ケモ耳フェア「雪豹さんのお嫁さま」「皇帝陛下と恋する子猫」書き下ろしSSペーパー

kemomimi faire yukihyosan no oyomesama kouteiheika to koisuru koneko

ケモ耳フェア「雪豹さんのお嫁さま」「皇帝陛下と恋する子猫」書き下ろしSSペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
3
平均
1.7 / 5
神率
0%
著者
  
イラスト
  
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
「雪豹さんのお嫁さま」or「皇帝陛下と恋する子猫」(但フェア対象店のみ)

商品説明

ルビー文庫3ケ月連続ケモ耳フェア書き下ろしSSペーパー
11月対象2作が表裏印刷されています。
「雪豹さんのお嫁さま」月花村の初めての秋のお話
「皇帝陛下と恋する子猫」翠玉が迷い猫の世話をするお話

評価・レビューする

レビュー投稿数1

2タイプのもふもふを楽しめます

本品はルビー文庫3ケ月連続ケモ耳フェアの
書き下ろしペーパー(一部対象書店のみ配布)で
『雪豹さんのお嫁さま』『皇帝陛下と恋する子猫』の
番外編です。

A4サイズ四つ折りで両A面で
それぞれの番外編が載ったペーパーになるので
今回はそれぞれを簡単にご紹介します♪

『雪豹さんのお嫁さま』は
月花村の初めての秋のお話です。

桜介と雪が心を結びつけた事で
真っ白だった雪に黒い豹紋が浮かび
獣人にも姿を変えられるようになります。

長老にも認められ晴れて番となってから
ひとつの季節が過ぎました。

空が高くなり、
赤蜻蛉が飛び交う月花村は
初めての秋の訪れで
住人達は収穫に大忙しです。

ある朝、
寝返りを打とうとした桜介は
身動きが取れない事で目覚めますが
雪に背中からすっぽりと抱きこまれていて…

目覚めた桜介が幸せをかみしめて
自分からも雪に寄り添ったりしたものだから
朝食の前に美味しく頂かれてしまう
というオチになります。

『皇帝陛下と恋する子猫』は
翠玉が迷い猫の世話をするお話です。

夜半に晧月が私室に戻ると
寝台の上で翠玉が座り寝をしていました。

先日、
屋敷に弱りきった子猫が迷いこみ、
翠玉はずっと世話していたのです。

晧月は翠玉の懐から子猫を取り出して
翠玉を寝台に横たわらせますが
すぐに目を覚ましてしまいました。

晧月は翠玉を安心させるため
懐に入れた子猫の温もりを感じられるよう
腿に翠玉の頭をのせて眠らせます。

翠玉がそれほど気にいっているなら
屋敷で飼えば良いのにと思いますが
夜半に子猫を呼ぶような鳴き声がして…

呼んでいたのは子猫の母猫で
子猫は母猫について出ていってしまい
晧月は翠玉が落ち込むかと思っていましたが
翠玉は母猫の再会を微笑んで見送ります。

翠玉の優しい心根を感じて
晧月は更に彼を愛おしく思う
というオチになります。

3ケ月連続ケモ耳フェアの最終月は
2作を両A面での収録なので
もうちょっと読みたい長さでしたが
2組のカプの甘い雰囲気は
充分楽しめました。

もふもふのタイプが違うので
どちらかしか読まれていない方には
もう片方のお話のきっかけになるかな
と思います (^_-)

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ