いた瞬間、魂を揺さぶられるような衝撃を受けて──!?

表題作共鳴ーグラマラス・ヴォイスー SIDE:B

高藤 薫 19歳 天才作曲家 NATURLのリーダー
能勢 健人 19歳 ボーカルグループNATURLの一員

同時収録作品心と身体の狭間

晴好(サラリーマン)
柳一(サラリーマン)

同時収録作品淫らな囁き

晴好(サラリーマン)
柳一(サラリーマン)

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数4

こちらの表紙もカップルじゃあありません

高藤(攻)を中心としたボーカルグループの名前が『NATURL』に決まり、本格的にデビューに向かい活動していきます。

練習する中で健人(受)と高藤が二人で練習すると、二人の歌声が合わさり溶け合い、健人は高藤との相性の良さを感じ、興奮してしまいます。(これが、共鳴ですね。)
そこで、少し健人にも高藤のムラムラが理解でき…

とにかく、デビューまで事件も無ければ、挫折や葛藤も無し(笑)
天才作曲家が作る曲でメンバーも選りすぐりときたら
成功間違い無し(笑)
あまりにもトントン拍子で話が軽く進んで行き過ぎて少々物足りない。

初めてのライブで健人が興奮して服を隠れ蓑にして高藤にキスする所は可愛いかったのですが、
ライブの後で高藤の健人に対する恋を自覚してからの展開も早い!
もうあっという間に恋人同士になっちゃって物足りない!

健人をスカウトしてからの時間が短い上にあっさり進んで、あっという間に纏まって、あっさり終わり。

本の3分の一は、昔の作品が入っていますが、出来たらこのページ分を使って、本編をもう少し膨らますか、描き下ろしで他のメンバーの事を描くとかして欲しかったです。

あまりにもあっという間に、あっさりと終わってしまって物足りなさが読後に残ってしまいました。

3

早っ!

一巻でいろんな伏線をはって、ノン気の健人をどうやって堕としていくのか、他の二人はいい感じになるのか…などあれこれ期待して読んでしまっただけに、色んな事が雑な感じでした。これは、後書きに作者さんが「もう少し焦らすつもりが大人の事情で早めに終わらせることになり中途半端になってしまった」と書いていたので、仕方ないですね。
すごく好きな設定だっただけに残念でした。

でも、初めて高藤と健人が二人で歌合わせをして、声の相性がいいことに気づいた時の健人や初ライブが成功してタオルに隠れてキスする健人がすごく可愛くて、小悪魔と言うか、もう好きになってるなってニヤニヤするシーンはたくさんありますから、真ん中の評価にさせていただきました。

ほんと、もっと続きが読みたいですね。

0

もっと長く読みたいな

ヴォーカルグループと、天才音楽家xヴォーカリストの恋、下巻。
4人で歌う時のケミストリーは圧倒的で、グループ名も「NATURAL」と決まり、デビュー前の業界向けのシークレットライブも決定、いよいよ走り出すプロジェクト。
初めてのメジャーな活動のスピード感に戸惑う健人だけど、まず高藤と2人で歌を合わせてみる。
そこでの圧倒的な一体感、歌う事への興奮、高揚感、衝動…無意識に高藤に惹かれていく流れかな?
高藤も少年時代からの神童的な音楽の「技術」を越えて「心」が伴ってきて、それこそが聴く相手を感動させる。
高藤が見出してくれて、初めて自分を高めてくれる才能たちと出会えた健人と、健人の声があって初めて技術に心が追いついた高藤。
2人は身体でも求め合い恋人に。
グループもデビューし、人気が出てきそう。
……というところで終わり〜!あとがきにて大人の事情でここまでという事です。もっと長く展開できるお話なんですけどね。残念。
表紙は高藤とイアンです。

「心と身体の狭間」「淫らな囁き」
セフレの晴好と柳一。柳一は土曜日に見合いをする。
怒った晴好は見合いを邪魔しに行き、実際に見合いをぶち壊し。
つまりは「好き」という言葉を伝えてなかった、という行き違いのお話。
続いて、恋人になってから。
柳一の仕事が忙しく、なかなか会えなかった2人。やっとお泊りなのに柳一は爆睡。
眠気と性欲のバトルはどっちだ?というお話。

0

2巻です

そんなわけで2巻です。

キラキラに着飾った社長が登場したところで終わった前回。
こちらではグループが始動して、健人の才能にみんなが驚くさまが存分に見られました。
攻めが天才であるように、その天才に見出された主人公も同じように天才であってほしいと願ってしまうのは、「CPは対等であるべし!」論者としては譲れません。

前回では高藤が「歌声を聴くとキスしたくなるけど、好きかどうかは分からない」状態でしたが、高藤とのセッションで高揚した健人熱に触れてやっと自覚します。

ただなー。
1巻から思っていたのですが、高藤、無表情すぎ。健人は赤くなりすぎ。
これでは健人の方が「高藤好き好き!」に見えてしまうではないか!
「受けが先に攻めを意識しまくって、恥ずかしい行動を取りまくる」というBLでよく見るパターンを阻止したいわたしのような人間にはつらい描写が多かった…。
さらに芸能事務所所長である従兄弟の言葉で、音楽にしか興味がなくて、恋愛には無頓着系か!?と期待していた高藤が、男女共に経験豊富だと知ったときのわたしの心境…。
「そんな無駄なことに時間を使うくらいなら曲を1曲でも多く作りたい」系であってほしかった…。
それなのに健人にはどうしても触りたい、触ると曲が浮かぶなんて初めて!って言ってほしかった…。

まあ、いいんですけど。

最後まで気になったのは、ひとことも、誰一人として健人のビジュアルに触れなかったことです。
ハーフくんは「美しく」、マダムキラーくんは「大人の色気」、高藤は中学時代から全校生徒を魅了してきたイケメン。そこに並ぶ、というより、そこでセンターに立つ健人は?みんな、どう思ってるの?
作画ではハーフくんに負けない美人に見えるけど、中学時代は高藤のせいで女子に惨敗してきたというエピソードしかないので、「歌はいいけど見た目は残念くん」という評価くらいしかしにくく…。イケメンなの!?美人なの!?お手伝いさんにしか見えないくらい地味なの!?
うーむ…。

そんなこんなで最後はCP成立するものの、いろいろなことが気になってすっきりせず。
あとがきを読んで納得しました。もっと続く予定だったんですね。
たしかに恋愛方面の加速度が後半になって猛スピードだったし、ボーカルグループの方も世間の反応も聞いてみたかったのにそこまでたどり着かなかったし。
大人の事情は作品の満足度を下げてしまいますね。悲しい。

同時収録はリーマン同士のCPで、2話収録されていました。
誤解ややきもちやすれ違いをぎゅっと詰め込んだ作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う