泥中の蓮【BLCD】

deichu no hasu

泥中の蓮
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×28
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
1
得点
75
評価数
20
平均
3.9 / 5
神率
40%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
デルファイサウンド
脚本
小早川淳平
原画・イラスト
ためこう
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
CROWN WORKS
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
公式通販予約限定特典: サイン色紙(抽選)
フリートーク
あり
発売日
JANコード
4560317789334

あらすじ

両親を早くに亡くし、二人暮らしの橘兄弟。
しっかり者で真面目な弟・秋生は、男に体を売って稼ぐ兄・元春に恋をしている。
秋生が兄の乱れた性生活を不満に思わないのは、兄がいつか誰からも見捨てられた時、
側にいられるのは自分だけだと信じているから――。

表題作 泥中の蓮

橘秋生 → 小林裕介

橘元春 → 増田俊樹

その他キャラ
男A[岡井克升]/ 男B[烏丸祐一]/ 男C[小島英樹]/ 女[松井暁波]/ バーテンダー(男)[眞對友樹也]/ バーテンダー(女)[熊谷海麗]/ 新井[狩野翔]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

原作よりスケールが大きく感じられ、CDで化けたと思った◎

弟×兄の二人暮らしで近親相姦。
兄が売春しているのでモブ客×兄、客+弟×兄の3Pの他、弟×女がある。
優等生の弟→クズ兄。
一般的なラブストーリーではないが、
弟の感情の流れを丁寧に追っているので、置いていかれることはない。

二人ともハマり役。小林さんは想像通り。
増田さんのBLで良いと思ったことは正直ないが、これは聴ける。

感情を爆発させて名前を呼んで兄に手を出すシーンの小林さんがとてもよかった。
似合うなぁ…。品がある。圧倒的清潔感。
事後のモノローグが嬉しそうなのもイイ。しっかり感情が乗っている◎

騎乗位で、やる気になった兄の逆襲。二度美味しい。
このまま二人だけの引きこもり生活…
ではなく「泥の底には最後まで兄でいようとする兄ちゃんがいた」
上手いなぁ。ちゃんと効果的に響く。ドラマCDの作りとして良いと思う。

時は流れ、一人になった兄は堕落。
救いの手を差し伸べるのは、やはり弟。

「兄ちゃんが思い描いていた自慢の弟に見える?」
白馬の王子様かな?
財力と環境を得た弟が、また兄を囲って蜜月だよ♡
「俺がどんな思いでお前を育ててきたと思ってるんだ!」と怒鳴る兄は斬新。
クズ同士、通じ合えて「後悔しないならいいよぉ♡」
増田さんの「ぉ♡」のニュアンスがハピエン感♡

両片思いが結ばれて、ラブい絡み。
兄からのサービスもあり、よかったね♡
わりと直裁な台詞もある。

最後、やっぱり兄のほうがヤバイというか、
相思相愛を見せてつけて〆。

ためこうさん特有の変な話ではあるが、
ストーリーもエロもしっかりと聴かせてBLCDとして悪くないし、
原作よりスケールが大きく感じられ、CDで化けたと思った◎
若手二人なので、脚本以上の演技はないだろうと予想していたが、
脚本演出の賜物か、ハマり役なのか、
演技も楽しめたし、雰囲気に合っていたし、大健闘だと思う。
やっぱりCDは聴いてみないとわからないですね。
聴いてよかったです。
私と同じように「どうせ…」と予想している方、
人を選ぶ設定ではあるが、
作者とキャストの特性を踏まえた上で、是非聴いてみてください。

以下、余談です。
BLCDは設定が6割で、トンチキな原作でも(ある意味テンプレなので)
丁寧な演技・演出により「むしろ良作なのでは…?」
とCDで化けているものが結構ある。

古い作品ならスレイヴァーズシリーズとか。
あれは櫻井さんの脅威の繊細演技+アヴェマリアのBGMで
格調高いとすら錯覚させる。
謎の完成度と背徳感を誇る名作だと思う。

泥中の蓮もためこうさん特有の閉じた話で、
そもそもためこうさんはCD化に向いていないと思うし、
小林裕介×増田俊樹という若手対決で、
小林さんはまだしも増田さんはとてもBLに向いているとは思わないけど。
それでもCDで化けていた。嬉しい驚きだった。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ