四代目・大和辰之【BLCD】

yondaime ooyamato tatsuyuki

四代目・大和辰之
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神59
  • 萌×219
  • 萌13
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

221

レビュー数
17
得点
412
評価数
94
平均
4.4 / 5
神率
62.8%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
グランビー
脚本
佐々美沙
原画・イラスト
スカーレット・ベリ子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー初回特典:描き下ろしプチコミックス
フリートーク
なし
発売日
JANコード
4560219323643

あらすじ

関東中心に勢力を広げる一大ヤクザ組織・大和会(おおやまとかい)。
その四代目である大和辰之(おおやまとたつゆき)はある恋に破れ、 腑抜けた生活を送っていた。
見かねた若頭・浅生田(あそだ)はそんな彼に九州地区を統括させようとする。
だが福岡に着いても気分は乗らず、飲み歩いて公園で寝ていた辰之は、
突如何者かに連れ去られ、欲望にまみれた一夜を過ごすーー!?

表題作 四代目・大和辰之

小鹿望 → 興津和幸

大和辰之 → 佐藤拓也

あて馬
櫓木卯一 → 新垣樽助
その他キャラ
浅生田[滝知史]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

サトタクさん受け大好き!

保育士:小鹿望(興津和幸さん)×ヤクザ:大和辰之(佐藤拓也さん)です。
原作は未読で、完全にサトタクさん受けだから購入しました。

失恋した辰之を見かねて若頭の浅生田(あそだ)に福岡に行けと言われます。
福岡で酔いつぶれているところに小鹿が助けてくれる・・・と思っていたのですが、原作では誘拐するみたいですね!(CDだけだとてっきり救助されたのかと思いきや、まさかの誘拐でした。)

そして辰之が起きたら、すでに事後だったという(4回ヤッたとのことです。)
しかも辰之は全く覚えていないという・・・。しかも小鹿とは幼なじみだったと・・・。(ただし、小鹿はストーカー気味)
辰之は小鹿と幼なじみだったということも覚えてないという・・・。(小鹿報われない・・・)

濡れ場シーンですが、ホンットにサトタクさんの受けが好きすぎて、ごはん3杯はいけますね!
好きなんですけど、途中で興津さんなのか、サトタクさんなのかがわからなくなりまして・・・
何回か聴いているのですが、やっぱりわからなくて、まだまだ精進が足りないなと・・・。あと、これリバになりませんかー!?(リバ大好物)
なってもおかしくないと思うのですが、どうでしょうか!?

個人的に櫓木(新垣樽助さん)が好きですね。胡散臭くてw←褒めてます。
結局、櫓木は辰之の父親が大好きって話なんだよなぁ~って。
まぁだからと言って、辰之を誘拐して、あんなことやそんなことをするのはどうかと思いますが、レイカ(櫓木の娘)のおかげで、ちゃんとお迎えが来たので良かったかと。彼女がいなかったら、マジでどうなっていたことやら・・・

原作未読でCDだけではわからない描写がたくさんあったので、原作を読みたいと思いましたね。

2

辰之がより男前に

原作既読です他の方もレビューされていますが、この作品は原作片手でないと音声だけでは今何が行われているのか非常に分かりにくいと思います。

説明台詞もあまりありませんので、是非原作未読の方は読んでから聞かれることをおススメします。
原作が大好きなのでCDも購入したのですが、望役の興津さん、辰之役の佐藤さんお二人の声が本当に役柄ぴったりで、わんこな望と男前の辰之がより魅力的になってます。

最初は望に連れて行かれて犯されちゃうのですが、辰之も徐々に望みに惹かれていき、トラウマを抱えた望をまるごと受け入れちゃうとっても男前な辰之を佐藤さんの声で聴くとよりかっこ良くなってます。
かっこ良いだけじゃなくて、色っぽくてめちゃくちゃエロいのです。

望は辰之にベタ惚れでちょっと気持ち悪いぐらい好き好き言ってるのですが、興津さんあんなワンコな声が出るんだと思うくらい望はかわいいです。本当に作品によって全然違う表情をみせてくれて凄いです。

櫓木役の新垣さんも、櫓木の嫌な感じめちゃくちゃ出ててさすがという感じです。
キャストさんがそれぞれぴったりで購入して良かったです。

原作が素敵なのはもちろんなのですが、音声が入るとより登場人物達の感情が胸に迫ってきます。
この作品で、佐藤さんと興津さん大好きになりました。

3

男前受け良いですね!萌えます!

初聴きした時は、原作を持っておらず、音だけでは何が起きているかわからない箇所がたくさんあり、予備知識も無かったので「??」となるところが多かったので、原作を片手にまた聴きました。

すると、目からの情報もあり、お話をますます楽しむことが出来ました。スカーレットベリ子先生にも、見事ドハマり。キャラを見ると、声優さんも凄くぴったりで耳にすぐ馴染みました。

他の方も言ってらっしゃいますが、原作とCD両方を持っている状態で楽しむのが1番ですし最高だと思います。

辰之が櫓木に拘束や目隠しをされているのは鎖の音で何となく分かっていましたが、電話越しのシーンは、こんなエロいことされてたなんて....!正直、分からなかったです(笑)声優さんの息遣いがエロくてその分は何ら問題ないのですが、もうちょっと実況的なセリフを入れても良かったんじゃないかなーと思います。せっかくこんなにエロいシーンなので...!(笑)

前日談の「みのりの手」のほうも音声化してくださらないかなーと少し期待しています。

1

息がぴったり!

原作から大好きなお話で、とても楽しみにしてました!
望くん役の興津さんが原作を読み込まれてるようで、望くんそのものでした!
辰之くん役の佐藤さんもすごくお声が素敵で、喘ぎのお声なんて色っぽかったです!
櫓木さん役の新垣さんは、スカべリ先生のレポにもあったんですが、娘を呼ぶ「れいか~」の感じがキモくて最高でした!(笑)
いろんな作品でそれぞれ共演されてるので、すごく息がぴったりな感じ。
ただ、原作を知ってるのでCDだけ聞いていても情景がうかびますが、知らない方だと「これ、何があってるんだろう?」って感じになるかもしれません。
原作見ながらだったら伝わりそうです。
でも、好きなお話が音になるってより好きになりました!
声優の方たちもすごく好きです!

2

リバップルちっく

原作既読。格好いい可愛いキモいの三点セット。
佐藤さんはチョベリバのバリタチのイメージが強かったので意外ッ!でした。抱かれてぇ…あ、でも辰之は受けなのか。
興津さんの出るBLCDはよく聴いているのですが、何やっても別人ですね。さすが熟読されているだけあって演技が細かく、いちいち可愛い。抱き締めたい…あ、でも望は攻めなのか。
ヤクザ役に定評のある(笑)新垣さんは非常に気持ち悪い。麗華ちゃんのパパじゃなかったらもっと嫌いになってた。
BLCD業界の売れっ子3人がやってるんだからつまらない訳がない。個人的に好きなのは麗華ちゃん!漫画の麗華ちゃんはもっとドSで可愛いよ。幼少期の望も可愛いけど…。いや、やっぱり麗華ちゃんのほうが(ry

1

原作片手に聞いた方がいいかも

分かりにくい描写があるので原作既読のうえCDを聞いた方がいいと思います。
メインの3人の声優さん目当てに購入したのですが、皆さんハマり役でした。

他のレビューで詳しくあらすじを書いてくださってるのでストーリーについては割愛しますが、攻めの生い立ちが不幸だっり受けも心に傷を負っていますが、攻めのキャラが底抜けに明るいので暗い雰囲気になりすぎなくて良かったです。

辰之役の佐藤さんの男前受けはかっこよかったし、望役の興津さんもコミカルで良かったし時々出る博多弁も可愛かったのですが・・・
ごく稀に監獄学園のアンドレの声のトーンに似てる時があって、アンドレの印象が強烈だった為たまにあのキャラが頭を過って話に集中できないのが難点でした(爆)

個人的に櫓木役の新垣さんが、ゆったりとした口調のいい声で「新垣さんってこんな艶っぽい低音も出るなんて!!」と驚きました。
役によって演技も声でもここまで変えてくるなんて演技派だな〜と今まで以上に新垣さんに興味を持ちました。

1

声優が役に合ってる!

佐藤さんも興津さんもとても役に合っています。素晴らしいです。

佐藤さんの演じている大和辰之さんは普段男前でかっこいいけど、セックスしている時はエロくて、かわいいです!

興津さんの演じている小鹿望さんも普段はふんわりしているけど、いざ頼りになってかっこいいです!

ですが、やっぱりCDを聴いていると、何しているのかわかりませんね。残念です。

けど、声優たちの演技にとても満足しました!なので、私的には神評価です!

1

うーん

声が似すぎてて、どっちがどっち!?ってなりました
得にキスシーンは

0

待ってました!佐藤さん受け!!!

佐藤さんといえば、興津さん受け、佐藤さん武内さん攻めの3pで有名な「チョコストロベリーバニラ」。とても低音&エッロい攻めをしていたイメージしかなかったので、受けと言われてもあまりしっくりこなかったのですが…(๑° ꒳ °๑)
いざ視聴。



…こりゃあヤベェ(´☣౪☣)
なんという可愛さだ….
しかも、攻めが…チョコバニラのときの受けさんではないか…

1

迷いに迷って…

萌×2の評価で落ち着きました。この作品、非常に評価が難しい…。
原作既読(みのりの手も)。キャストのファンなので購入しました。
原作の評価は萌か中立か迷って萌にしたと思います。なので、内容に関しては一切期待していませんでした。
で、評価基準はというと、声優さんの演技のみ。これなら文句なし神評価です。このCDのおかげでまた漫画読んでみようと思うほどキャラクターに愛着がわきました。
特に興津さん。こんなはっちゃけキャラが似合うなんて思ってもみなかった…!色気があって落ち着いた雰囲気の印象が強かったので、ちょっと意外でした。
佐藤さんも違和感なく、私の好きな佐藤さんでした。完全受要員になってしまったのかな、そこだけが残念ですがこの作品には関係ないですね…(笑)
櫓木役の新垣さんもとってもよい脇役でした。特に「れぇぇ~いかぁ~」最高でした(笑)
あ、浅生田さんも一切違和感なく、よかったですよ。ごめんなさい、存じ上げない方だったので、これからに期待です。

さて、神評価じゃなかった理由ですが…今回の私の評価基準は声優さんのみですが、一般にレビューするとなると、通常のCDと同様、構成や中身の部分も評価対象だから、です。
皆さんもおっしゃっていますが、何してるのかわからない!!
原作もそういう作りなので仕方ないといえばそうなのかもしれませんが、みのり先生って誰、ですよねこのCDで初めてこのシリーズ?に触れた人にとっては。
構成や中身の評価で行くと、中立評価になります。

最後に、初回特典の小冊子。内容すっかり忘れてた状態で読んで、あれ、こんなに萌える作品だっけこれって?と思いました。(笑)
原作ファンの方には非常に申し訳ない…と思いますが、そう思わせてくれた小冊子は原作ファンの方ならより一層楽しめるのでは!?
ということで、声優さんの演技と小冊子の貢献により萌×2評価に。

キャスト買いなら聴いてみてもいいんじゃないかなと思います。特に興津ファンの皆さま、必聴です(笑)かわいすぎてますますファンになりました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ