スーパー攻め様が受ける!!

僕のハイスペック彼氏様

boku no high spec kareshisama

僕のハイスペック彼氏様
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神67
  • 萌×241
  • 萌19
  • 中立7
  • しゅみじゃない14

--

レビュー数
26
得点
563
評価数
148
平均
3.9 / 5
神率
45.3%
著者
よつあし 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865891850

あらすじ

妄想力逞しい凡人リーマン×ハイパーセレブリティな男前社長。王道をブチ壊すハイテンション・ラブコメディ!

表題作僕のハイスペック彼氏様

横道勇,入社2年目の凡人なリーマン,Ω
烏丸厚,攻の会社のセレブリティな新社長,α

同時収録作品番外編

田中一郎,リーマン,横道の友人で同僚,24歳,β
マリク・ビン・サッタール,石油王の息子,α

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数26

αが受けるBL

Ωが攻め!αが受け!!ということで気になり買いました。
オメガバース界隈の受けを妊娠させようという姿勢は好きですが、たまには逆転しないかなと常々思っておりました。

Ωの子はかわいいけれど、しっかり男性で攻めで受けのことちゃんと好きでいいですね。
あとΩにありがちな冷遇などあんまりなかったので暗くなくて良いです。

αが受けで外見設定スーパー攻め様なんですが、じつは世俗慣れいていない天然です。
めちゃくちゃプライドも高いαを堕とすのかな?と思ったら、意外にかわいいαで驚きました。

ふたりが無理やり…、ヒートで…などなし崩し的にくっつく感じではなく、納得してくっつくのが好感持てました。

あと番外編の眼鏡と石油王は番外編でおさまらないレベルです。
こっちの続きが読んでみたい…

ギャグテイストでかわいいお話でした。

0

新しすぎて唖然としました

斜め上の面白さとは聞いてはいたのですが想像以上でした。これを描かれた先生・・・天才だと思います。

最初は、このキャラデザでΩ×α?イメージじゃないわ〜。と、思っていたのですが・・・。読んでみたらおもしろすぎて全く退屈しませんでした。

というか、新しすぎます。
不用意に闘牛が出てきても違和感のない漫画ってすごいです。

最近は、他の出版社からもオメガバースは出てきていますが、やっぱりオメガバースと言えばふゅーじょんぷろだくとだわ・・・と、思わざるを得ない作品でした。

気になるのが、ページを追うごとに冴えて来る田中。石油王のハートを射止めた恋物語も読んでみたいです。

1

小ネタが笑える

紫の牛の人!
途中までは小ネタにクスリとし、突拍子もないギャグや横道の突っ込みに笑えましたがだんだんこちらのテンションも落ち着いてきて。

烏丸の超ハイスペックで常識知らずで純粋で懐の深い所や、横道の一途で烏丸を想う所や、横道と田中のやり取りなど面白かったです。

田中の活躍は必要?なかなか興味深い人物でしたがマリクに対してドMに仕立て、しかも自分はSMには興味ないとか。お金を集めるのが好きなだけで金持ちになりたいわけじゃないとか、あれだけ買収されといてなんだかなあ。

横道と烏丸が無事に番になれたのも良かったですね。葛藤や障害も少しだけで、とにかく烏丸が懐が深い!
横道の夢が叶ってハイグレードな男を抱いて、しかも愛し合ってぐっちょんぐっちょんに犯す願望も叶いました。

でもなんかすっきりしないのは何故かなあ。

0

Ωは受けだと誰が決めた?

面白かったです。
エロもギャグも良かったのですが、キャラクターの濃さに全部もってかれました。
テンポが良く、障害を乗り越えながら愛を育んでいく横道くんと烏丸さんが素敵。
横道くんは可愛いαですが、攻め志望のバリタチ男。出会った当初から烏丸を犯す妄想をしているような強かさが好きです。烏丸はハイスペックな完璧αですが、横道が「タチがしたい」と言ったら快く了承してくれました。優しい。
最初こそ烏丸が騎乗位で手綱を握ったセックスでしたが、5話でようやく横道くんが主導権を持つセックスになります。良かったね…!
烏丸さんはハイスペックイケメンだけど、ちょっと天然なところが可愛いですね。
欲を言えば、もっと烏丸さんのぶっ飛んだギャグ描写が欲しかった。
最初の暴れ牛止めとヘリで出社以外は結構大人しかったので、もっとギャグましましでも良かった気がします。もっとスパダリのところが見たい。
あと帯に「スーパー攻め様」って書いてあるけど、「攻め喰い男子的」な屈服感はないです。

恋のライバルが厄介な幼馴染石油王(α)で、その石油王を落とすのが金にがめつい横道くんの友人・田中(β)なのも面白い。
田中が一番キャラ濃いかもしれない…。
彼は名言メーカーです。

0

ギャグ基調のオメガバース。

恐らく、商業BLで初めて「Ω×α」及び「β×α」つまりは「α受け」のオメガバースを描いた作品だと思います。(違ったらすみません……)
ギャグ調で読みやすく、それでいてαとΩの地位の格差を、オメガバースの基本形を抑えた作品(但しα受け)だと感じました。
オメガバースの基本形を抑えつつも、ドロドロとした設定ではない為、大変読み易い作品だと思います。
「Ωが受けだと誰か決めた!?」という方に、是非読んでほしい作品です。

2

エロシーン最高です

オメガバースものです。
α受けでΩ攻め初読でしたが、エロシーンは最高でした!

αは「the・α」+「天然ボケ」なド直球キャラです。
タチなΩが今までαに虐げられてきたからこそ、
ぶっ飛んでるαが全てを受け入れる優しさが沁みた感じですねぇ。

全体的にギャグ調で、叫びツッコミ。
ボケも、言葉の面白さと言うより、キャラのぶっ飛んでるとこが押し出されていました。
ギャグの毛色は合いませんでしたがまぁ、まぁ面白いかなぁ…という感じで読み進められました。

とにかくエロシーン最高です。(2度目)
表紙と中身の作画ギャップ無いので、この絵柄のエロ読みたいなぁと思った方には自信を持っておすすめ出来ます( ◜ω◝ )

2

明るいオメガバース。

Ωというだけで疎まれ蔑まれる運命だったり、フェロモンに翻弄され苦しんだり、辛い過去を背負って生きてきた受けの前に運命のαが現れて過酷な環境から救ったり…というのがオメガバースの王道かなと考えていたし、そんなところが萌えポイントできゅんとくるのですが、この作品のΩ・横道はそんな暗さがなくて、底抜けに明るい!かなり暴走気味でメチャクチャ笑えます。
横道の幼なじみの同僚・田中がさらにイイ味出していて、ギャグ満載ですごく面白かった~!

しかしながら、能天気な横道でもさすがにハイスペックなαをガンガン攻めたいという望みはなかなか厳しくて、付き合っても身体の関係で破局してしまうのが悩みの種だったところに、理想の彼・烏丸の出現。これがまたハーレクインかってくらいにハイスペック過ぎて、かなりのズレに笑えます。

そんな二人ですが絡みはなかなか濃厚で、烏丸の襲い受けにはドキドキしました。ステキすぎ…。αが受けだっていいんだなぁ~と改めて実感。むしろ図体の大きい方が受けに萌える私としては、こっちの方がバクバクするかも(笑)

このカプもなかなか見応えあったのですが、田中の金の執着ぶりと冷静沈着さが、世間知らずでおこちゃまなアラブの石油王御曹司マリクを骨抜きにしちゃうあたりは緊縛、調教好きな私にはたまりませんでした。田中〰️なかなかやるなぁ~。

ハイスペックのαを受けにしちゃうという点は同じながら、全く逆をいくカプなので一冊で二度楽しめてお得感満載の作品でした!文句なしで面白かったです!

5

奇をてらっていながら綺麗な着地

どうしてもタチになりたい可愛い系Ω×ハイスペックなイケメンα
本来受けになる性別のΩでありながらタチじゃないとダメ!な攻めは可愛らしい容姿に似合わず童貞臭い妄想癖と暴走癖の持ち主で、
受けは超絶金持ちでスーパー攻め様の素養がありながら天然&誠実で可愛らしいところがある人物。
攻めは全然かっこよくないし暴走癖もあるけど人を思いやる気持ちがあって、水族館で子どもに声をかけるシーンはぐっと来ました。
受けはハイスペックなのに傲慢なところがなく、好きになった相手がΩだけどタチをやりたい!と言い出しらネコの経験もないのに快く受け入れるような人です(自分がない、というわけではないので主張すべきところではちゃんとします)。汚れたところがないというか、素直で誠実で心もハイスペックでした。
ギャグセンスはちょっと合いませんでしたが、この二人が最高過ぎて気になりませんでした。
このカップル大好きです。かわいい。そして締めのやり取りはじーんと来ました……。

ところで金にがめついβ×アラブ系自己中αというまた意外性のある組み合わせの脇カップル(?)はこれからどうなるんでしょうか……気になるようなこれ以上追わない方がいいような(笑)

ぜひまたα受けでよつあし先生の作品を読みたいです。

4

オメガバース色は薄め。だけど面白い!

評価は萌え×2寄りです♪


「Ωがネコみたいな風潮なんなの!?」(Ω攻め談)
う…た、確かにそうだ。
Ωだって攻めてもいいじゃない!ごもっともですな(´・∀・`)

という訳で、初めてΩ攻め×α受けを読みました。
ううーん…。オメガバースとしてはかなり薄めかな?

でもオメガバース抜きで考えるととっても面白かったです!
ギャグテイスト満載で、世間知らずの御曹司の天然発言に庶民がツッコむ形がコントのようw
1見開き:1ボケぐらいありそうな勢いでツッコミ所満載ですヾ(*´∀`*)ノ

突然の暴れ牛にJMP(ジャケットマタドールプレイ)が最高に笑いました。
JMPが無駄にカッコいいのがなんとも言えないw

ハイスペックα受けのキャラが魅力的ですねぇ。
上層階級では周りとも馴染んで素敵な紳士なんだろうなー。
優しくて大らかで裏表がなく素直で振る舞いがスマート。
庶民に混じるとちょっと浮いちゃって世間知らずが露呈するのが可愛いです( ´͈ ᐜ `͈ )

Ω攻めは庶民に混じると変わり者なのかもしれないけれど
御曹司相手に会話してるとまともに見えるから不思議だw
ピンチの場面でもボケ倒すのがツボでしたヾ(*´∀`*)ノ
謎のアラブ人に対するイメージが腐女子と同じじゃないかっていう…w

Ω攻めのバリタチ宣言に期待を寄せてたのですが、あまりバリタチ感がない気が?(ФωФ)
α受けがハイスペックに頑張りすぎて、挿れてるのはΩでも受け受けしいぞ??
2回戦は頑張って攻めてたけど、バリタチらしい余裕ある攻めも見たかったなぁ…と。

あと、上にも書きましたがオメガバース色が薄いです。
αとΩがあべこべになって発情期はどうなるんだろう?という疑問があったのですが、
やっぱりαの血の本能としてはフェロモンを前にすると挿れる方になり、それに対してΩは本能的に抗えないんですね。自分自身の意思とは関係なくざわつく本能を抑えて、Ω×αの発情セックスに触れてたのがオメガバースらしさがあって良かったです♪

番外編も良かった!
お金大好きでブレない謎の田中(β)×アホっ子アラブ人(α)
アラブ人ドM受けが乱れるの可愛いぃぃぃぃ(∩´///`∩)
これで愛があれば完璧だったなぁ…。
ブレない田中さんらしくて面白かったんですけどね。
アラブ人がちょっぴり不憫に見えなくも…いや、性癖開発されて結果オーライなのかも?(゚∀゚)

4

おそらく好みはわかれる作品

オメガバースだけどまさかのΩ×αという内容に、正直待ってました!という気持ちでした。
他のレビュアーの皆さんも言っていますが、この作品はオメガバース色はかなり薄いです。
また、ギャグ描写で笑えるかは人によります!(私はかなり好きです)
一途でややヘタレなバリタチΩの横道のために、スパダリ天然受の烏丸が彼の気持ちを汲み取ったうえで受け身に回ってくれるのはさすがスパダリといったところです。
思ってたよりはとんとん拍子に二人が幸せになりすぎて、烏丸の友人のアラブの石油王のくだりはちょっと蛇足だったかな?と思ってしまうところがあります。
ですが、この石油王と、横道(攻)の同僚・金のためなら友情も捨てるβの田中の話がとにかく強烈すぎて最後の最後で全部持ってかれました。
何て奴だ田中……!恐ろしい子!!

最初から最後まで本当に人を選んでしまいがちな作品ですが、ある意味最後まで気の抜けない作品かと思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ