おやすみなさい、また明日【BLCD】

oyasuminasai mata ashita

おやすみなさい、また明日
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神74
  • 萌×25
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

50

レビュー数
14
得点
391
評価数
82
平均
4.8 / 5
神率
90.2%
著者
イラスト
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
武本遥
脚本
弧山真夜子
原画・イラスト
小山田あみ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Ginger Records
収録時間
150 分
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4571453600292

あらすじ

同居していた十年来の恋人に振られ、居場所をなくしていた、小説家のつぐみ。
偶然出会った何でも屋の青年、朔太郎の祖父が経営するアパートに下宿することに。
元々つぐみの小説のファンだった朔太郎と、互いに惹かれ合う。
けれど朔太郎には、もう恋をしないと決意させた秘密があって …… 。

「つぐみさん、俺は、誰とも恋愛はしません」

記憶障害の青年と臆病な作家の純愛がドラマCD化 !

切なくも温かい愛を綴った物語を豪華キャストでお届けします!

発売日変更:2017 年3月10日(金)→ 2017 年4月28日(金)

表題作 おやすみなさい、また明日

荒野朔太郎 → 古川慎

遠藤告美 → 松岡禎丞

あて馬
伊東伸二 → 保村真
その他キャラ
小嶺ヤコ[木村良平]/ 貢藤利里[日野聡]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

号泣必至!!

原作既読でした。
しかし、これがまた辛さを倍増させたというか、先を知っているからこそ、台詞の一つ一つが沁みた。

2枚目なんかは、ずっと泣いてました・・・。

遠藤告美(受け)役の松岡禎丞くん。最高だった!
幸薄い、儚げ美人。松岡くんは、そういう役がとても合っていて、演技も上手い。
そして、本人も泣きながら演技されたとか。
このCDは、彼の代表作になるのではないでしょうか。

最近、本当にBLドラマCDに出演される事が多くなってきた、荒野朔太郎(攻め)役の古川慎くん。
淡々と心情を語る、でもどこか子供っぽい朔太郎の役を見事に演じられておりました。
まさか、おじいちゃん役までされるとは・・・。

小嶺ヤコせんせ役の木村良平くん、貢藤利里役の日野聡さん。
出演はそんなには無かったのが残念ですが、彼らが主役のお話もあるのでドラマCD化求む!ですね。
特に良平くんには、もっと沢山出演して頂きたいです。

特典フリートークは、松岡くん&古川くんとそれぞれ個別で日野さんと良平くん。
ご自分の役についてや、ちょっとした事で嬉しくなる様な事などのお話をされておりました。

25

泣けるヤツやん…

とにかく聴いて思った事は、受け、攻め共に、

わかるなぁこの気持ち…

役者さんの繊細な演技も相まって、感情が凄くスーって入っていく。

朔太郎は27でしっかりしてるなぁ、妙に達観した大人びた考えを持ったキャラだなぁと思っていたのですが、記憶障害がテーマだけに、そういった性格になってしまったのでしょうか…?特に古川さんは難しかったと思うのですが、これがまぁ、お見事に演じていらっしゃって、またカブをあげましたね…

テーマがテーマだけに正直作品というかCDに入っていけるかどうか、とか思ってたんですが、主演二人の素晴らしい演技に引き込まれ、涙し…。

最初、朔太郎が記憶障害なのに告美の作品を知っていて、話すシーンがあるんですが、聴き終えて、すごく考えちゃいました。いい意味で、重たかったです。

先生の作品は、えー?そんな展開アリ?みたいな設定でも投げ出さずちゃんと最後まで聴けるから、本当に凄いと思います。いつも展開が読めないから…

小説原作って難しいと思うのですが、BGM、SEも邪魔なし、隅まで丁寧に作られていて、間違いなくアワード受賞するヤツやね…。
優しい気持ちになりました。有り難う…。

11

2人の演技力に脱帽

原作未読。
CDの「恋愛前夜」は既聴。
そのスピンオフ作品ということで今回聴かせていただきました。

役柄的に歳の差があるCPではありますが、
朔太郎曰く、つぐみの見た目は自分と同じ歳くらいに見えるようなので、
2人の声と演技もそこまで歳の差がある感じはしません。
どこか儚く、切なさを感じさせるつぐみを演じる松岡さんと、
好青年だけど、たまに暗い影が見える朔太郎の古川さんの
キャスティングが絶妙。

2人のシーンは会話を聴いて微笑ましくなる一方、
話が進んでいくに連れて、会話の端々や行動に朔太郎の秘密の伏線が…。
CD2枚目早々に朔太郎が自身の秘密…恋人を作らない理由を語ります。
古川さんの語りが、朔太郎の辛さや恐怖がひしひしと伝わってきて、
聴いていてとても辛い。
朔太郎のつぐみを拒絶する言葉が一つ一つ、重くずっしり来る。

そんな2枚目ですが、合間に出てくるヤコ先生が
ちょっと空気を和ませてくれました(笑)
つぐみの元彼を罵倒してる所は聴いていてスッキリ(笑)

終盤、朔太郎のお祖父さんが亡くなり朔太郎とつぐみが別れた後、
つぐみの泣いている場面、朔太郎の「それまでは…俺の傍にいて欲しい」。
上のシーンを聴いたとき…私はあまり本や映画などで感動して
泣く人間ではないのですが…思わず目頭が熱くなり、
またアフターストーリーで再度泣かせられました…。
美しく、愛に満ちた、綺麗な物語でした。

とても素敵なお話だったので、
これを機に原作を読んでみたいと思いました。

10

静謐な空気と儚さと切なさと優しさと

原作既読なので、絶対泣くだろうなと思ったとおりいくつものシーンで泣かされました。

キャストが原作を読んで思い描いたような声で素晴らしい演技でした。

松岡さんの淡々とした語りの部分も、感情を必死に抑えた声やどうにもならない現実とか何もできない自分への苦悩といった感情の変化が痛いほど伝わり本当に告美さんがいると思いました。
アニメなどで聴いていてもとても演技のお上手な方だと思っていますが、映像がなく声だけだと余計にその良し悪しが顕著になると思います。

古川さんの年下の好青年でありながら、記憶障害を抱えて将来への不安や儚さを思わせる演技が切なさを感じられる演技でした。

優しく透明感のある作品の空気感がそのまま音声になったと思います。

朔太郎が自分が告美を不幸にしてはいけないと一線を引いたり離れようとする気持ちや、告美が朔太郎に何もしてあげられずに苦しむ気持ちが切ないです。

お互いを『好き』と言いたいのに言えないから「このアパートが好き」と言い換えてると思える場面に、正直な想いすら言えない二人が悲しく思いました。

だんだん悪化していく障害に二人の幸せはあるのか不安になりますが、最後のトラックで二人の幸せな人生を確信でき感動しました。
思い出を共有して記憶していくことが幸せなのではなく、失くしたことや得られないものがあってもそれが不幸なわけじゃないんだと思えました。

10

深い作品です

原作未読ですが、きっと素晴らしい作品なんだろうなと思わせてくれるCDです。
相手を思うが故の言葉や行動が、痛いくらいに胸を締め付けます。
せつなくて、でも温かくて、聴いた後も余韻に浸れる作品です。

つぐみ役の松岡くん、決して好きな声質ではないのですが、抜群の演技力に、この人の作品なら聴いてみたいと思わせてくれる声優さんの1人です。
今回もさすがの一言。
安定の演技力です。
儚げで、でも愛情深くて、愛おしくなるようなつぐみを見事に演じています。

朔太郎役の古川くん。今までは明るく元気なイメージが強かったのですが、シリアスな役も見事に演じられて、声優さんとしての振り幅を感じさせてくれました。

重い作品ではありますが、じっくりと聴かせて考えさせてくれる作品が好きな人にはオススメです。

ヤコ先生、味のあるキャラクターでいいですね〜。「恋愛前夜」で憎めない人だなとは思いましたが、今回のドスの効いた声もよかったです。

10

ストーリーを楽しむCD

こちらのレビューで神評価が多くよさそうだったので購入して聴いてみました。
こちらの原作の小説は未読なのですが、先にレビューを読んでいたので大体のあらすじや、ラストもわかっていました。

泣けると書いている方が多かったので、あらすじを知ってしまっているので泣けるのかと思っていましたが、キャストの松岡さんと古川さんの声のお芝居が素敵で、物語の世界に浸ることができました。

松岡さんは元気な子のイメージがあったのですが、さすがこちらの作品では、割と感情を押し殺した控えめな演技で、告美さんのはかなげなというか繊細な心情が伝わってきてとても良かったです。

古川さんの朔太郎さんもとても優しい声で告美さんを愛しんでいる感じや、想いを押し殺している感じがとても好感をもてました。

BGMもうるさすぎず丁度良く丁寧に作られているようで、とても良かったです。

お互い好き同士だけど、相手のことを思って一度離れるところはやはり泣けました。相手のことを2人とも考えすぎて自分の気持ちを押し殺しているのが切なくてもう号泣でした。一人で聴いててよかった。

最後のお話が賛否両論あるだろうと、凪良先生自身書かれているようですが、私はハッピーエンドだと思いました。
2人が長い間一緒にいられたことがわかったし、告美さんは最期の時も一人じゃなかったのが良かった。朔太郎さんの記憶は抜け落ちていたりするけども、それでも幸せな人生を歩めたのではないかと思わせてくれるラストでした。

CDには収録されていない印象的な言葉が小説にあったとレビューされている方がいらっしゃったので、小説の方も読んでみようと思いました。

全体的に素晴らしいCDでした。気になってるけどまだ聴いてない方は是非おすすめです。

8

また泣いた

大好きな原作です。アフターストーリーの部分一晩中ずっと泣いていた。
今回松岡さんと古川さんの演技に感心した、二人共ピッタリです。
とても素晴らし作品です、キャスト様に感謝します。

7

やっぱり泣ける

CD化したらどうなのだろうとずっと不安だった一作。
皆さんの評価が良かったのでようやく手にしてみました。

結果、買って正解。
原作の静謐な雰囲気のままにストーリーが進んでいきます。
お二人の声もキャラに合ってる。モノローグも自然で、聴いていてすっとその世界に入って行けます。

ラストはやっぱり悲しいけど、タイトルが持つ世界観がじんわりと心に沁みる作品でした。

7

何度でも何度でも繰り返し言うよ。愛してる。愛してる。愛してる。

原作既読

 同じ事を何度も聞かれるのって、本当はけっこうなストレスになるものだ。
 覚えていて当然のことをいつも忘れる人に、初めて聞いたように穏やかに何度も説明するなんて。
 普通の人間にはかなり難しいことだと思う。
 でも、つぐみにはそれができる。
 それは極めて稀なことだ。
 なんでもないことみたいに、当たり前に、嬉しそうに。
 それがどれほど朔太郎を救い、安穏を与えるのか。

 愛する人を失う孤独に耐えること。愛する人を見送った後も、命ある限り生き続けること。
 先に逝く人が安心して往けるように。
 これも本当につらい、できれば経験したくはないこと。
 特につぐみは何度も大切な人と別離してきて。
 絶望的な孤独と向き合ってきた。
 だからこそ、もうこれ以上、自分も他人にもあじあわせたくないこと。
 しかし、「愛する人が亡くなってしまった。」ということを時々忘却することで、自分を無事送り出してくれる人がいたら。痛みはもちろん感じる。事実を知るたびにいちいち淋しくショックを受ける。
 けれど、朔太郎さんにとって、それこそが誇りなのではないかと思う。
 ちゃんとつぐみさんをおくることが出来たのだという喜び。
 もちろんそれは悲しさと表裏一体ではあるけれど。
 ラストの二人のお話。私は本当にじーんときた。

 人は必ず死ぬのだ。そしてそれはたった一人でだ。
 そして自分の死体の始末を自分でできる人はいない。
 誰かに面倒見てもらわなくてはならない。
 死について考えることはネガティブと捉えられがちだけど。
 私はそうは思わない。
 生まれたら、必ず死なねばならない。
 もちろん四六時中考える必要はないけれど。
 つぐみは否応なしにそれと向き合ってきた人だ。
 そして朔太郎も生きることの困難さと闘い続ける人だ。

 この物語の中で、なぜ二人がこんなにも辛い思いをしなくてはならなかったのかと考えるとき。
 だからこそ二人は結ばれる運命、縁だったとしか思えない気持ちになる。

 凪良さん独特の圧倒的な孤独感の中。
 それでも救われていく二人の魂に聴いている私まで救われていく気持ちになる。
 最後の最後まで、物語にしてくれた先生と制作スタッフとキャストさんに心からの感謝を。
 松岡さん主役のCDの中で最も好きな一枚になった。
 つぐみのセリフにどれだけ泣かされたか。
 古川さんの朔太郎にどれだけ心震わされたか。
 本当に素敵だ。
 西村さん演ずる荒川さんの存在感で物語の奥行きがぐっと深まって。
 保村さんって本当にこういうナチュラルに嫌な人、本当にうまい!
 そして、良平さんのヤコちゃん!!最高です!!
 「死ねといってるのとおんなじなんだよ!」
 あのセリフ、本当によく言った!大好きだ!ヤコちゃん!
 貢藤さんとのお話もぜひ音声で聴いてみたい。

 何度も続けて日常的にヘビロテする作品ではないかもしれないけど。
 時々引っ張り出して何年も、もしかしたら何十年も宝物のように大切にできる一枚になると思う。
 
 
 

 
 
 
 
 
 

6

神々しい美しさ。「愛おしい」を具現化した作品。

 原作未読です。初めにあまり長い文はかけないことをご容赦ください。
 まず感想から言うと、「美しい」という言葉がこの作品には似あうのではないかと思います。吉原とかいって女郎見て「美しい」というのではなく、草木が揺れ動くのをみて「美しい」というような感じです。
 声優さんの演技力とかを語りだしたら止まらなくなるのでスキップさせていただきますが、一言いうのなら「適材」でしょう。少しふれれば風に運ばれ消えてしまうか弱い砂像のようなつぐみと朔太郎の心を大変よく表現できていると思います。
 ストーリーで言うと、落ちるところまで落ちていていいと思います。大概の作品において、一度高まるところまで高まった恋というのは、一度おちて、そしてまた実ってゴールイン!!という感じなのですが、ここまで落としてくれる作品はほかにありません。聴いてて「これちゃんと終われるのか?」と心配になるほど落としてくれました。そしてその落ちた分だけ、実ったときにわきあげてくる感情が壮絶なレベルになります。本当の人間の恋というのはこういう感じなんだと思います。
 そして何より特筆すべき、「After Story」のトラックです。ここから先は個人によって見解、好き嫌いが分かれると思いますので、スキップするならしていただいてもかまいません。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 普通のBL作品なら、ここまでやりません。というか、やれません。読者が悲しい気持ちになる可能性が高いからです。編集さんが止めに入ったのも無理はないでしょう。しかしあえて言いましょう。「最高」と。人間というものは生まれたら必ず死ぬもので、途中で実った恋も、二人が死んだら終わってしまいます。しかも朔太郎は記憶障害。つぐみの死も忘れてしまうかもしれません。だけど、思い出すんです。絶対に思い出すんです。必死に思い出そうとするんです。なぜか。「おやすみなさい、また明日」だからなんです。このトラックにおいて、朔太郎がつぐみの死を忘れたことはあっても、つぐみの存在自体を朔太郎は忘れていないんです。たぶん、脳の中で、「自分自身」よりも強く記憶されているのが「つむみ」という存在なんだと思います。だからこそ、絶対に思い出すから、きっと会えるから、たとえそれが死後の世界でも絶対に会えるから、「おやすみなさい、また明日」なんだろうと思います。
----------------------先ほどスキップした人はここから読んでください。--------------------------------
 総評して言うと、無駄なものがない、最高に美しく、澄んだ作品だと思います。笑顔ばっかりの物を100回聞くより、ベタなものを1000回聞くより、たった1回だけでも、この作品を聴いたら、明日からの人生が大きく変わると思います。ぜひ一聴を。できればそのあと少し考えたらなおいいと思います。(笑)

追記  もはやこれ、BLのカテゴリ外して「教養」にしてもいいんじゃねと思います。あっ、でも、BLだからこそ意味があるのか。うーん・・・それと、長文書けないといっておきながら書いてすみません。そんな作品なんです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ