裏切者

uragirimono

裏切者
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
21
評価数
6
平均
3.7 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784778121600

あらすじ

平凡な大学生の七海は、就寝中、自分の部屋なのに他人の気配を感じて目を覚ます。まさかと思いつつ目を凝らすと、薄暗い部屋の中にいるはずのない長身の男が立っていた。抵抗する前に捕えられ、意識を失った七海が連れ去られたのはシーズンオフでひと気のなくなったどこかの別荘だった。一人目を覚ました七海に、謎の男・リムは「一緒に連れ去られた家族を助けたかったらオレを楽しませろ」と脅してきて……。

表題作裏切者

リム,謎の男
真嶋七海,大学生,19歳〜

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ピカレスク側の描写が物足りず…

あらすじ:
平凡な大学生の七海(受け)はある夜、研究者の父の研究データを狙う謎の男たちに拉致される。
そのうちの一人・リム(攻め)に気に入られ、彼に求められるまま身体を繋ぐことに…

物語序盤、リムの仲間の暴走により七海の家族は殺され、その死体を目の当たりにした七海はPTSDを発症。
1年後、七海の親戚たちが香港で発見された七海と再会するも、彼には謎の主治医(リムの仲間)がついていて…という展開。

事情を知らない七海の親戚(一般人)目線を挟むことで、七海に何があったのか不明なまま物語を進行させるという推理サスペンス的な雰囲気を出しています。

しかし、その後七海に視点が戻ってからの展開は読者置いてけぼり感が強く残念。
七海がいつの間にかリムにメロメロでH大好きなキャラになっていたり、
七海から家族や平凡な日常を奪った加害者側の人間であるリムが当然のごとく七海を囲っていたりと、
話が整理されないままストーリーが進んでいく感じです。

物語後半、七海がストックホルム症候群を克服して真にリムへの想いを自覚するシーンが出てきますが、
そもそもリムに恋心を抱くだけの理由や背景がしっかり描かれていないため、全く共感できず。
自分の意志も何もないまま事件に巻き込まれ、一生他人の庇護下で生きざるをえなくなった被害者にしか思えませんでした。

ピカレスク・ロマンを目指して描かれた作品とのことですが、その割に悪役側の描写が薄いのも残念。
リムの素性も過去も仕事内容も人脈も曖昧で、ダークヒーローとしてのカッコよさが全く伝わってきませんでした。
七海を気に入った理由が弱い点や、H中やたら「ナナ(七海)のお尻」がどうたら喋っている点もマイナスで、そのへんの若者っぽい言動と、大人物っぽい設定とが噛み合ってない印象がありました。

リムやその仲間たちの設定・描写をもっと掘り下げてくれていたら面白いピカレスク・ロマンBLになったんじゃないかなと思います。

すみませんが、中立評価とさせていただきます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ