彼の名前は愛の形をしている「おやすみなさい、また明日」番外編

kare no namae wa ai no katachi wo shiteiru

彼の名前は愛の形をしている「おやすみなさい、また明日」番外編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

13

レビュー数
1
得点
10
評価数
2
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
ドラマCD「おやすみなさい、また明日」

商品説明

ドラマCD「おやすみなさい、また明日」ブックレット掲載書き下ろしSS
朔太郎が告美と暮らし始めて3年目、さんづけの呼称を切り替えようとするお話です。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

幸せな2人の日々

6ページの番外編の小説です。
アフターストーリーでは朔太郎がつぐみのことを
呼び捨てで呼んでいるのですが、それまでの経緯のお話。

家族なのにさんづけで呼んでるのは変、と
仕事で出向いた先の家の子供に言われてしまった朔太郎。
呼ぼうとしても中々タイミングが合わず、
その不自然な様子から、つぐみは逆に心配してしまう。
そして朔太郎はようやく「つぐみ」と呼ぶようになったのですが、
つぐみからは今でも「朔太郎さん」と呼ばれていることを住民に指摘される。
朔太郎は「朔太郎さん」と呼ばれる方が好きみたいで、
そのことを語っている部分は、本当につぐみのこと
大好きなんだなあと思わずニヤけてしまいました(笑)

本編がずっとくっつきそうでくっつかない2人だったので、
「maison 荒野」の住人の前で惚気て幸せそうな
朔太郎の姿が見れるのが嬉しかったです。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ