アッサラーム夜想曲

アッサラーム夜想曲
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

244

レビュー数
1
得点
51
評価数
13
平均
4.1 / 5
神率
61.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
一迅社
シリーズ
ロワ・ノベルズ(小説・一迅社)
発売日
価格
¥1,200(税抜)  
ISBN
9784758049290

あらすじ

ちょいポチャ平凡少年と麗しの褐色美男子の花嫁に!?異世界シンデレラストーリー!
容姿平凡で少しぽっちゃりなどこにでもいる少年、桧山光希。
ある日、大いなる力に導かれ、竜が空を飛ぶ世界の砂漠に降り立たった光希は、
“砂漠の英雄"と呼ばれる剣闘士、ジュリアス・ムーン・シャイターンと出会う。
言葉が通じないながらも愛情を伝え続けるジュリアスに、次第に惹かれていく光希。
そして光希が言葉を理解した時、自らがジュリアスの“花嫁"として、
神の思し召しによって召喚されたことを知って――。

表題作アッサラーム夜想曲

ジュリアス・ムーン・シャイターン 異世界の騎士
桧山光希 ぽっちゃり気味な男子高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ちょいポチャ花嫁

あれ?まだレビューがないですね。

異世界トリップのシンデレラストーリーです。
オタクでややポッチャリ高校生の光希は、ある日部屋の片付けをしていたところ謎のガラス瓶をみつける。そのガラス瓶に導かれ異世界へと行った光希は、そこでジュリアスという美しい男に出会う。

途中まではすごく好みだったのですが、ジュリアスの過去にドン引きして以降、萎えてしまいました。光希に公宮(ようはハーレム)のことを話さなかった点、光希を女性扱いする点が気になって気になって・・・。物語としては間違いなく面白いです。ジュリアスの年齢がもう少し上で、心の広い人物だったなら、まだ納得できた様な気がするのですが。ただジュリアスが、私の思ってたのと少し違っただけで。

他の王道異世界トリップと違う点は、
●受けがポッチャリで、平凡な容姿
●最初は言葉が通じない
という辺りですかね。この二つは私としては斬新でよかったです。
アマゾンのレビューにもありましたが、ジュリアスがなぜそこまで光希を溺愛するようになったのかも謎でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ