馬鹿とオレとシモのハナシ

baka to ore to shimo no hanashi

馬鹿とオレとシモのハナシ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×211
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
113
評価数
30
平均
3.8 / 5
神率
26.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799730539

あらすじ

なんでオレ、こんなクズ好きなんだろ……。
お気楽で好きに生きていて、エッチの本能バリバリ! な
幼なじみの忠司とズルズルセフレ状態でいるサコ。
今日もなしくずしにHに持ち込まれて!?
最初は怒っていても、色気のあるかっこいい顔をされたら
身体じゅうがグズグズに蕩けてしまい……。

表題作馬鹿とオレとシモのハナシ

忠司 / 職業不明(お金にだらしない)
サコ / サラリーマン

同時収録作品購買ラプソディー

鳥栖四郎/ 大学2回生
田端隆雄/ 大学の購買事務職員

同時収録作品想い食堂

鹿川博己/社員食堂の調理師
山本/社内で浮いてるサラリーマン

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

良いガタイが拝めます

『馬鹿とオレとシモのハナシ』『馬鹿とオレとエロいハナシ』
『馬鹿とオレとそういうハナシ』
お金を借りて返さないとか、
人の財布で勝手に買い物しちゃうようなクズ攻めは好ましくないんですが
忠司は愛嬌があるクズというかww
憎めないのでこういう奴はヒモに向いていそう。
そんな忠司にサコはまんまと流されハメられ(文字通りww)
毎回よく懲りないものだと思ってしまいますが
なんだかんだで情が深いんでしょうね。
幼なじみのコキ合いからセフレへ、セフレから恋人へ昇格しても
忠司の言動にいちいち怒って殴って
エッチでは泣くほど気持ち良くされて
これからも二人は変わらないんだろうな。

『購買ラプソディー』
大学受験日に門で転びそうになった受験生を助けた田端は大学購買部の事務員。
自分では覚えていないものの、
その助けた男子・鳥栖がいつも事務室に来て好意を伝えて来ますが…。

田端さんは何歳なんだろうか…結構な年上ってわけでもなさそうだけど
田端をあしらっているつもりが引かれると寂しくなっちゃうっていう。
鳥栖の“押して駄目なら引いてみな”作戦(?)が見事に実を結んでいますww
いつもにこにこと明るく可愛いワンコタイプなので
素直に応援したくなりました。
田端さんは泣くくらいならもっと早く素直になればいいのに…ww

『想い食堂』
取引先の担当者との関係がバレ、社内でつまはじきにされていたゲイの山本。
唯一の楽しみは社食の煮付け定食で…。

社員食堂の兄ちゃん・ひろみがなかなかワイルドな見た目なんですが
山本に優しくしてくれてありがとう…とつい思ってしまうほどに
社内での山本の扱いが酷過ぎました……。
もう二度と山本が傷つかないようにと願うばかりになり
正直BLを楽しむというよりは心配が先立ってしまいました。
でもちゃんひろみが今後守ってくれるでしょうから
安心して読み返そうとするもののやっぱり悲しくなってしまう…。

攻めのガタイも良いですし、受けもガリガリじゃないのが
個人的に眼福でしたし
勢いのある感じの作風だと思いました。

2

全体的に受けが可愛い♪

表題作はお金にだらしない幼馴染と、強気だけど押しに弱いリーマンのお話。
思春期に好奇心でHしてしまい、今はセフレ状態にいるふたり。その関係性に悩みながらも流されちゃう受けが可愛かったです。

対して攻めは憎めないヘタレ系だけど好みは分かれそう。特に毎回受けの財布をアテにするのはう〜ん(^◇^;)そこはヤメよう。


同時収録の食堂の調理師×会社にゲイばれしたリーマンのお話は、会社から孤立した受けが、食堂しか憩いの場がないのは可哀相でした。

最後に上司か同期かのフォローが欲しかったです。でも気持ちのやりとりが一番丁寧な作品でした。お気に入り。

0

どちらもヘタレ

アンソロで読んで、もし一冊にまとまれば買いたいと思っていた作品。
アンソロだとテーマがありのえろ目的で読んでいたためにあんまり2人の関係にフォーカスできなかったのですが、こうして一冊で読むと十分に萌えられるカップルでした。

しかし、普通にラブストーリーとして見ると攻めが結構ロクデナシ^^;
ブラブラして主人公にお金を借りに来ては無理やりヤって、サイフ持ってっちゃって、なのに女の子をはべらせて見せつける…。
こうして文字で書くとサイテー男のようですが、実際はなぜか憎めない不思議なキャラです。

そんな忠司にふりまわされる主人公のサコ。
男らしく良識もあるのになぜか忠司のペースにはまり、無理やりやられてお金をせびられ、いろんな変態的なプレイを強要されてはもう嫌だとぽろぽろ泣く姿は、情けないながらもぐっとくる。しかしそんなサコは忠司が好きで、どんなに酷くされても忠司が切れない…
なんだかダメなヒモ男に冷たくしきれない女性の雰囲気そのものですね^^;
しかし実際は男同志、幼なじみどうしという雰囲気がよくでている作品でした。

結局どっちもヘタレなのですが、受けも攻めも互いを求めて泣くというシーンにきゅんとなりました。幼馴染の延長線上・・・という雰囲気が好きな方におすすめです。だだし、アンソロ特有のややマニアックなプレイもありますので、苦手な方はご注意を。

作者さんの初単行本だそうですが、同時収録作も雰囲気は違えど好みだったため、この先もどんどん単行本を出して欲しいな~と思います。

2

馬鹿とエロとシモがあればいいのです。

アホなテンションが好き。
作画も好み。
バカでお金にルーズな幼なじみ。
切っても切れない関係はエンドレスな気がしますなw
エロは多め。
白抜きがもう少し消えたらいいなーと思うのです。
チンコの状態が萌えを運ぶと思うのです。
とはいえ、なんだかんだなし崩しにされるHにドロッドロな受は素敵でした。
なし崩しに始まった関係ですが、終わりよければすべてよし。

最後の食堂のお兄さんがタイプです\( ̄0 ̄)/
や、長靴いいよね。長靴萌えv

2

エロエロ時々切なキュン

うはー(∩´///`∩)面白かったー!
インタビュー記事のチラ見せが好みで購入したのですが大正解でした♪

表題作の幼馴染のお馬鹿エロの他、大学で出会った年の差カップルと、社員食堂での出会ったカップルと3組のお話が入った短編集。どれも楽しかったです(﹡´◡`﹡ )

◆馬鹿とオレとシモのハナシ

大量描き下ろし含む3話収録。
描き下ろしはまるっと1話分の28P!なので雑誌で見た方はたっぷり後日談が読めます♪
「おもらし特集」で掲載された作品を含むので小スカ有り。地雷の方はご注意。

インタビュー記事のチラ見せとタイトル通りな内容ですw
職業不定で金にだらしないヒモのような攻めと、
幼馴染でギャンギャン怒ってても結局は流されちゃう受けと。
攻めの有無を言わさない強引さでトロトロでグズグズになっちゃうエッチなお話でした。
汁多め・擬音多めでガツガツしたセックスがエロいッ(∩´///`∩)
怒り喚いてたのに、気持ち良くなるとトロトロになる受けのお顔がとっても可愛いです♪

んでただの幼馴染として思春期の延長でセックスしてると口で言いながら、その実は両片思い。
攻めの無神経な言葉に傷ついて涙を堪える受けの姿に切なキュン(∩´///`∩)
涙をボロボロ零し健気な一面が萌えツボにトスッと。ギャップが可愛い!
攻めは・・・本当に馬鹿で。最後までただの馬鹿で。。。
でも受けのコトが好きで好きで好きでって気持ちは伝わりました。
只、お金にだらしない男は嫌いなので、そこだけは萎えヾ(⌒(_´-ω-)_
少しだけでもストーリーの中で成長した部分があると良かったなぁ…。
定例の真っ白なリブレ修正問題。憎たらしいぐらい真っ白で素敵エロが勿体無い。

◆購買ラプソディー

大学受験会場で助けられた子(攻め・大学生)と助けた人(受け・職員)のお話です。

年下からの若さ溢れる好き好き攻撃に戸惑い逃げる大人の臆病さが良いです。
そんで攻めのワンコっぷりが可愛い!尻尾が見える!(…気がする。)
売り言葉に買い言葉でお互い傷つけ合う言葉をぶつけてしまい、拗れたシーンに萌えた〜!
攻めのガッツリ傷ついた顔と受けの泣き顔が萌えツボ刺激してくれました。

(ストーリーに関係ない余談ですが、3作品の中でこのお話だけペンタッチが違って線が細め。
個人的には3組中一番好みの画面だったので、その点でも萌えが加算されたかも。)

◆想い食堂

会社でゲイばれして陰湿な陰口で疲れ切ってるサラリーマン(受け)と社員食堂で調理師してるノンケ(攻め)のお話です。

受けが目の下にクマのようなのがあって負のオーラを纏ってるのに対して
攻めは体つきガッシリして太陽が似合うような明るい人。
自分が作った煮付けが「つまんない日々の唯一の楽しみ」と思われていたら、作った方も嬉しいよね。うんうん。攻めはノンケだけど、そういう部分から恋が始まってくのもイイナ〜と思いました。

このお話ではゲイであるマイノリティの生き辛さにも触れているので、攻めの「好き」の言葉を否定して泣く受けの臆病さに少しウルっと。そんな受けの卑屈思考の面倒くさい部分もまるっと受け止める攻めが男前で良かったです(﹡´◡`﹡ )

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ