月四億のお給料? 悪魔に見初められた青年の運命は――。

欲しがりな悪魔

hoshigari na akuma

欲しがりな悪魔
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
11
評価数
6
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
いとう由貴 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
緒田涼歌 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥890(税抜)  
ISBN
9784773088090

あらすじ

平凡なサラリーマン・智章を待ち伏せていたのは、二十数年ぶりに再会した幼馴染みのレイ。
幼い頃に交わした結婚の約束を実現するため、プロポーズをしてきたレイに、智章は戸惑うばかり。
男同士で、何より財団の次期総帥となったレイとは身分が違いすぎる。
智章は何とか断ろうとするが、仕事の取引を盾にしたレイに強引に攫われ、美味しくいただかれてしまう。
過ぎた束縛も愛があるからと思い始めた智章だが、自分の「好き」とレイの「好き」には大きな隔たりがあることに気づいてしまい……。

表題作欲しがりな悪魔

怜,財団の次期総帥
智章,サラリーマン

レビュー投稿数3

評価が低いみたいですが

内容的には古いBL作品で良く見かけたお話です。
好きだ愛していると言われた受けが絆されて恋人になる事を承諾します。
でも実際は奔放に遊ぶ攻めを心配した両親に結婚を勧められた攻めが、幼稚園時代の約束を思いだして納得させられる恋人を連れて来るだけが目的でした。

受けは何もかもを捨てて身ひとつでアメリカに行き、攻めの隣に並べるようにと頑張る努力家です。攻めは溺愛する振りをしながら囲い込み自由を与えません。

そんなある日にテレビで女優とのスキャンダルを知ります。帰宅した攻めに問いただすと本命は受けで、他の人とのセックスはスポーツだと平然としているのです。受けは攻めとの感覚の違いに寒気を覚えて、攻めの両親の助けを借りて逃げ出して帰国します。

受けが居なくなってから気持ちを切り替えるべく、再び色々な男女と身体の関係を持つ攻めですが、彼等の卑しい姿に受けとの違いを比べるようになり苛立ちが止まりません。

そんな攻めの様子を見かねた母親が攻めを諭すのです。もし受けが攻めと同じように他人と関係を持ったらどう感じるのかと?そこで攻めはようやく自分がどれくらい酷いことをしていたのか気がつくのです。

母親に受けがメキシコに出向で来ている事を教えて貰い、ようやく受けに会いに向かうのです。
再会して攻めの誤解やメキシカンマフィアの銃撃とか色々ありましたが、攻めが今までとは違うと感じた受けはようやく寄りを戻す事に決めます。

受けは日本で働きながら長期休みには渡米して、その間は攻めが頻繁に日本に会いに行っているようでした。

攻めはアメリカに行ってから両親から離されて富豪の祖父の後継者になるべく教育されてきたのです。13歳になると女性を用意されてセックスで相手に夢中にならないようにと、祖父に教えられて来ました。

攻めは悪魔ではなくて、この亡くなった爺さんこそが悪魔だったと思います。

惜しいのは2人がどうして別々に暮らしているのか?受けがアメリカで働けるだけに成長したら一緒にまた暮らすのかが書かれてない点です。

今は同性婚が出来るのでまた違った結果になりそうです。

0

後半部分を掘り下げて欲しかった

このお話は、攻が受に許しを請い、愛の告白をするタイプの王道ストーリーだと思います。

タイトルは"欲しがりな悪魔"ですが、
"あれも欲しいこれも欲しい、利己的で悪びれのない攻" なのかな。

実はクズ攻め目的で購入したのですが、そこに期待すると、いまいちでした。
受に接近した理由は正真正銘クズですが、なんだかんだで早々に受を愛しているように見えましたし、裏切りについても"価値観の違い"という印象を受けました。

後半3割部分の攻のスポーツ()発覚以降が話のキモだと思うのですが、
もっとページを割き、掘り下げて欲しかったです。

最後の狙撃されるシーンは伏線があればなぁと思いました。
残りわずかなページでの攻の失地回復手段だったのかもしれませんが、
唐突すぎて、頭の中にエンダアアアイヤアアアが。避けられなかったです。

あと、結局結婚はしていないのでしょうか。詳しくありませんがNYって同性婚できませんでしたっけ?法的なものじゃないのかな。
形だけの式でも挙げてほしかったです。

個人的には約1,000円に釣り合う本ではなかったかなぁ。
久々に高い買い物をしてしまったと思いました。

2

悪魔は出てきません

本物の悪魔の話かと思ったら、ただのお坊っちゃま攻めでした。
突っ込みどころが多くて、いまいち萌えず。。
ずっと受けのこと好きだったわけじゃなくて利用したと言っておきながら、それなら最初からあんなに執拗に求愛しないだろうって思ったり、そもそもいつ思いが変わったのか、全く分からなかったです。
それにスポーツ感覚で他人と寝てるのを相手が嫌がってるのが分からないとか。。ちょっと痛いですね。。
ということで、攻めの魅力があんまり伝わってこないのが残念でした。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う