スーパー攻様×スーパー受様、究極の堕とし愛

スーパー受様 開

super ukesama kai

スーパー受様 開
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
50
評価数
16
平均
3.4 / 5
神率
18.8%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896442892

あらすじ

夜久総合病院の院長で外科医の夜久将真は、
資産・地位・最高のルックスを備え、誰もが抱かれたがるスーパー攻様。
そんな彼の前に、父の代で交流を深めた朝倉病院の息子で研修医の開が病院見学に訪れ、
妖しい魅力で次々と夜久の愛人達(受)を、「攻」にして寝取っていくー…!!
そう、彼はスーパー受様だったのだ。
誰にでも抱かれるのに、夜久には「抱かれたくない」と宣言する開の真意とは!?

同時収録は
仕事も私性活も相性バッチリな課長×部下が、
ライバル部署をコンプレックスの喘ぎ声で出し抜くリーマンBL。

表題作スーパー受様 開

夜久 将馬(総合病院 院長・外科医)
朝倉 開(研修医)

同時収録作品アンアン安藤

宇津木(営業課長)
安藤(新入社員)

その他の収録作品

  • スーパーローズヒップ

評価・レビューする

レビュー投稿数5

気持ちが鬱々した時には紅蓮作品を読もう!

1作前の「俺畜」に“紅蓮作品暫定1位”とレビューしましたが、こちらも全く負けていないので“1位タイ”に上書きさせていただきたい。
安心安定の突き抜け具合、最高です!
バカバカしいのにギャグ化はしない紅蓮作品のトーンをしっかり踏襲している装丁がまたハイセンスなのですよ。このデザイナーさんの奇抜とスタイリッシュのバランス感覚すごいなー。

医者×医者、リーマン×リーマンの2本立て。

「スーパー受様 開」(全3話+描き下ろし)
“スーパー攻様”を自称する〔夜久〕の病院に研修医としてやって来た〔開〕は“スーパー受様”を自称する男。
スーパー受様とはまずなんぞや?といいますと「バリネコちゃんをも易々と攻にしてしまう受様」ってことで、開は端正なルックスと妖艶な身体を武器に夜久の数多のセフレ達(=ネコ)を次々に「攻」にして寝取っていきます。
ですが、夜久には断固として抱かれようとしない。
自分だけを拒む開をなんとしても堕としたいと躍起になる夜久。
そして始まるスーパー攻様vsスーパー受様の堕とし愛!
もうねー、1ページ1ページが面白過ぎてねぇ、一人笑いが止められないw
薔薇の花の大活躍っぷりなんなのww
開が夜久を拒む理由には思いのほか深い開の想いがあったのが分かった時、「ヤラレタ…」と紅蓮さんに全面降伏しました。
なお、紅蓮さん曰く、
完璧を求められるスーパー攻様と違い【スーパー受様】には色んな可能性があるとのこと。
スーパー受様 Another versionも見たいです!!!

「アンアン安藤」(全3話)
まさかそのまんまのタイトルじゃあるまいな?と思ったら、そのまんまのタイトルでした。
喘ぎ声が激しい新入社員〔安藤〕が上司やライバル部署の社員達にアンアン言わされながら色々と問題を乗り越えていくリーマンBL。
なんちゅうアホなエロマンガなんだ。
「俺畜」の時はピザ食べながらのセックスが多分紅蓮さんのブームだったんだなと思いながら読んだんですが、このコミックでは第三者にかぶりつきで見てもらいながらのセックスがどうもブームのご様子?
表題作にも本作にもそんなシーンがありましてそれがたいへんエロく、このエロシチュは私も大好きです!とかぶりつきで拝読させていただきました(〃ω〃)
ちなみに安藤くんは喘ぎ声が激しいだけじゃなく、エロい言葉も次々に口走っちゃう子なので、エッチシーンがとっても騒がしいです。

紅蓮さんは個人的には全力でオススメしたい作家様なのですが、誰になら全力でオススメして大丈夫なのかが分かりません(^^;
それにしてもこの方のキャラ達は毎度下半身の着用率が低いな。笑

【電子】シーモア版:修正白抜き、カバー下なし、裏表紙なし

2

もはやどこから突っ込んでよいのか

相変わらずの紅蓮先生節健在で良かったです!
もはや突っ込みが追い付かないは平常運転。
でもたまに読みたくなるこのテンション、妙な破壊力がありますね。
思いっきり突っ込んだり笑いたいときに読んでいただきたいです。

カバーデザインがあまりにスタイリッシュなのでそれも面白い。
ガチイキ挑発ナイトといい、ジュネットさん最近スタイリッシュになってきたなあ~となんだか感慨深かった。

2

もはや神の域

今回もエンジン全快ですね((´∀`*))ヶラヶラ
ぶっ飛びすぎて文句をいう隙間もない。
てか「スーパー受様」ってなにさw
最近「スーパー攻様」て単語をよく見ますが、
そっちもどうよって話。
自らをスーパーと名乗る男たちの熾烈なラブゲームであります。
こんな病院嫌だ。

他者も認めるスーパー攻様(医者)のもとにやってきた一人の男。
彼もまたスーパーが付く受様。
攻様が調教した男たちが受様の餌食となっていく。
そんな受様を攻略してやろうと頑張るもののかたくなな受様のアソコは
受け入れを拒否?!
硬い穴をほぐすために一晩クスコ突っ込んで放置プレイ。。。の
画面がどうにもシュールで笑いが止まらなかったw
ただ、最後に知らされた衝撃告白。実は~な展開。
アホを積み重ねたラストのラブは割と好きでした。

アンアン安藤・・・
もうタイトルからしてですねw
こんな会社いやだw

2

ピアスだからこそ描ける‥

いやー凄いね‥新刊出る度思うんだけど、紅蓮先生絵は綺麗なんだよね‥中身はお馬鹿なんだよね‥面白いけど‥某アイドルの言葉を引用すると、『中途半端に馬鹿するんじゃなくて、思い切って馬鹿やってみた』って感じが出て潔いなぁ。
《スーパー受様 開》9割エロでした、スーパー攻様に振り向いてもらう為、スーパー受様になった男の話
《アンアン安藤》6か7割くらいエロでした。喘ぎ声がアンアン言ってる安藤君の話、2話目くらいから喘ぎ声のアンアンが物凄く減っている気がする、タイトルに偽りありになっちゃうよ(笑)
ピアスだから、ここまで思い切って書けるんだろうなぁ、以前違う雑誌から出したコミックは、もう少し中身がソフトだった気がします。これからも、このスタンスで頑張ってほしいです。

4

突っ込みたい。

いろいろと突っ込みたい作品です。

「そう、私はスーパー受様です。」って何がだよって突っ込みたい。
この受様の脳みそ大丈夫なんだろうか。
本当ね、病院連れていってあげたいよ。スーパー受様はお医者様だけどね。
(なんでか、perfect humanと被るから更に面白い)

爆笑するしかない。アホでギャグな内容です。
BL界のお笑い担当を目指してるんですかね。

笑うには面白い作品です。評価は中立だけど、ここまでアホアホで描けるんだからある意味神だよね。

スーパー受様ならこのいろいろと突っ込みたい気持ちをその尻穴で受け取って欲しいよね。
木にロープでグルグル縛り付けて尻穴だけ剥き出しにさせてあげるから、よろしく、スーパー受様。

ネタバレなしだけど、本当ね、笑うには良い作品です。
萌えを期待するBLとしては読めません。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ