おかえり電車

okaeri densha

おかえり電車
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神92
  • 萌×241
  • 萌16
  • 中立9
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
24
得点
681
評価数
160
平均
4.3 / 5
神率
57.5%
著者
内田カヲル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784801956681

あらすじ

満員電車で知り合った会社員の正三(しょうぞう)さんと康平(こうへい)くん。
おしゃべりしたりカレーまん一緒に食べたりしながら仲良くなっていったけど、
突然、康平くんから告白されちゃった!
ビックリした正三さんは、とまどいつつも「恋人ごっこ」を始めることに。
でも、仔猫のように可愛いと思っていたのに、いつの間にやら別の気持ちが湧いてきて…! ?
おっきい人とちっちゃい人の、ほのぼのプラットニック・ラブ作品集▼

表題作おかえり電車

(仮)金子正三 サラリーマン
(仮)乙津康平 学生

同時収録作品ちょっきんちょっきんちょっきんな

民也 理容師
海里

同時収録作品アテンションプリーツ

同時収録作品誰にも遠慮はいりません

その他の収録作品

  • つなげてみました
  • おまけまんが

レビュー投稿数24

か゛わ゛い゛い゛

先生の中では異色な作品だと思う。これからこういう方向に転換するなら話は別だけど。もともとショタ作品は多かったのでイズムは感じます。

◾︎おかえり電車
 乙津康平(学生) 金子正三(会社員)
◾︎ちょっきんちょっきんちょっきんな
 民也(理容師) 海里(小学生…?)

か゛わ゛い゛い゛
可愛いし、リアルなトーンだからこそ、未成年(康平は多分中学生?海里に至っては小学生?)とお付き合いをする大人倫理観崩壊具合にモヤモヤするんですよ。あくまでも創作物、あくまでもフィクション。わかってる。そして可愛いのも分かってる。
より小さそうな「ちょっきん」の方が、コミカル故に受け入れられるのも不思議なものよ。

最後に大きくなった(それでも高校生かな?)康平と正三が!大きくなっても可愛いままの康平くん。過程もみたいな〜いつ初めてのお泊まりをして、いつ初めてのエッチをして…やっぱリバかな、とか。

協力書店おまけ?
「二人で仲良くしてるだけでみんなが喜ぶ」…真理

0

四方八方可愛いの包囲網

んんんこんなかわいい子が野に解き放たれて大丈夫なのでしょうか。セリフ回しが独特です。
論理感が迷子になってしまいそうですが、攻めも自分のしていることはお縄だと分かっている世界観なのでOKです。

攻め(正三さん)の家に遊びに来て宿題したりインスタントラーメン持ってきてくれたり正三さんデレデレです。私もデレデレです。近所に住んで挨拶したい。お年玉あげるね。
一度はこの関係をやめようと距離を置いた正三さんですが、受け(康平くん)が名刺を枕の下に入れて夢精したと聞いてノックアウト。
そして康平くんのお友達もしっかりものでかわいい。エッチなことをしてくれない正三さんのことを相談したら、それはまあお怒りです。関係をバラしたら終わりだぞなんて言いますが、、2人のラブラブかつ癒しなやり取りを見てなんだか気が抜けてしまうのでした。
表題作ではエロはありません。キスシーンはありです。

同時収録「ちょっきんちょっきんちょっきんな」
こちらの攻めは手を出してます。最後までの描写はないですがきっと致しているでしょう。こちらのほうが年の差があるかもです。明確な年齢が書かれていないので想像ですが。受けは恐らく小学生・・・。
わんぱく坊やが水族館デートではルンルン気分でぬいぐるみをぎゅうと抱きしめて上目遣いですか。そうですか。お小遣い上げようね。

「アテンションプリーツ」「誰にも遠慮はいりません」ガチムチ受けキスのみ。
プリーツのほうは受けがスカートを履いています。クスッとできる作品でした。
遠慮は~は甥×叔父です。

とにかく幸せがあちらこちらです。おまけ漫画には高校生くらいになった康平君が描かれていました。
おおきくなったね~!ここにいたるまで、もっと先の2人を見たいです!続編待ってます!

3

純粋で真っ直ぐな子供と考える大人のお付き合い

◆おかえり電車(表題作)
 タイトルからも表紙からもどんな話なんだろうとワクワクしていましたが、想像以上に可愛いらしい甘酸っぱい作品でした。学生の康平がかなりの口下手というか、自分の頭の中でぽんと思い付いた単語がそのまま口に出てしまうタイプで、文脈を読み取るのが難しいのだけど。社会人の正三はまったく苛立ったりせず、こういうこと?と丁寧に聞いたり、察しが良くてすぐ理解したり、とにかく常に物腰柔らかなので2人の会話に癒されます。康平が未成年なので当然危うい関係ではあるのですが、正三なりにきちんと考えて、守るべきところは守る付き合い方だったのでとても健全です。康平の成長を堂々と見守れるようになればいいなと思いました。

◆ちょっきんちょっきんちょっきんな
 こちらも受けがショタでかなり年齢差がありそうなカップリング。でも、2人の出会いがとっても素敵で、やはり恋愛に年齢は関係ないのだと改めて感じます。もちろん、法律は守らなければならないけれど。焦らず2人のペースで、関係をゆっくり発展させていって欲しいですね。

◆アテンションプリーツ
 他の収録作と大分毛色の異なるギャグ作品でした。ごつくて雄々しい見た目の中島は、プリーツに目がないという設定。しかも、自分がプリーツを履きたいので学校でもスカートを履き、部活も剣道部という徹底っぷりです。プリーツから覗く脚もがっしりしていて、お淑やかさは欠片もないのに、確かにそこから中がチラ見えするとなんだかやらしい気持ちになりますね(笑)。

1

可愛すぎる!

最初の印象は黒いっ!でした。
二人とも真っ黒な髪で康平は学生服も黒いし。

康平の言葉が意味が分からないのに正三さんはちゃんと分かるまで聞いてくれて優しいな。

康平にどんどんひかれて正三さんがこれはまずいと距離を置くのが康平が可哀想だった。康平は枕の下に正三さんの名刺を入れて寝たり仕事が忙しいからと聞き分けたり。

でもとうとう正三も康平の一途さに負けましたね。
康平の親友が言う子供相手に犯罪だとか、BLでは珍しい展開ですね。ファンタジーだから他の作品ではイケイケなのに。

体格差がありますが、それ以外でも正三さんが康平が可愛くて仕方ないの分かります!なんて可愛いの康平。一途でたどたどしくて好き!恋人になれた!と素直に喜んで。

キスするのに朝から凄く緊張してる康平が可愛くて、そんな康平を優しく手を繋いで歩いたり顔が見れた!って言ったり、正三さんが子供相手なんだけど子供扱いとは違う優しさがいいな。

1

同時収録が気になりすぎる!

可愛い感じの男の子、というタイプに萌えを見いだせないって
もしかして私は損してるのかな…??
年齢差と体格差がたまらんのよ!!というのはわかるような気がするんですが
単語で会話して仕草とか小動物みたいな感じだと
なんとなく可哀想な気がしてきちゃって…。
正三さんは優しいし包容力もあるとても素敵な男性で
康平くんを傷付けたくない葛藤や自分の欲望のままに行動しない姿勢など
めちゃくちゃ好感が持てたんですけどもね。
でもいつまでプラトニックのままでいられるかな? ww
康平くんの友達・翔一くんが、康平くんを守りたい一心で
正三さんに噛みついた(非物理的)のが可愛かったです。
康平くんがサラリーマンと付き合ってるって言うから
確かに騙されているに違いないと思いますもんね。
…こちらのお話はきっと正三さん×康平くんですよね?
将来的に康平くん×正三さんだったら萌えるな…。

『ちょっきんちょっきんちょっきんな』は
結構なやんちゃ少年なのでそういう目でみられなかった…。
ショタ大丈夫なはずなんですがおかしいな。

『アテンションプリーツ』www
180cm以上の男子高校生がプリーツスカート好きというのは分かりますが
自分で穿くのが、という意外なところから始まって面白かったです。
桐原だってストレートなはずなのに
中島の袴の下がノーパンだと知って両手で(しかも直に!)撫でまわすとか
耳まで舐めてキスしちゃって中島を可愛いと思って勃つとか
もう付き合いなさいよ!
しかし次の日プリーツの下なのにノーパンなのは危険なので
二人きり限定でどうかお願いしたい。

『誰にも遠慮はいりません』
ええー!元SPのごつい伯父さんがネコなのいいなぁ!!!!!
甥っ子・晃大の告るタイミングは絶対そこじゃないとは思いますが
ずっと隠してた気持ちみたいだからテンパっちゃったのが可愛いです。
キス寸前で終わりの8ページだなんてあんまりだあああああああ
央ちゃんは無事晃大をオトコにしてあげられたのかな。
なんだかんだで経験値高そうだけど緊張してモタついたらそれもいいな。
いやもうめちゃくちゃその後が気になります!!!
せめて央ちゃんの雄っぱい見たかった←

1

いつかかえってきて〜

はぁー、可愛いなぁ。。。
大好き過ぎて何回も読んじゃう。

サラリーマン正三と中学生?康平が主人公の表題作、「おかえり電車」を中心とした短編集。

とにかく、「おかえり電車」が大好き!
脱力系の2人のピュアで可愛いラブストーリー。
2人のやりとりがとにかく可愛くて、康平語を直ぐに理解する正三さんに萌えます。
正三さんが康平の事をいつも、かわいーって心の中で思っているのが可愛い。
ゆっくり大事にしていこうという正三さんの気持ちと、読者のこの2人のエロは見たくない!という思いがシンクロして、プラトニックなのが逆にとてもいいんです。
2人でニコニコ見つめ合ってるだけで萌えられるって、相当ですよ。
大きくなった康平との続編もいつか読んでみたいな。
ぜーったい買います‼︎

他の短編集も不思議な雰囲気で楽しいです。

1

ほのぼのだけど。。。

ほのぼの系の作品を探していて、評価が高くほっこり作品と言うことで購入しました。

内田カヲル先生の作品は、かなり前に雑誌麗人で読んでいて、そのころのイメージが強かったため、ホントにこの方の作品で、ほっこりなの?!と疑いました。
読んでみたら、ほっこり!内容的には好きです。
ただ、康平くんの方が結構ぐいぐい来る感じだったのが、ちょっと残念。
もう少し、ゆっくりとお互いが惹かれ合うのが良かったかなぁ。
身長差。年齢差。経験差など、キュンポイントは、掴んでいます。でも内田カヲル先生の絵だと、どうしても筋肉ムキムキなイメージがあるからかなぁ。。。可愛い美少年には見えず。
そして、逆にエッチがないのが違和感で、同時収録の他の作品も、普通ならエッチがある流れなのに、途中で描くのをやめたみたいな終わり方っぽく見えてしまい、中途半端に感じました。

0

好みの問題でした。すみませんでした。

うーん。。。
この作家さん初読みでした。

サラリーマン×高校生の表題作
正直自分はこういう受けのたどたどしさ、みたいなものは好みではないです。
高校生にしては子供っぽすぎるし、独特の話し方もかわいいよりは、?の方です。

絵も。。。正直好みじゃありませんでした。
自分は線が細めですっきりとした感じが好みなので、髪のもっさり感、線太目感が
お好みラインにはいってこなかったですー。ごめんなさい。

どうやらガチムチ系がお得意の先生のようですので、
それが苦手な自分にはやはりもとから合わなかったのかな。。。と落ち込みの発見となりました。。。

1

「萌え」消費はできるかもしれないが

恋人同士の心理描写は十分すぎるほど丁寧に描かれている。ショタとか、エロ描写なしとか、そういう特質も各人が納得して読む分には問題ないと思う。
ただ、登場人物の家族関係やそれぞれの人生経験が、キャラクター設定の上でざっくりすっぱり断捨離されているのは、いかがなものか。
こうした心理的背景の排除は、この作者のほかの作品でも往々にして見られるが、見た目や行動しぐさの可愛らしさや会話の魅力だけで、登場人物にシンパシーを感じたり、愛着を抱いたりするのも、ある程度人生経験を積んだ読み手にはなかなか難しい。
せめて、康平の実家(両親)や、正三の会社(仕事関係)などの社会的背景の描写なり説明なり、ストーリーの中にほんの少しでも盛り込んでもらわないと、人物設定の奥行が生まれない。この先、この恋人同士がどんな選択をし、どんな未来を描くのかについて、まったく興味が持てない。
ただベタベタ、デレデレしている日常に、康平の同級生程度のチャチャが入るくらいの波風しか立たないのなら、いわゆる「萌え」消費対象という意味での、感動ポルノ作品の領域を脱し切れていないように思う。

3

ブラックになってもしかたがない!

かわいい、かわいい、かわいい、それしか言えない! 体格差(腕の中にすっぽりと入る感じがたまらない)も、勿論最高なのですが、康平くんのスレてなく、素直な性格がなんとも言えなく、正三さんでなくてもブラックになってしまいそう。 最初はともかく康平くんを前にして、よく我慢できてるよな。 友達もすごくいいヤツで、のほほんとした康平くんを守ってくれてたんだなと思う。 次のお話もすごく体格差で、表題作よりも年の差なのかな。 こちらの海里くんも康平くんとは違う素直さで可愛くてしょうがない。痛くないH、いつになったらできるんだろうね、楽しみ!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う