親しき仲にも礼儀アリ (下)

shitashiki naka nimo reigi ari

親しき仲にも礼儀アリ (下)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
70
評価数
18
平均
4.1 / 5
神率
50%
著者
内田カヲル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801973220

あらすじ

聡也のイタズラがきっかけで一線を越えてしまった大家の小野坂と管理人の管野。
自分の留守中に何かがあったことを疑う畠山は一刻も早く下宿を出ていくよう管野に迫るが!?
畠山に小野坂との関係を知られたくない管野、高校時代から管野への想いを秘める畠山、
いきなり「おまえが好きだ」と管野に告白した小野坂&面倒くさい大人たちを生温く見守る聡也ーー
混乱を極める男だらけのハーレムdaysの結末は!?

収録作品
・親しき仲にも礼儀アリ08~15
・おまけまんが(描き下ろし)

表題作親しき仲にも礼儀アリ (下)

大家(小野坂貫),下宿の大家,フリーのSE
管野静,スーパー店長,雇われ管理人兼料理人

その他の収録作品

  • おまけまんが

レビュー投稿数8

攻のあの愛してるコールがどうにもこうにも好きでした。
ストレートに好意を示されるってやっぱり良きですな。
後輩君にはすごーーーーーく可愛そうな感じではあるものの
良かった。
初体験のあの問答もまたww
すべては受が天然すぎるからいかんのよ。
据え膳我慢したのに自ら口をノックするとか((´∀`*))笑う

可愛そうなので後輩君にもあらたな展開期待したいですね。
こんどは自分が執着されたらいい。

実は実はな男ばかりにモテまくる受の後日談も面白かった。
男にばかりモテつづけて気づかなかった男が
最後には男に落とされる。さもありなん。

0

男だらけの同居生活

意外とBLに多いパターンです。こじんまりした下宿で一つ屋根の下寝食を共にし、寮母みたいな管理人さんが皆のマドンナ的存在という。内田さんの場合、そのマドンナが1番ガタイ良くてオスっぽいというのはお約束です。最初の下宿での皆のわちゃわちゃ感は読んでいて楽しかったです。

女に全然モテない男がなぜか男にはモテまくるというのは大好きパターンですが、この受けの静は簡単に大家と寝ちゃって尻軽というか快楽に弱すぎ。一途に思っていた後輩畠山が可哀想。

「一回だけならお前と寝てもいいよ。付き合えないけど」とかずっと大事に自分を想ってくれていた相手に言ってはいけないセリフです。無神経すぎる。こいつが女にモテてこなかったのがわかる気がします。悪気はないから始末におえない。

BLだと畠山みたいな一途タイプが報われるパターンが多いけど、単純なオスっぽい静に対しては先に体で落として気持ちよくさせちゃうっていう大家のアプローチが正解だったという事ですね。

長い友人関係が恋心に変わるっていうBL王道パターンはお互いのベクトルの強さが同じでないと、赤の他人同士っていうのより難しい面があるのかもしれません。

それでも友情→愛情(ただし男同士に限る)って腐女子がロマンを感じてしまう永遠のテーマだと思いますが。

0

愛はいずこに…。

衝撃的だった上巻に引き続き、奇跡を期待して下巻も読み進めました。



…奇跡というのは、後輩君の長年の片思い成就ですね。

今まで言わなかったのが悪いとはいえ、怖い時にうっかりヤッチャッタ相手に取られるなんて、不憫ですもの…。

で、下巻でやっと気持ちを伝えたというのに、先輩は相変わらずグダグダしたままで。結局、やっぱりソッチですか…みたいな。

おまけに、なぜソッチを選んだかが伝わらず、早い者勝ちだったの…!?と残念な気持ちになりました。

楽しみにしていただけにガッカリ感が半端なく、限りなく趣味じゃない寄りの『中立』評価です。

0

個人的には嬉しい結果

大家&世話焼き後輩→ゴリラ店長という関係の結末。

個人的には嬉しかったです。
攻二人に迫られている受というお話で最近多いと感じるのがどちらも選ばず総取り大団円なのですが個人的にはどちらかときちんとした関係を結んで欲しい派なので今回の結末には大満足でした。

どちらと結ばれるかは是非とも読んでみてください。

とりあえず攻二人は男前だしチョロゴリラおじさんは可愛い。
それにつきると思います。
エロも得意な作者様ですがこちらの作品ではそこまで多くは無いなと感じました。
ただただ甘酸っぱい恋に振り回されるチョロゴリラおじさんの可愛さにキュンキュンできる作品でした。

2

静のニブさに引いた

もう上巻を読んだ時点でどちらが選ばれるかは分かっていましたが、それでもドローに終わるかもと読み進めました。

そして結末を知りやはり中立になりました。こちらは「しゅみじゃない」に近い中立でした。

静のニブさというより無神経さに嫌気が差して、無意識に貫に甘える態度に引きました。

内田先生の逞しく男らしい受けが好きなだけに、今回の静はどうにも好きになれませんでした。

それに上下巻通して貫が静を好きになった理由が畠山よりも弱かったのが原因だったのもあると思いました。いきなり3人揃っての下宿屋生活がスタートしたのも要因だったかもしれません。

だからどうしても急に出て来て横から奪った感が拭えないのです。
あの野菜泥棒とか身内が誰も居ないくだりは要らないから、貫の方が良いと思えるシーンを増やして欲しかったです。

それから貫や畠山に比べて静が底の浅い人物に見えてしまい、いつもの作品のように楽しめませんでした。

1

押しまくればいけたんじゃ…?笑

大家の告白後となる下巻。意外にもストレートに口説く大家にびっくり。管野が順調に大家に絆されていく中、畠山はやっとやっと、どさくさ紛れに告白。見守るこちらは遅い!と叱りつけたくなります笑。にしても管野の答えは酷かった…そこはってか、そこだけは貞操観念ゆるゆるを発揮するところじゃないでしょ!?とこっちも叱りたくなる笑
管野は大家にも畠山にもまあまあ無神経なこと言っちゃってるんですが、そういうとこから今まで何もしなくても愛されて生きてきたんだろうなあと勝手に想像しました。人徳で世渡りするタイプの…得てして恋愛では優柔不断になりがちな…。
最後はちゃんと管野の意思で大家を選んでくっつきますが、先に迫ったのが畠山だったらそっちとくっついてたんじゃ…?という思いは残ります。畠山はずっとキレまくってて切なさとか出してこないから明るい雰囲気のままだけど、畠山派として偏った目で見ると辛すぎです。もっと押しまくればいけたでしょ!と言いたくてたまらない。
ぽやぽやした先輩は畠山にガッチリ縛られて欲しかったなあと思いました。大家も不器用で可愛くて好きですが。

電子特典は上巻同様別作品のキャラっぽい子が出てくる4コマ。こちらも作品名が分からず意味もよく分かりませんでした。

0

続きみたいです!!

収まるべきところに収まりました!

静の自分の気持ちに向き合うまでの
相変わらずのバカさと可愛さが
たまりません

下巻から大家の包容力が爆発!
イケメン力もパワーアップし
静の可愛さも際立ちます

畠山の拗らせ具合も最高潮!
サイコパス味も上がりました笑

聡也くんの子供ならではの茶化し方や
案外みんなといるの好き感も
一つ屋根の下感を膨らませます

番外編で大家×静のイチャイチャ具合
畠山の新しい恋を描いて欲しいなと
思います

すごく好きな一冊になりました
読み返して噛み締めてます!

1

キャラは濃いけど 男前さ不足

おばけに怯えすぎて 一線を軽く越えた もみあげ大男
このニブチンポンコツが だんだん可愛く見えてくるから不思議なんですよ 内田さん


退っ引きならぬ理由があったにせよ 事実を部下であり後輩の畠山に知られるわけにはいかない菅野と

方や 大家の告白に直面し ニブチン菅野の貞操を守るべく下宿管理人を解消させ 大家から菅野を引き離したい畠山


もう 菅野の挙動がどうにもこうにも

ラブバトルどころか 得たいの知れない男・大家に振り回される 大の大人ふたりと 余裕ありそうでギリギリな大家

なんて言えばいいんでしょう?
ここまでくると ふたりの間で揺れ動く 管野のニブチンさが 思いの外 イラつく? ←え?


知れば知るほど 大家から離れない視線と思い
反対に大家を知って暴走する畠山
レイプ犯の罵声より 事故扱いに落ち込む大家

三角関係がもだもだ過ぎて なんとも言えない複雑な味わいに おせち2セットと のし餅20枚の胸焼け感


突如出来上がった三角関係もよくよく見れば 角の等しさより ふたつの想いの長さが等しい二等辺三角形ってやつ なのに誰も気づかない 納得しない

翻弄してるのが誰とか最早 問題じゃない 恋愛音痴のレベル

かわいい雰囲気一切なし!イチャイチャ感もまるでない!男だらけの濃く熱い肉弾戦

収まるところに収まったのか 収まらなかったのか?
ハピエンにはほど遠い優柔不断なぐずぐずエンド感


悪くはなかったんだけど 優柔不断な流され侍が苦手な人にはちょっとしんどいかな?
畠山の諦めの悪さは ちょっとクセになるんだけどね


※ 最後のおまけまんがに【星をかぞえること】の牧島・江森がムダに使われてて 地味にびっくり

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う